WTI原油先物価格、史上初のマイナスへ

ニュース

期近とは言えマイナスとはおそれいった

20日の米国株式市場では、S&P500種株価指数が3営業日ぶりに反落。原油先物が史上初めてマイナス圏となったことや、本格化する企業決算発表に投資家が神経をとがらせる展開だった。ウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物5月限は、マイナス37.63ドルで取引を終えた

【米国市況】WTI原油先物が初のマイナス-株反落、ドル上昇

朝起きて、私と同じくたまげた人が多かったのではないでしょうか。

原油価格10ドル台か~→マイナス

これで驚かない人いないでしょという。マイナスに到達した時点でチャート見てた人はまさに歴史の生き証人でしょうね。

コロナショックがこれだけでも歴史の教科書に載る出来事だと言えます。

原油が水より安い、お金あげるから貰ってというような状況なんですからね。

原油の過剰在庫が問題視されていますが、実際にマイナス価格になったのは先物5月限のものです。

期近になった原油先物取引が原油を買えても保存する場所がないという不安から狼狽売りが進んだ形になります。

Tradingviewのチャートです。

ていうか私はよくTrading Viewでチャートをチェックするのですが、マイナスって表示出来ないんですね始めて知りました(笑)

楽天証券の日足チャートです。

もうこのチャートの動きを見ても笑うしかないですね……。

石油株はマイナス5%ほどの動き

青:XOM オレンジ:RDS.B

WTI原油先物価格も比較として入れようと思いましたが参考にならないと思ったのであえてXOMとRDS.Bのみにしました。

この日のダウ工業株30種平均の下落率は2%超。原油安を受け、シェブロンやエクソンモービルの下げが目立った。

  S&P500種は前週末比1.8%安の2823.16。ダウは592.05ドル(2.4%)安の23650.44ドル。ナスダック総合指数は1%低下した。米国債は上昇。ニューヨーク時間午後5時現在、10年債利回りは4ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の0.61%。

  米議会では新型コロナ感染拡大の経済への影響を抑制しようと、新たな歳出パッケージに関する意見集約が図られており、詰めの段階を迎えている。投資家はこうした動きと原油急落の影響をともに考慮に入れながら取引を行った。今週は決算発表も相次ぐ。S&P500種構成企業の約5分の1が週内に発表を予定している。

【米国市況】WTI原油先物が初のマイナス-株反落、ドル上昇

エクソンモービル、ロイヤルダッチシェルなどは約-5%で取引されました。

記事にもある通り、今週から1~3月までの企業決算を各社控えていることから、今後の決算、原油価格などを考慮しながら取引がなされています。

個人的にはこの原油価格の地合いは長期化すると見ているため、石油株は再び3月23日のコロナショックの一番底に近い価格を目指すと思っています。

現在石油株は、原油価格の動きではなく市場のリスクオン・リスクオフの心理によってのみ動いています。

原油価格がマイナスになろうが現在の地合いではほぼここが最低値と見ていいでしょう。

あとは今後の決算を経過してから取引すれば良いと思います。

米国、サウジからの原油買い入れ停止検討

トランプ米大統領は20日、原油価格の急落で打撃を受ける国内石油業界を支援するため、サウジアラビアからの原油輸入の停止を検討すると明らかにした。

大統領は記者会見で、一部の共和党議員から大統領の権限で原油輸入を停止するよう求める声が上がっていることについて質問され「検討する」と答えた。

トランプ米大統領、サウジ産原油輸入停止を検討へ 「十分にある」

検討段階ではありますが、米国の原油輸入停止を大統領権限で行う可能性があるとのことです。

米国としては、第一に守るべきは自国の石油企業です。自国の雇用、消費に直結するからですね。

もちろんこのような措置に乗り出せば、サウジとの関係悪化は避けられません。かなり慎重に発言していることが伺えます。現段階ではあくまで選択肢の一つとして見るしか無いでしょう。

今年大統領選挙を迎えているため、得票のためならありえなくはないかな、という感じですね。

トランプ大統領は「これらの国は、市場のためにさらに行動する必要がある。米国でも同じだ。市場が現在のような状況なら、生産を減らすか停止することになる。それは自動的に起こることであり、実際にそうなっている」と述べた。

さらに戦略石油備蓄(SPR)を積み増す方針もあらためて示した。

エネルギー省は、新型コロナウイルス感染拡大による原油需要の落ち込みで在庫が増え、貯蔵施設が能力の限界にある国内石油会社に対し、SPR貯蔵施設の余力分約7700万バレルの一部を貸すための手続きを進めている。

米政権は当初、備蓄分を直接買い入れる方針だったが、議会は現時点で買い入れ資金を承認していない。

トランプ米大統領、サウジ産原油輸入停止を検討へ 「十分にある」

戦略石油備蓄を利用されることは確定的でしょうね。

もしこの7700万バレルの余力が尽きた時が、米国貯蔵量のゲームオーバーかもしれません。

 

原油先物を20ドル下回ったら買い、10ドルで買い……とナンピンを続けていた人もいるかもしれませんが、歴史的大事故が起きてしまいました。

いまのコロナの地合いでは現物株や債権くらいしか投資先が無いのかもしれません。

米10年国債は現在利回りが凄い低下してますけども。

原油先物相場だけをみても、歴史的な瞬間に立ち会っているのは間違いありませんね、大変なことになってしまいました。

それと同時に、リーマン・ショックと同じく資産を増やす大きな歴史的転換点にいると思います。

とにかく相場から退場しないように、相場にしがみつくしかありませんね。

 

それではまた次回お会いしましょう。

 

※関連記事です

トランプ大統領が駆けずり回って減産合意をさせましたが、結果原油価格は恐ろしく下落しました。減産しなかったら貯蔵量はより速いスピードで使い果たしていたため、より市場は混乱していたと思われます。

※ランキングに参加しています、クリックしていただけると嬉しいです。(クリックするとランキングに飛びます)


ニュース
シェアする
仕事辞めたい男の投資ブログ

コメント