NASDAQ最高値更新でQQQ買いたくなる病発症

ニュース

NASDAQは10207ポイントで最高値2日連続更新

1日の米株式市場ではS&P500種株価指数が3日続伸。ナスダック総合指数は史上最高値を更新した。新型コロナウイルスのワクチン開発で前向きな話が伝わったことや、米製造業指標が市場予想を上回ったことが好感された。

【米国市況】S&P続伸、ナスダック最高値-ワクチンへの期待で

NASDAQ総合指数はハイテク株を多く含むために、コロナ禍においても強いハイテク株が躍進し、ついには過去最高値にタッチしました。

NASDAQ総合指数
NASDAQ100指数

世界同時株安やコロナショックで大きく下げているものの、基本的には上昇基調なのはご存知の通りという感じ。

ナスダック100指数(NASDAQに上場する銘柄のうち時価総額100位までの銘柄)を構成する銘柄は次のとおり。

AAPLApple Inc.アップルコンピュータ
ADEBAdobe Systems Incorporatedアドビシステムズ
ADSKAutodesk, Inc.オートデスク
AKAMAkamai Technologies, Inc.アカマイ
ALTRAltera Corporationアルテラ
AMATApplied Materials, Inc.アプライド・マテリアルズ
AMGNAmgen Inc.アムジェン
AMLNAmylin Pharmaceuticals, Inc.アミリン
AMZNAmazon.com, Inc.アマゾンドットコム
APOLApollo Group, Inc.アポロ・グループ
ATVIActivision, Inc.アクティビジョン
BBBYBed Bath & Beyond Inc.ベッド・バス・アンド・ビヨンド
BEASBEA Systems, Inc.BEAシステムズ
BIIBBiogen Idec Incバイオジェン・アイデック
BMETBiomet, Inc.バイオメット
BRCMBroadcom Corporationブロードコム
CDNSCadence Design Systems, Inc.ケイデンス・デザイン・システムズ
CDWCCDW CorporationCDWコンピューター
CELGCelgene CorporationCelgene
CEPHCephalon, Inc.Cephalon
CHKPCheck Point Software Technologiesチェックポイントソフト
CHRWC.H. Robinson Worldwide, Inc.C.H. Robinson Worldwide
CKFRCheckFree Corporationチェックフリー
CMCSAComcast Corporationコムキャスト
COSTCostco Wholesale Corporationコストコ
CSCOCisco Systems, Inc.シスコシステムズ
CTASCintas Corporationシンタス
CTSHCognizant Technology Solutions CCognizant Technology Solutions
CTXSCitrix Systems, Inc.シトリックス・システムズ
DELLDell Inc.デルコンピュータ
DISCADiscovery Holding Coディスカバリー・ホールディング
DISHEchoStar Communications Cエコスターコミニケーション
EBAYeBay Inc.イーベイ
ERICLM Ericsson ADRLMエリクソン
ERTSElectronic Arts Inc.エレクトロニック・アーツ
ESRXExpress Scripts, Inc.エクスプレス・スクリプツ
EXPDExpeditors International of WExpeditors International of W
EXPEExpedia, Inc.エクスペディア
FASTFastenal CompanyFastenal Company
FISVFiserv, Inc.ファイサーブ
FLEXFlextronics International Ltd.フレクストロニクス
GENZGenzyme Corporationジェンザイム
GILDGilead Sciences, Inc.ギリアドサイエンシズ
GOOGGoogle Inc.グーグル
GRMNGarmin Ltd.ガーミン
IACIIAC/InterActiveCorpインタラクティブコープ
INFYInfosys Technologies LimitedInfosys Technologies Limited
INTCIntel Corporationインテル
INTUIntuit Inc.インターシル
ISRGIntuitive Surgical, Inc.インテュイティブ
JNPRJuniper Networks, Inc.ジュニパーネットワークス
JOYGJoy Global Inc.ジョイ・グローバル
KLACKLA-Tencor Corporationケーエルエー・テンコール
LAMRLamar Advertising CompanyLamar Advertising
LBTYALiberty Global CL-Aリバティグローバル
LINTALiberty Media Corporationリバティメディア
LLTCLinear Technology Corporationリニアテクノロジー
LOGILogitech International S.A.ロジテック
LRCXLam Research Corporationラム・リサーチ
LVLTLevel 3 Communications, Inc.Level 3 Communications
MCHPMicrochip Technology Incorporatedマイクロチップテクノロジー
MICCMillicom International Cellular S.A.Millicom International Cellular
MNSTMonster Worldwide, Inc.モンスター・ワールドワイド
MRVLMarvell Technology Group, Ltd.マーベルテクノロジー
MSFTMicrosoft Corporationマイクロソフト
MXIMMaxim Integrated Products, Inc.マキシムIP
NIHDNII Holdings, Inc.NII Holdings
NTAPNetwork Appliance, Inc.ネットワークアプリアンス
NVDANVIDIA CorporationNVIDIA
ORCLOracle Corporationオラクル
PAYXPaychex, Inc.ペイチェックス
PCARPACCAR Inc.パッカー
PDCOPatterson Companies Inc.Patterson Dental
PETMPETsMART, Inc.ペッツマート
PTENPatterson-UTI Energy, IncPatterson-UTI Energy
QCOMQUALCOMM Incorporatedクアルコム
RIMMResearch in Motion Limited .リサーチインモーション
ROSTRoss Stores, Inc.ロス・ストアーズ
RYAAYRyanair Holdings plcライアンエアー
SBUXStarbucks CorporationCephalon
SEPRSepracor Inc.Sepracor Inc.
SHLDSears Holdings Corporationシアーズ
SIALSigma-Aldrich Corporationシグマ・アルドリッチ
SIRISirius Satellite Radio Inc.Sirius Satellite Radio
SNDKSanDisk Corporationサンディスク
SPLSStaples, Inc.ステープル
SUNWSun Microsystems, Inc.サン・マイクロシステムズ
SYMCSymantec Corporationシマンテック
TEVATeva Pharmaceutical Industries Lテバファーマシー
TLABTellabs, Incテラブス
UAUAUAL Corporationユナイテッド航空
VMEDVirgin Media Inc.ヴァージン・メディア
VRSNVeriSign, Inc.ベリサイン
VRTXVertex Pharmaceuticals IncorporatedVertex Pharmaceuticals
WFMIWhole Foods Market, Inc.ホールフーズマーケット
WYNNWynn Resorts, Limitedウィン・リゾーツ
XLNXXilinx, Inc.ザイリンクス
XMSRXM Satellite Radio Holdings Inc.XM Satellite Radio
XRAYDENTSPLY International Inc.デンツプライ
YHOOYahoo! Inc.ヤフー

