SPYD(SPDRポートフォリオS&P 500高配当株式ETF)は高配当ETF!

銘柄分析

情報を更新しました。コロナショックで株価を下げていますがVOO等と比べて戻りが遅いですね。

改めてセクターを確認しましょう。

SPYD の銘柄情報

S&P500高配当銘柄連動型

SPYDはS&P500の銘柄のうち配当利回り上位80銘柄で構成されています。

2020年4月現在では組入銘柄は77銘柄。おそらくS&P500から外れてしまった銘柄があるのでそれの影響かと思われます。

なんだかダウの負け犬理論をS&Pで実践しているかのようなETF ですね、いいですねそういうの好きです。

配当利回りが高いということは、株が下がっているということにも当然繋がります。そういう株を集めて配当をもらうよりETFで分散投資したほうが安心という気持ちも沸きます。

SPYD詳細

SPYD基本情報(20/4/17時点) 
ティッカーSPYD
ベンチマークS&P 500 High Dividend TR USD
設定日2015/10/21
手数料0.07%
運用資産$16.7億
配当利回り6.91%
株価$26.92
配当回数4回(3,6,9,12)

 まだ登場してから5年も経っておらず不景気のときにどういう動きをするのかが気になるところでしたが、コロナショックにおける株価の戻りの遅さは気になるところです。

高配当銘柄の中でも、①不動産①金融②エネルギーの各セクターはコロナショックでは大きく価格を下げましたので、特にこの点がVOO等のS&P500連動型ETFよりも大きく戻りが遅い理由でしょう。

設定以来で考えると、配当利回りが4%を超えていれば割と買いだとは思います。

運用資産は16.7億ドルで、米国ETFの中では285位と上位15%に入っている程度でしょうか。登場したばかりですので、まぁこんなものかなという感じです。

2019年は運用資産ランキング300位を超えていたので、地味に運用資産ランキングを伸ばしています。

配当推移

設定が2015年12月からなのであまり何がどうって感じではないですね……(;´∀`)

青が四半期ごとの配当金オレンジがその年の累計配当金です。

傾向としては、12月の分配金が多く、それ以外は基本的に$0.3代であることですね。2019年は$0.4代を推移しましたが……2020年はコロナショックによる減配無配まみれでしょう。

年間にすると、1.4~1.5$を推移する感じでしょうか。

一応地味に増配傾向があるのかなとも思ったのですが、こればかりはあと10年は見ないと不明ですね、全体的に増配傾向にあればまぁ当然SPYDの配当も増えるかな……。

チャート推移

2016年からということで、ちょうど強気相場に乗れているという点から上昇傾向ですね。

セクター的にディフェンシブと思われましたが、コロナショックで市場平均を大幅にアンダーパフォームし、戻りも非常に遅いという傾向がわかりました。

設定来最安値はコロナショックの20.79ドル。

下落局面の脆弱性を見せてしまった結果になりますね。

2020年4月現在のセクター分布

参照:StatestreetのSPYDのホームページ

不動産の多さが目に付きますね。REIT系は基本的に高配当になるので、多くなるのはやむなしというところでしょうか。

ディフェンシブ銘柄としては公共事業や生活必需品、ヘルスケアがありますが、やはり景気循環株が多めに入っており、高配当なだけあってディフェンシブなところは少ないです。

不動産ETFとしてはRWRもあり、こちらはSPYDより更に高配当となっております。SPYDは不動産だけでなく、上位2~7セクターは10%近くあり、セクターにおける分散という点では上手く出来ているようにも思えます。

