SBI証券が米国株式の逆指値注文に対応&指定期間90日延長!

雑記

・今まで米国株で残念だった注文方法が逆指値&90日に延長!

・バイ・アンド・ホールド定期買付型にはあまり意味がない。

10月7日現地取引よりスタート

現在米国株に投資が出来るネット証券会社は①マネックス②SBI③楽天の3つです。

この内最も注文方法に富んでいるのはマネックス証券です。

【マネックス証券】

トレールストップとは、株価に追従して指値を注文するものです。

売り注文のトレールストップであれば、仮に株価が上昇すれば、指値も自動で上昇し、利確ラインを上げてくれるわけですね。

ここまで豊富な注文方法はマネックス証券だけです。

【楽天証券】

楽天は今までのSBIと同じ指値と成行しか注文方法はアリませんでした。

また、期間についてはマネックスと同じく90日でした。

これらを見比べても、米国株の注文に関しては、マネックス、楽天証券にSBI証券は劣る立場であったといえます。

しかし今回の90日&逆指値対応により、楽天より豊富な注文が出来ることになりました。

この業界は注文方法については横並びではなかったので、楽天が追従するかは分かりませんね。

定期買付や長期ホールドをする人間にはメリットは少ないかも

毎月給与から特定の可処分所得を投資に回す私のような「定期定額の買付を行う」タイプの人間にはメリットはあまりありません。

それこそ成行注文一つあればいいくらいです。

購入のタイミングを放棄することが定期買付なのですから、指値や逆指値はあまり意味がありません。

また逆指値は損切、利確という用途が考えられます。

長期ホールドでも、利確や損切は行いますが、それは株価で決めるのではなく、決算の数値や経営方針から永続性が見込めなくなったら売りを入れるものだと考えています。

そのため逆指値は、長期ホールド派において、使えないことはないのですがあまり使うことはないかな、と思います。

【SBI証券の使用方法イメージ図】

米国株投資では、注文方法の多寡で証券会社を選ぶ必要はない

デイトレをする場合は、特に利食いライン、損切ラインを設定しておくことは重要かもしれません。

しかし米国株のデイトレというのは手数料やタイムラグの問題があります。

基本的に現在のネット証券会社では、米国株でデイトレや頻繁なトレードには向いていません。

また、長期投資をする場合、保有株の暴落を経験をするのは当然ですし、米国株投資においてそこまで指値や逆指値にメリットを感じません。

米国株投資をこれから始める方がいらっしゃれば、あまり注文方法にこだわらず、証券会社を選びましょう。

それではまた次回お会いしましょう。

※関連記事です

以前は最低手数料5ドルという縛りを、マネックス楽天SBIの3つが横並びで取り入れていましたが、マネックスが手数料を下げ、他社も追従したこともありました。

※ランキングに参加しています、クリックしていただけると嬉しいです。(クリックするとランキングに飛びます)


雑記
シェアする
仕事辞めたい男の投資ブログ

コメント