全部とは言わずともかなり見たことがある銘柄ばかりじゃないでしょうか。

クアルコムは一度購入を検討しましたが、利回り的に後回しにしたらするする株価が上がってもう手を出せない水準に。

QQQはネットサービス、ハイテク系のセクターが多めになっているのが分かります。

もはや現在の株式市場の上昇はそのほとんどがネットサービス、ハイテク系の株に引っ張られているだけです。

S&P500のセクター別の年初来リターンを見ればそれはよく分かる話です。

年初来パフォーマンスをプラスで終わっているのはたった3つのセクターです。

情報技術(+14.91%)、一般消費財(8.9%)、コミュニケーションサービス(1.17%)

一般消費財セクターにはネットフリックスやアマゾンなどのネットサービスが多く含まれることを考えれば、大まかにハイテク・ネットサービス系の銘柄がコロナでも強く株価を上げたことが分かります。

VGT1年チャート

VGT(ヴァンガード情報技術セクターETF)の1年チャートを眺めると、小さいから多分見えないと思うんですが1年前と比して+29.96%となっています。

一方でS&P500は-4.48%、NYダウは-4.22%。

S&P500の上昇は、NASDAQ最高値更新を見ても明らかのように、やはりネットサービス、ハイテク系に牽引されていると見ていいでしょう。

QQQ(ナスダック100指数連動ETF)を眺めると、VGTを比べてほんの少しリターンを上回っていますね、+31.73%。

うーん、QQQ、恐ろしい子……ッ!

