VOO、QQQを1株、SPYDを25株買いました!

ポートフォリオ

VOO:296.21ドル、QQQ:261.83ドル、SPYD:28.4ドルで約定

今月は作戦会議で考えていたとおりVOOを買い付けた上でQQQも新規買付をしました。

手数料をいれるとQQQは263.12ドルです。

今月は合計で1269.33ドル(約136,200円)を投資しました!

SPYDの配当利回りは過去1年間に対して6%です。

しかし直近のSPYDの配当が2割ほど前年比で減配されましたので、今後1年に支払われるのは4~5%程度かなと思われます。

VOO、QQQはコロナショック後ではいずれも高値の状態で買付しました。

Q2決算が始まったばかりということで若干買いにくい状態ではありましたね。 

エクソン・モービル、ロイヤル・ダッチ・シェル等、エネルギー株を買おうと思ったのですが、OPECプラスの減産縮小の結論もQ2決算も出てないのでちょっと見送り。

VZ、SOは個人的に買付けする利回りになかったために見送りし、結果的に候補に残ったSPYDを買付けしました。

現状のポートフォリオ

QQQは1株ですので、全体の約0.66%のみ。

保有割合の上位は

VOO:34.66%

KO:8.9%

JNJ:8.14%

SPYD:8.10%

XOM:6.31%

T:5.91%

……

という感じ。

毎月1株ずつ買い増ししていますが、それ以上にS&P500が上昇しているためVOOの保有割合が勝手に上昇していきますね(笑)

全体の保有率を見ると、BTIやMMMなんかも買い増し候補として入れたいですね。

今回買い増ししたSPYDの株価ですが、QQQやVOOが上昇している一方でまったくもって低調なのがSPYD。

か、株価は戻るから……(震え声)

安い時に買い増しするのは長期投資の基本だから……。

 

今回の買い増しで、保有銘柄の過去1年の実績配当合計額は1596.88ドル(171,345円)となりました。

税引前の配当利回りは3.956%、税引き後は約2.84%です。

低配当のVOO、QQQを毎月1株ずつ買うと、どうしても保有銘柄全体の配当利回りは下がってしまいますね。

理想は税引き後4%以上ですが、外国課税までいれると税引前で6%近く必要になるのでちょっと難しいかな。

現在の株式市場を眺めると、低配当・成長株なんかに資金が流れているように見えますね。

そしてその分高配当・低成長なバリュー株の資金が引き上げられているみたいな印象です。

とか何とか考えると、投資しにくくなりますね(汗)

今後も毎月VOOとQQQを定期買付しつつ、裁量買付を引き続き行っていきたいと思います。

 

それではまた次回お会いしましょう。

 

※関連記事です

7月の投資作戦会議です。当初はXOMかRDS.Bを購入する予定でした。

SPYDの減配記事です。SPYDだけではなく、コロナショックで資金繰りが怪しかった企業の配当の減配が増えていますね。

先月はVOOとMOを買い増ししました。

※ランキングに参加しています、クリックしていただけると嬉しいです。(クリックするとランキングに飛びます)


ポートフォリオ 購入報告
シェアする
仕事辞めたい男の投資ブログ

コメント