ETF(exchange traded fund)とは?

用語

ETFとは何か?

やめたい夫です。

先日の記事において配当再投資戦略、かつETFを優先的に購入するという方針を決めました。

このブログは無知ながらアーリーリタイアを目指す哀れな男のブログであり、無知を無知のままにして良いはずありません。

と、いうことで本日はETFについてまとめてみたいと思います。

語義

イー‐ティー‐エフ【ETF】[exchange traded fund]

TOPIX(東証株価指数)や日経平均株価、外国の株価指数などの基準になる株式を組み入れて、指数と連動するよう運用される投資信託。インデックスファンドに似るが、インデックスファンドはそのファンドを扱う証券会社などの販売会社でのみ売買できるのに対し、ETFは証券取引所(金融商品取引所)に上場されているので、株式と同じように証券会社を通じて市場で売買できる。上場投信。株価指数連動型上場投資信託。

引用:小学館/デジタル大辞泉

デジタル大辞泉から引用させてもらいました。日本語では上場投資信託と呼ばれ、いわゆる投資信託が株になったもの、という表現をよくされますね。

投資信託とは?

 投資信託が株になったといいますが、そもそも投資信託とは何か?

投資信託(Fund)とは、投資家から集めたお金で投資機関(銀行等)が投資・運用し、投資の成果を投資額に応じて投資家へ還元・分配する金融商品のことです。

投資の専門家に任せられるなら良いですよね、頭空っぽでプロに任せられるならそれに越したことはない。投資信託においては手数料が発生しますが、プロに任せるならさもありなんという感じでしょうか。

上場投資信託(ETF)と投資信託の違い

<上場してるか否か>

 投資信託との一番の違いは名前の通り”上場”しているか否か、すなわち証券取引において取引出来るかどうかという点になります。

例えばETFを売却するときは、その時のETFの”株価”で売却されます。

一方投資信託は売却(解約)をすると、基準価格(投資信託が保有する金融商品の総時価+配当、利息-運用コストを総口数で割った価格)を保有口数分だけ償還という形になります。

したがって、ETFはその時の価格で売却できますが、投資信託は解約時には売却価格が不明ということになります。

<手数料の差>

 ETFは特定の指数に連動するものが多く、運用コストが低いので基本的に”手数料”が投資信託より低い傾向にあります。

 一方投資信託は投資機関が一定スパンの間に利益を上げることを目標に頑張って運用するので自ずと運用コストは高くなりがちです。

 ETFと投資信託の中間のようなものとして、インデックスファンドというものがあります。これは、【特定の指数に連動することを目的とした投資信託】となりますので、こちらは運用コストが低い傾向にあります。

したがってETFとは、①特定の指数に連動することを目指した②投資機関が運用する③上場された金融商品(株)ということになりますね。

ETFのメリット、デメリット

 投資信託にもほぼ共通しますが、まずは確認します。

メリット

1.少額での分散投資が可能

 ETFを買う方の大半はこれが目的じゃないでしょうか。個別株だとその会社が不祥事等で会社価値を大幅に下げてしまいますが、ETFなら様々な銘柄で構成されていることから1つの会社の影響を受けにくい事が挙げられます。投資先を分散することは投資運用の大原則ですので、このポイントのみでETFは非常に魅力的です。

2.値動きがわかりやすい

 投資信託と比べて今どの値段で、売れ、買えるのかが分かりやすいです。また、指値注文等を使って割安と考える額を予め注文できるのも株ならではの特性で良いですね。価格変動リスクという面で見ればデメリットとも言えます。

デメリット

1.運用コストが取られる

 分散投資の対価ですが、運用コストが多少かかります。しかし投資信託と比べると少ないもので、私が今10株のみですが保有しているVYMは2019年5月現在で0.06%です。これが気になる許せない方はETFには向かず、自分で分散投資をするべきでしょうね。

2.流動性リスク

 分散投資されていても、取引量が少ないとその分適正価格での取引がなされなくなります。ETFを購入する際はどの程度取引量があるのか、という所も要チェックポイントです。また、取引量が少ないと運用会社が運用困難に陥り上場廃止にもなりえるので取引量は意識すべきポイントでしょう。

ETFと個別株

個別株と比べて買いか?

