NHK映さないテレビは契約義務無し判決出たけど、テレビ見ないよ……

ニュース

地裁で珍しくNHK敗訴判決

NHKが映らないテレビであれば、受信契約をしなくてもいいのか。この点が争われた訴訟の判決で、東京地裁は26日、契約義務がないことの確認を求めた原告の訴えを認めた。小川理津子裁判長は「どのような意図であれ、受信できない以上、契約義務はない」と述べた。

NHK映らないテレビ、受信契約の義務なし 東京地裁

珍しいですね、この手でNHKが敗訴するのは。

大方控訴すると思うんで、まぁ高裁(もしくは最高裁まで行くか?)の判断が気になるところ。地裁なんておもしろ判例製造機だと思って

「NHKが映らないテレビ」を製造販売することはNHK側が地デジ特許権を保有しているためできない。したがって市販のテレビを改造してNHKを映らないようにするしかありません。

放送法では「協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。」とあるので、ここがNHKと契約する根拠になります。

そこでNHKが映らないようにフィルターを設置するわけですがこれが裁判となったと。

いわゆる「イラネッチケー」ってやつですね。

イラネッチケーについては、裁判は今まで何度かあって全て原告(受信者側)敗訴していました。

もっぱら論点は「受信することのできる受信設備」であり、イラネッチケーを設置しても外すことが出来ればまた受信ができるからNHKの放送を受信することができる設備であることに変わりないという結論でした。

放送法自体が契約を義務付けているため、契約自由の原則や財産権に反して違憲なのではないかという裁判もありましたが最高裁が合憲と認めました。

ただし、裁判所はNHKに対して割と厳しい態度を取っていて、NHKは受信申し込みの時点で契約成立としたいところをそれを退けています。テレビ設置時を裁判で証明しないかぎり遡って支払い義務が生じないと。

NHKはイラネッチケー裁判判例によってテレビ電波のみによる受信料徴収がどんどん難しくなってきています。

となるとやはりネット放送が気になる

そこで舵を切るのは、やはりネット放映でしょう。

ワンセグ機能があるスマホを保有していればNHKと契約しなければならないという裁判例があるため、ネット放送がされればネット契約している人全員が契約する必要があるという疑問があります。

これについて興味深い記事がありました。

NHKに問い合わせると、まず「ネット配信は放送ではない」と指摘。放送法64条1項は、「協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない」としている。ワンセグ機能が搭載されていないスマホやタブレット、パソコンは「放送」を受信することができない。テレビがなく、ワンセグ機能が搭載されていないスマホなどのみを持っている「テレビなし・スマホあり」のケースは「受信契約の対象にはならない」(NHK)という。

「テレビなし・スマホあり」の受信料は? NHKネット同時配信で

ははぁ、なるほど。

どうやらインターネットは放送に該当しないという事ですね。

調べると確かにネット放送なんて言葉は公的に使用されておらず、昨年総務省高市早苗大臣が許可したのも「ネット配信」でした。

今回記事を書くまで知りませんでした、反省。

残念だったなNHK!貴様はその時代遅れな法律を根拠に受信料を徴収しているが、その時代遅れさからネット配信には根拠が対応していないんだよ!

……と言いたいところですが、国会が法改正すればこんなのすぐに対応されて終わりのため全然安心じゃないですね。

実際私はテレビを保有しておらず結果NHKとの契約はしていません。

これはNHK含めテレビによる情報よりも、インターネットによるほうが情報の収集はより容易であるからです。

とは言え、ツイッ○ーとか見るとソースも無く風評を垂れ流す人もいるので、ひろゆき氏の「嘘を嘘であると見抜けない人にネットを使うのは難しい」という言葉を実感するところではありますが。

私のようにテレビを見ないとする人はいいのですが、民法は見たいがNHK受信料を払いたくないためNHKだけ見ないという選択肢が現状無いのが厳しいところですね。

民法も徐々にネット配信に舵を切っていますが、NHKも同じくネット配信に舵を切っています。

こういう判例が出ると、NHKがロビー活動して結果放送法改正、ネット配信も放送だからネット契約している人は全員受信料支払ってね!って流れになるような気がしてならない。

将来的に法改正されて、放送の定義が変わればネット見れてますよね?受信料お願いします!って人が来るに違いない。

アーリーリタイア後の人生において、受信料を払う・払わないは生活に影響がある。

こういうニュースを見るとNHKざまぁwwよりも、ネット配信で受信料徴収とかにならないかな、って心配したほうが良さそうです。

 

それではまた次回お会いしましょう。

 

※関連記事です

昨年総務省が認可したときも、ネットで受信料の話がでました。今は解釈上大丈夫かもしれませんが、今後が心配です。

※ランキングに参加しています、クリックしていただけると嬉しいです。(クリックするとランキングに飛びます)


ニュース
シェアする
仕事辞めたい男の投資ブログ

コメント