VIX指数が20を超えました(ダウも急落)

ニュース

現在のVIX指数は19台ですが、一時20を超えました。

市場はリスクオフムードのようです。

発端はやはり米中貿易摩擦

2019年8月23日(金)に中国が米国に対する追加関税を発表しました。

中国商務省は同日、米国から輸入する750億ドル相当の製品に対し5─10%の追加関税を課すと発表。米国が9月1日から発動を予定する対中制裁関税「第4弾」に対する報復措置とみられる。

ロイター通信

これに対して市場はトランプ大統領の反応を伺っていましたが、以下のようなツイートを発表。

Our Country has lost, stupidly, Trillions of Dollars with China over many years. They have stolen our Intellectual Property at a rate of Hundreds of Billions of Dollars a year, & they want to continue. I won’t let that happen! We don’t need China and, frankly, would be far better off without them. The vast amounts of money made and stolen by China from the United States, year after year, for decades, will and must STOP. Our great American companies are hereby ordered to immediately start looking for an alternative to China, including bringingyour companies HOME and making your products in the USA. I will be responding to China’s Tariffs this afternoon. This is a GREAT opportunity for the United States. Also, I am ordering all carriers, including Fed Ex, Amazon, UPS and the Post Office, to SEARCH FOR & REFUSE,all deliveries of Fentanyl from China (or anywhere else!). Fentanyl kills 100,000 Americans a year. President Xi said this would stop – it didn’t. Our Economy, because of our gains in the last 2 1/2 years, is MUCH larger than that of China. We will keep it that way!

( 私たちの国は、長年にわたって中国と一緒に何兆ドルも失っています。彼らは私たちの知的財産を年に数十億ドルの割合で盗んでいます。そんなことはさせません!私たちは中国を必要としません、そして、率直に言って、彼らなしではるかに良いでしょう。何十年もの間、毎年米国から中国が稼いだり盗んだりした莫大なお金は止められます。私たちの偉大なアメリカの企業は、あなたの会社を家に持ち帰り、あなたの製品をアメリカで作ることを含め、中国に代わるものをすぐに探し始めるように命じられます。今日の午後、中国の関税に対応します。これは米国にとって大きなチャンスです。また、私はFed Ex、Amazon、UPS、郵便局を含むすべての運送業者に、中国(または他の場所)からのフェンタニル(鎮痛剤オピオイドのこと)のすべての配達を検索および拒否するように注文しています。フェンタニルは年間100,000人のアメリカ人を殺します。 習主席は、これはやめると言ったがしなかった。私たちの経済は、過去2年半の利益のために、中国の経済よりもはるかに大きくなっています。そのままにしておきます! )

@realDonaldTrump トランプ大統領のTwitterより

グーグル翻訳で大体分かる、素晴らしい世の中である。

※米国ではフェンタニル(オピオイド)という鎮痛剤の過剰摂取問題がおきています。

鎮痛だけでなく、一時的な多幸感を得ることが出来るため、麻薬代わりとして過剰に摂取され、その結果死亡する人が10万人に達する規模で存在しています。

主にアメリカに流通するルートはメキシコと中国からの持ち込み。

中国取引が多い分野下落

中国と取引が多いハイテク、半導体企業の下落が激しかったです。

https://chart.iris.sbisec.co.jp/sbi/as/Mchart-mchart.html?ricCode=.DJI&type=delay&hash=3bf6f820ff2082d43c58f1c5fe0f1389006a0305&size=0&mode=15&DaysNum=3&main=C&addon=SMA3&sub=V&TP=0&side=0&exdvMark=0&param1=5&param2=25&param3=50&diffquote=None&rand=1566688629245

NYダウはこれを受けて$623安の急落を見せました。

S&P500も下落しており、過去一ヶ月間で5.8%を下げています。

案の定怒りの標的になるパウエルFRB議長

8月23日に注目された、パウエルFRB議長の政策金利の見通しについては、

「景気拡大を維持するべく適切に対応」

と利下げを示唆していましたが、これは利下げペースには言及してませんでした。

以下それに対するトランプ大統領のツイートです。

As usual, the Fed did NOTHING! It is incredible that they can “speak” without knowing or asking what I am doing, which will be announced shortly. We have a very strong dollar and a very weak Fed. I will work “brilliantly” with both, and the U.S. will do great. My only question is, who is our bigger enemy, Jay Powell or Chairman Xi?

( いつものように、FRBは何もしませんでした! 彼らが私が何をしているのかを知らずに、または尋ねずに「話す」ことができることは信じられないことです。 非常に強いドルと非常に弱いFRBがあります。 私は両方で「見事に」働きます、そして、米国は素晴らしいことをします。私の唯一の質問は、私たちのより大きな敵は誰ですか、パウエル議長なのかそれとも習主席か? )

@realDonaldTrump トランプ大統領のTwitterより

で、相変わらずトランプ大統領はブチギレてました、いつものとおりですね。

トランプ大統領は以前1%の政策金利低下を求めていました、アホか。

金融政策的に政策金利を劇的に変更するのはNG行為です。

非常に強いドルというのは、もちろん貿易赤字を懸念しての発言なのは分かります。

が、米中貿易戦争においては、中国元が安くドルが高くなると、関税の効果が薄まります。

すると、思ったより中国へダメージが与えられないためドル安を誘発するために政策金利1%下げろとキレてるんですねぇ。

VIX指数チャート

わかりやすく劇的に上昇しています。

最後の最後で20を下回りましたが、ドル円レートも一気に105.4円まで下がり、市場が米中貿易戦争を恐れて株安円高に向かったのが分かります。

現在リスクオフムードです。

そして株価が下がった現在買い時となります。

が、現金保有率が低い……。

10万円程度なら全然出せますが、果たしてそこまで無理に財政出動させる必要があるのか……。

SPYDもしくはVYMがS&P500関連銘柄に連動する、現在私が保有しているETFです。以下23日からの変動率を表したチャートになります。

オレンジ:SPY 青:VYM 水色SPYDです。

下落率はほぼ同じですね、どれ買っても良さそう。

現在SPYDの配当利回りは4.69%と高めになっております。

VYMは3.12%でこちらも良い利回り。

一応円高状態なので一旦ドル転して、様子見しつつ指値いれて様子見してみようと思います。

 

それではまた次回お会いしましょう!

コメント