 まず前提として、ボラティリティ(価格変動幅)が大きいのは間違いなくETFより個別株になるでしょう。

分散投資をしているETFはミクロな要因に左右されないですが、個別株は小さい要因にも影響され得るからです。例えばとあるタバコ会社が集団訴訟を起こされてる、とか。そのタバコ会社の株価は下落しますが、ETFは構成銘柄の一つの株価が落ちるだけですので、自ずと受ける影響は少ないです。

逆もしかりで、とある製薬会社が今までにない効能の薬を開発(いわゆるブロックバスター)すればたちまちその製薬会社の株価は上昇するでしょう。でもETFでは構成銘柄の一つがちょい上がりするだけ。

 よく分からんならETFじゃね?

 ここらへんから記事が雑になってきます……(笑)

 キャピタルゲインを狙うなら個別株です(キャピタルゲイン狙えるETFもあります。)しかしそれはリスクを負うということです。

個別株を保有するにはその会社の財務状況や経営方針を理解する必要があります。調べるの面倒だし、私のようなガラスハートのアホでは少し下がったら狼狽売りする未来が見えます。

 一方ETFは運用会社が勝手に構成銘柄を変更してくれるので、よく分からんくても「一先ずプロがやってくれる、さらに人気のETFなら流動性もあって安心!」という思考放棄投資という一番やってはいけない事をしてもある程度大丈夫という素人には安心な要素があります。

自分で分散投資できるならその方が良いに決まってる

 自分で調べ、カスタマイズできるなら自分で分散投資したほうが良いに決まってます。ETF信託手数料はとられずにすみます。

また、高配当銘柄再投資戦略をとるなら高配当銘柄に絞って分散投資をすればETFの分配金より多い配当金がもらえるでしょう。カスタマイズがより自分好みに出来るのは素晴らしいです。

 しかしながら私のように日中仕事をし、空いたプライベートの時間で保有銘柄を調べ上げ、しかもド素人が見通しを立てるというのは、個人の情報収集力では無理があると考えます。

自分に当てはめると……

個別株を持つことはあるが一先ずポートフォリオはETFが多めになったほうが良いのではないかと私が判断した理由は以下にあります。

1.長期保有とETFは相性が良さそう

 配当金が好きで、かつ複利運用をしたいという考えから自ずと長期保有という方向性を私は見出しました。長期保有が前提となります。

私の現在の年齢を考えると、今後50年レベルで保有する可能性があります。皆さんは50年後この会社が存続するか、と読めますか?私は無理です。

もちろんETFの運用会社が50年持たない、ETF自体の上場廃止の可能性もありますけど(笑)

そのためETF自体も一つに全ツッパは危険だとは思います(よほど流動性があるヤツは別、SPYとか)。まぁ償還額もそれなりに期待出来るとは思いますが。

構成銘柄を入れ替えてくれるというのは大変ありがたいです。どの会社が永続するかわからないですから。

2.私は素人である(ドヤァ)

 英語も読めない財務状況どころか財務指標も分からない、株における用語も分からない。こんなヤツが個別株ばかり買ったってその会社の状況理解して買えないです。であるならとりあえずETFにすれば最悪の自体は免れる。

KOを50株買った理由は、増配年数が50年超えという増配王であり、私も知ってる商品を出しているからで、配当利回りも3%超えてて多いから、以上。

いかんでしょ。

キャッシュフローとか売上高とか何も把握せず買いました。BTI30株は配当利回りが高くてADRだから米国の税がかからないから。こっちもいかんでしょ。

もちろんブログを開いたからには少しずつ勉強していき、個別株も買います。でもETFを気持ち多めにしないと特定の銘柄が暴落した時に狼狽売りする未来しか見えない。

3.買いたい銘柄が無い

 どこかで銘柄に惚れるな、という文言を見ました。しかし私は始めたばかりで欲しい!という銘柄がないんです。一応知ってるのは沢山あります、例えばマイクロソフトとか。

財務状況も銘柄に対する理解もないので、適当に買うくらいなら消去法でETFにするか~、という消極的理由でもあります。

以上がETFについてと、私がETFを多めに買おうと考えた理由です。

それではまた次回お会いしましょう。ありがとうございました!

※ランキングに参加しています、クリックしていただけると嬉しいです。(クリックするとランキングに飛びます)


用語
シェアする
仕事辞めたい男の投資ブログ

コメント