2020年2月の家計簿(支出は48,119円、配当金は4,657円)

家計簿

2020年1月の家計簿を公開します。

毎月の支出を可視化することによって、自らの支出を抑えることを目的にしています。

2月は1月の調子が良かったため、調子に乗って総支出4万円、食費1万2千円以下という無理な目標を立てました。

タイトルで出落ちしましたがダメでした。

2月の家計簿

1月の総支出は48,119円となんか……まぁ、その……目標は全く達成できませんでした。

各支出を見ても、全部普通に高いです、何してんだ俺は……。

【個別評】

①食費:13,701円+6,730円=20,431円

自炊については、醤油、みそ、ケチャップ、マヨネーズ、つゆの素、ソースとほぼすべての調味料が尽きたため、2月の食費は増えてしまいました。

また、日中眠くなる時があるのでインスタントコーヒーを購入して効果を試しています。

この2点が食費を圧迫した理由ですね。

種別支出割合です。

ポテチを途中から買わず、冷凍フライドポテトにシフトチェンジしてみました。

フライドポテト1kgは2月に3回買いましたが、現在冷凍庫に丸々一つ残っているので、一月に2kg摂取しています。食べすぎですね……。

薄力粉に関しては、実は2月から超スピードで使い始めました。

というのは、キャベツと薄力粉、卵の激安三種類だけでお好み焼きを作れば、それなりの旨さで安くお腹いっぱいになることができる事に気づいてしまったからです。

現在キャベツが安いので週2くらいのペースでお好み焼きにしても良いのでは!?と思っています。

外食については、2度つけ麺、1度焼き肉に行ってます。2月7日のつけ麺はゴミでした。この金額払ってしまって一週間くらい落ち込んだレベルでした。

2月29日に友人と千葉県松戸市に行った時に、せっかくだから有名な「とみ田」というつけ麺屋に行こう!という話になり行ってみました。

中華そば「とみ田」

つけ麺特盛(1400円)と厳選焼豚トッピング (650円)と価格はかなりお高めで、友人に誘われなければ行かなかったと思います。

結果としては2000円を超えても大満足な味でした、日本No1という勇名に違わぬ美味しさです。

なんか料亭で料理をしているみたいな印象を受けるくらいで、食べた瞬間に高い食材を手を抜かず使っているんだなと理解しました。

もし悩んでいたりお近くに住んでいたら、本当にオススメのお店です!

②固定費:21,208円

じ、実はですね……クレジットカード会社にポイントが溜まっていて、支払い3000円マイナスにしてこの金額だったりします。

本来の固定費は24000円だということになりますね。

電気代が6278円、ガスが3139円と冬で寒くて暖を取るために支払いが増えてしまいました。

【総評】

目標の難易度が高すぎた。

なんですか4万って、せめて4万5千円にすべきでしょう(それでも未達成)。

食費1万2千円って、そもそも毎月焼き肉に3000円使っているわけで、その時点で自炊9000円になるじゃないか!無理に決まってるだろ!

と過去の自分に不満を漏らしても仕方がありません。

とにかく目標が高すぎました、未達成ですみませんでした。

正直2月20日くらいで、無理なこと確定してましたので、月の途中で諦めてました。

支出5万円未満という本当に最低ラインは何とか守れましたが、4万円未満を恒常的な支出にしたいため、まだまだ研鑽が足りないというところでしょう。

目標から8000円以上超えてしまって本当に反省です。

2月の支出割合

2月の支出割合はこの様になっています。

エンゲル係数43%になってますが、これは外食が高すぎますね。

ちなみに先月はこの様になっています。

割合はあまり変わらなくてワロタ。

この割合見る意味あまりないかも……。

2月の配当金は税引き後で42.96ドル(4,657円)でした!

AT&T:23.4ドル

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ:19.56ドル

合計42.96ドルでした!

配当時のドル円レートになおして4,657円です。

現在は1ドル108円ですので、数十円だけ下げてしまいます。

小さい金額ですが、確実な不労所得です。ありがたく頂戴いたします。

2月の収支結果

【収入】

給与手取り:182,386円

配当収入4,657円

【支出】

48,119円

よって結果は

182386+4657-48119=+138,924円でした!

昇給したこともあって、昨年は頑張っても13万円程度でしたが、今年は14万円が見えてきました!

毎月可処分所得を可能な限り創出し、そして投資に回していき配当金を増やしていきます。

給与-支出推移

流石に1月には勝てませんが、収支は基本的に配当金と給与所得が上がるため、長期的には右肩上がりになるはずです……多分!

毎月の支出の推移はこのようになっています。

恒常的に4万円のラインを下回りたいのですが、なかなか難しいです。

3月の目標は支出4万5千円、自炊費1万円以下

支出は4万5千円にします、先月Amazonで5000円分くらいのPC用品を購入してその支払いを考えて、事実上4万円ということで。

自炊費1万円以下というのは、3月で送別会等で外食費が圧迫する事が想定されるためです。

職場にはなんの思い入れもないため、できる限りお断りするつもりではありますが、おそらく昼食会は出ることになりそうです。

餞別のお菓子配りも一応やるため、これだけで支出2~3000円ほどになりそうです。仕事を辞めるために投資資金を稼いでいるのに、なぜ職場の人間に金を配る必要があるのかと。

4月から私は別の部署で働くことになりますので、その部署への挨拶とお菓子配りも必要になりそうです、これしないと何あいつみたいな感じになるんで面倒な職場ですよ。

ということで、実はこの目標は3月の想定される状況を考えるとかなり厳しい目標だったりします。

キャベツ+薄力粉+卵で作るお好み焼きで食費を減らす事に挑戦する必要がありますね。

それではまた次回お会いしましょう!

※関連記事です

2020年1月の家計簿です。この月はまさにアンタッチャブルレコードでした。3万円切りは流石に頭おかしい……。

※ランキングに参加しています、クリックしていただけると嬉しいです。(クリックするとランキングに飛びます)


家計簿
シェアする
仕事辞めたい男の投資ブログ

コメント

  1. メキシカン太郎 より:

    こんにちは。綺麗な財務分析をされており、勉強させてもらっています。
    自炊で節約をされているとのこと、既に検討されたかもしれませんが、イオン(8267)を最低単元ご購入になり、株主優待カードを利用されてはいかがでしょうか?
    検討されたが、導入を見送った背景がありましたら、後学のためご教授頂けますと幸いです。

    • やめたい夫 より:

      メキシカン太郎 様

      コメントありがとうございます!
      イオン(8267)は一瞬考えたんですが、今住んでいるところに優待カード使える店ないし、3%だったらイオンより安い店で買い物すればいいし、半年で100万円上限だけどそもそもそこまで消費しないし、と優待カードという仕組みではあまりメリットがないかなと思ったのが正直なところです。
      財務諸表を分析する事無く上記の理由から見送りました。
      ただのケチ臭い理由であまり参考にはなりませんが以上です。

      • メキシカン太郎 より:

        返信ありがとうございます。
        かなりストイックに節約されているようで、しかも安いスーパーがあるとなれば不要ですよね、、、
        どうぞ今後ともよろしくお願いします!