FRBゼロ金利2022年まで維持宣言、円高へ

ニュース

2022年末までのゼロ金利を維持

連邦公開市場委員会(FOMC)は9、10両日に開催した定例会合で、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標レンジを0-0.25%で据え置くことを決定した。また資産購入に関して「少なくとも」現行ペースを維持するとしたほか、2022年末まで政策金利をゼロ付近で維持するとの見通しを示した。

米金融当局、今年と来年のゼロ金利維持を検討か-FOMC注目点

あくまで現段階で、という話ですが2022年までのFF金利をゼロ金利で維持することを決定しました。

コロナの影響が根深い雇用が回復するまで相当時間がかかると見ており、完全に雇用が回復されるまでゼロ金利を維持するという判断でした。

先日雇用統計の超サプライズがあったばかりではありますが、FRBは失われた雇用を重く見ていることが分かります。

いやそれが普通かと思います。

だって前の超サプライズ、「予想より雇用良かったです!→失業率-20%じゃなくて-13%(レイオフ含めたら-16%)」ですからね。

そりゃあ予想よりは良くても絶望的な数字と思うのが普通です。

FOMCは午前3時の発表だったと思いますが、一度株価が上がった後、落ち着いて戻ってきてしまいました。

FOMC自体の発表はサプライズはなく、強いて言えば2022年までという長期期間に渡るゼロ金利が金融セクターにネガティブな印象を与えたと思います。

S&P500を構成する金融セクターの指数チャートは大幅に下落していますね。

もっと円高になるがいいや

11日の東京株式相場は大幅安。米国での新型コロナウイルス感染第2波や米連邦公開市場委員会(FOMC)後の米金利低下、為替の円高が警戒され、輸送用機器や素材など景気敏感株、銀行など金融株中心に広く売られた。

日本株は大幅安、コロナ感染2波や米金利低下を懸念-景気敏感株売り

FOMCの発表もありましたが、その前からドル安円高傾向になっています。トランプ大喜び。

6月11日の日経平均は大幅安でした。これ6月11日の米相場も大幅安になるのではなかろうか。

0金利維持発言でドル円は円高に傾きました、現在107円ほど。

ふふふ、ドル建て外国株投資家としては、円高はウェルカムですよ。1ドル80円でもいいくらいです(日本経済は死ぬ)。

株価は実体経済を表していないといいますが、年初のS&P500の3200ポイントと現在のS&P3200ポイントって同じではないと思うんですよね。FF金利違うし。

米国の感染第二波も懸念材料ですが、そもそもまだ第一波が終わってないでしょ。

この新規感染者数推移で良く第二波とか言えたな!!!!

まず第一波を何とかしなさいよ!

おい米国!お前の国!コロナの感染者数おかしいから!

ぜい、ぜい、ぜい……。

FF金利が年初とは違うとはいえ、やっぱおかしいよ。

一度皆冷静になろうぜ、株価下げてくれないと株が安く買えないじゃないか。

しかしゼロ金利が2022年まで続くようですと、FOMC等では株価は変わらないでしょうね、金利が動かないってわかってるから。

強いて言えばサプライズ利上げがあればということでしょうか。

頼む!二番底来てくれーっっっ!!!

 

それではまた次回お会いしましょう。

 

※関連記事です

サプライズ(失業率13%)な5月の雇用統計です。

二番底来るぞおじさんこと私の二番底来てくれというのがにじみ出ている記事です。

※ランキングに参加しています、クリックしていただけると嬉しいです。(クリックするとランキングに飛びます)


ニュース
シェアする
仕事辞めたい男の投資ブログ

コメント

  1. あおば より:

    おはようございます。
    今朝はすごい下がりましたね。
    これから二番底でしょうか?
    今回は僕もタイミング合わせてVOOを購入したいと思います。

    • やめたい夫 より:

      あおば 様
      コメントありがとうございます!

      二番底が来るかは判断が難しいですね……。
      ただ、市場はコロナ第二波は想定しておらず、このまま半年後くらいに治療薬か収束をして経済再開するという楽観的な考え方が主流だったことが今回の下げが意味するところだと思われます。
      前回とは異なりFRBにはマイナス金利というカードしか残されておらず、経済支援も行う前提の株価ですから、仮に感染再拡大が広まると治療薬くらいしか上げ材料が残されてないのではないかなと思います。
      だから二番底来る可能性が高いと思うんですけど、米国株の先物は私が今現時点で見ている限り上昇していますね、割安だと思われたのかもしれません(笑)
      VOOいいですね、見通しが不透明ならETFというのは十分ありな選択肢だと思います!

      コメントありがとうございました!