組入銘柄

※会社名のリンクからYahoo!ファイナンスのHPに飛びます

銘柄名Ticker保有比率業種
Gilead Sciences Inc.GILD2.370956ヘルスケア
General Mills Inc.GIS2.207963生活必需品
Digital Realty Trust Inc.DLR2.162490不動産
Crown Castle International CorpCCI2.109127不動産
AbbVie Inc.ABBV1.914867ヘルスケア
Kraft Heinz CompanyKHC1.878366生活必需品
Verizon Communications Inc.VZ1.869205コミュニケーション・サービス
Cardinal Health Inc.CAH1.817642ヘルスケア
Dominion Energy IncD1.816176公益事業
Kellogg CompanyK1.807375生活必需品
Duke Energy CorporationDUK1.777790公益事業
Pfizer Inc.PFE1.760877ヘルスケア
FirstEnergy Corp.FE1.737010公益事業
Philip Morris International Inc.PM1.710188生活必需品
International Business Machines CorporationIBM1.609039情報技術
Amcor PLCAMCR1.576074素材
Altria Group IncMO1.571247生活必需品
Seagate Technology PLCSTX1.564903情報技術
Broadcom Inc.AVGO1.557974情報技術
Southern CompanySO1.556896公益事業
AT&T Inc.T1.531002コミュニケーション・サービス
Edison InternationalEIX1.519919公益事業
Molson Coors Beverage Company Class BTAP1.503329生活必需品
Iron Mountain Inc.IRM1.502105不動産
Williams Companies Inc.WMB1.461227エネルギー
Chevron CorporationCVX1.397740エネルギー
WestRock CompanyWRK1.375816素材
International Paper CompanyIP1.368027素材
PPL CorporationPPL1.353117公益事業
Las Vegas Sands Corp.LVS1.323760一般消費財・サービス
Healthpeak Properties Inc.PEAK1.306829不動産
People’s United Financial Inc.PBCT1.302120金融
CenturyLink Inc.CTL1.295476コミュニケーション・サービス
Kinder Morgan Inc Class PKMI1.279153エネルギー
Dow Inc.DOW1.274878素材
Realty Income CorporationO1.262207不動産
Host Hotels & Resorts Inc.HST1.260292不動産
Newell Brands IncNWL1.239151一般消費財・サービス
Weyerhaeuser CompanyWY1.215929不動産
Interpublic Group of Companies Inc.IPG1.214572コミュニケーション・サービス
Franklin Resources Inc.BEN1.194619金融
Hanesbrands Inc.HBI1.191993一般消費財・サービス
General Motors CompanyGM1.190334一般消費財・サービス
MetLife Inc.MET1.181301金融
Vornado Realty TrustVNO1.171652不動産
CenterPoint Energy Inc.CNP1.167811公益事業
Exxon Mobil CorporationXOM1.155242エネルギー
L Brands Inc.LB1.154871一般消費財・サービス
LyondellBasell Industries NVLYB1.139097素材
Regency Centers CorporationREG1.137270不動産
H&R Block Inc.HRB1.118317一般消費財・サービス
Wells Fargo & CompanyWFC1.106220金融
Regions Financial CorporationRF1.101721金融
Prudential Financial Inc.PRU1.096319金融
Welltower Inc.WELL1.063258不動産
Coty Inc. Class ACOTY1.060916生活必需品
Phillips 66PSX1.044279エネルギー
SL Green Realty Corp.SLG1.034355不動産
Tapestry Inc.TPR1.032248一般消費財・サービス
Principal Financial Group Inc.PFG1.030777金融
Huntington Bancshares IncorporatedHBAN1.023451金融
Harley-Davidson Inc.HOG1.019455一般消費財・サービス
Unum GroupUNM1.011298金融
KeyCorpKEY0.988210金融
Ventas Inc.VTR0.986925不動産
Valero Energy CorporationVLO0.986706エネルギー
Invesco Ltd.IVZ0.938241金融
Nordstrom Inc.JWN0.867026一般消費財・サービス
Gap Inc.GPS0.844707一般消費財・サービス
Kimco Realty CorporationKIM0.814684不動産
Schlumberger NVSLB0.768039エネルギー
Kohl’s CorporationKSS0.757923一般消費財・サービス
Helmerich & Payne Inc.HP0.744096エネルギー
Simon Property Group Inc.SPG0.716942不動産
ONEOK Inc.OKE0.695113エネルギー
Occidental Petroleum CorporationOXY0.565880エネルギー
Carnival CorporationCCL0.486030一般消費財・サービス
STATE STREET INSTITUTIONAL LIQ STATE STR702862270.166447その他

組入割合上位から並んでいますが、基本的に1/80を均等保有しているので、割合もそれに近くなっています。

高配当投資家であれば個人的にかなり買い

コロナショックではセクター上位を占める不動産、金融、エネルギーが大きく株価を下げたことから、ディフェンシブ性に欠けるという点に要注意です。

別の懸念事項としてはキャピタルが狙えるかが怪しいという点です(まぁインカムメイン銘柄だよね…)。

というのも、配当利回りが高いということは株価が下落しているものを入れ替えて所有することでもあるので、”企業価値が下がった会社”が構成上多くなります。

しかし高配当銘柄に投資をしたいけど個別株は難しそうという私にちょうどいいと思われます。

高配当銘柄は、①株価が下落し相対的に配当利回りが上がった株、②バリュー株の2パターンがあります。

②バリュー株(コカ・コーラとか)なら、多少は安心ですが①とか嫌な予感プンプンですから、そういう意味でも分散投資出来るというのは安心な点ですね。

配当に主眼をおいている方は要チェックなETFだと思います。

 

それではまた次回お会いしましょう。

※高配当株式ETFとしてVYM、HDVがあります。

※SPYD、VYM、HDVの比較をしてみました、同時保有の検討にどうぞ。

※ランキングに参加しています、クリックしていただけると嬉しいです。(クリックするとランキングに飛びます)


銘柄分析
シェアする
仕事辞めたい男の投資ブログ

コメント