QQQも定期買付しようか悩みますね

 こんな状況になると予想した人はほとんどいなかった。新型コロナ感染拡大が世界を揺るがす前、ウォール街では強気相場の崩壊で真っ先に犠牲になるのは評価額高めのテクノロジー株だと確実視されていた。しかし、現実はそうならず、こうしたテクノロジー企業の強固なバランスシートや外出自粛時代に合った特性などが今年の下げ相場の最悪の局面から自らを守る防護壁となった。

  投資家は大型株志向を強めている。今週4日間にナスダック100は5%上昇し、S&P500種の上昇率を約1ポイント上回った。新型コロナ感染者数や入院件数は米国で上昇し続け、景気回復のペースやその持続性には疑問が生じている。

【米国市況】S&P続伸、ナスダック最高値-ワクチンへの期待で

この記事にもある通り、ハイテク株は割高故に下落すれば最も下げるのではないか?と思われていましたし、私も思っていました。

しかし現実は全然違くて、むしろアフターコロナの世界やロックダウンした状況下でもオンラインでサービス提供を続けることが出来るために最も影響を受けない銘柄となったわけですね。

あかん、QQQ買いたくなってきた😁

6月末時点での私のポートフォリオのセクター割合は次のとおりです。

情報技術(IBMのみ)が全体の5%という感じで、一般消費財はゼロ。

ETFはVOO、SPYD、VYMが含まれますがSPYDはとVYMはほぼ情報技術セクターがないはず。

とするとVOOでフォローしているハイテク・オンラインサービスたちのみになります。

VOOの内、情報技術が26.3%、一般消費財10.6%、コミュニケーションサービスが11.0%となっていますね。

資産の34.14%がVOOですから、全体の8.9%が情報技術、5%がIBMとなっています。

こう見ると案外悪くないですね。

いやVOO以外全くハイテク・オンラインサービスの流れに乗れないポートフォリオですが。

そこでQQQを買付したくなると。

いや本当に投資方針ブレブレ……w

私の中の悪魔が囁くんですよ「ボーナスはいったやんけ、QQQ買えば数年後には確実に増えてるぜ?」と。

そして私の中の天使は「一貫性の無い投資になってるわ、気をつけなさい!」と戒めるんですよ。

完全に悪魔の方に心を売りたくなってますね、はい。

個別株に対して裁量買付をするのは今後も続けるし、その場合は基本的に高配当・連続増配株になると思っています。

しかしながらインフレに波乗りをする、投資初心者だから王道で、という観点からVOOの毎月1株の定期買付をしています。

ひとまずこれを毎月VOO及びQQQ1株ずつというアイディアを私の中の悪魔がささやき始めています。

これをすると当然裁量買付出来る銘柄が減ってしまいますので、高配当・連続増配銘柄への投資が少なくなり、配当金が減るというのは自明の理ですね。

ダメですね、こうやっていろんなのに目移りしてしまうのが一番良くない気がします。

7月の購入報告でQQQ買ってたら察してください(笑)

 

それではまた次回お会いしましょう

 

※関連記事です

VOOもQQQもETFですね。ETFは分散投資が出来るという点で非常に優れた金融商品だと言えます。以前私が設定した良質なETFの基準に運用額を上げましたが、QQQは全く問題ない水準です。

ETFの危険性という観点はあまり持っている人がいないと思います。資産がETFに流れすぎていて、市場や評価価値を歪ませているという警鐘もありますね。

※ランキングに参加しています、クリックしていただけると嬉しいです。(クリックするとランキングに飛びます)


ニュース
シェアする
仕事辞めたい男の投資ブログ

コメント