2019年を振り返り、来年の投資方針を明確にしよう

雑記

年末は実家に戻っているため、少し早めにですが2019年を振り返ろうと思います。

年末年始は記事を更新しないことも考えたのですが、せっかく毎日何かしらの形で更新しているため、ちゃんと毎日更新を継続しようということで年末の記事は振り返り記事です。

今年は手探りで投資をした一年だった

自己紹介記事でも書いたとおり、私が投資をしたのはとある友人の一言からでした。

「お金ってインフレしていくから、貯金より株とかに投資してインフレ対策したほうがいいって  本に書いてあったんだ。」 という言葉でした。

じつは、最初はインフレ対策としての資産分配という概念からスタートしていました。

今考えるとなんだか小難しいところから入っているような気がします、普通はお金を増やしたいとかでしょうに。

この友人、実は一時期ニートで(今は働いています、家出するなら公務員と豪語した友人です)、その時にコスパを極め図書館で本を借りて読むという娯楽で時間を消費していました。

今でも彼のかつての姿勢は私の尊敬するところですが、現在の彼は就職して趣味に浪費をする人間になってしまいましたが。

反省点1:日本株は配当利回りだけみて120万使ってしまった

そして貯金してばかりでも仕方がないということで、総資産190万円全て銀行口座日本円という状態から投資をスタートしました。

配当金でリタイア生活というのを夢見て、みずほFG2000株、キヤノン200株、JT100株で計120万ほどを日本株に投資、米国株はVYM10株、BTI30株、KO50株の計50万円ほどでした。

残りの20万はFX口座にそれぞれ送金という形です。

アホか😨

直近の財務諸表……いや、複合機及びカメラという時代遅れのキヤノンを見ていれば!と言いつつ未だ売ってないのはどうしてもタイミングを見計らってしまうという悪いクセな気がします。

みずほFG、キヤノン共にいずれ売却しますが……来年の抱負はこの2つを売却することかもしれませんね。

JTは現状ホールドのつもりです。

反省点2:ETFを買うと言っておきながら結局個別株ばかり買ってた。

これは悪いことではないのですが、当初の個別株分からんし、まず初心者はETFですねという投資方針を立てたのにも関わらず追加購入したのはSPYDだけでした。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は image-54.png です
2019/12/27時点

ETFは全体の20%程度になってしまいました。

これは少ない……今年は株価が上昇したからまぁ良かったのですが、仮に個別株を読み間違えて下落したり倒産していたらどんなに悲惨だったか。

評価点:配当金再投資は実践した

現在の配当金の推移はこの様になっております。

ショボいですが1年で5万円を超える不労所得を生み出し、全てドルはそのままに、円はドルに買えて投資をしました。

配当金が出てもそれを使わずに全て外国株に再投資し、資産最大化のルールをきっちり守れたのは評価してもいいでしょう、これが守れなかったら複利の効果は発動できませんから。

評価点その2:節約できたと思う

実は今年の元日は友人と新幹線乗り放題旅行を行っており、それに10万円ほど使っていたり、2月には社宅に引っ越すためにこれまた10数万円使っていたりして、年の初めは出費が多めでした。

しかし引越し後の毎月の出費は抑えることができていると自負しています。

ブログを始めてからは、5月は残念な出費でしたが、その後は安定して5万円を下回っています。

12月は5万円どころか7万円を突破してしまいそうですが、とにかく今までよりも圧倒的に支出を抑えることができています。

毎月6万円ほどの不労所得があれば、定義上の経済的自由は達成できるわけですね(実際には各種税金年金保険料が生じるためもう少し必要だが)。

今後は更に支出の減少……は難しいでしょうが、維持することを当面目標にしたいと思います。

まだ支出減らせると思うんですよね……。

来年以降の投資方針

①毎月VOO買う(もしくはVT,VTI)

これは2019年の反省点として自分に課しました。

仮に来年調整局面が来たとしてもVOOを1株以上買います。

2019/12/27現在297ドルと1株あたりめちゃ高いので、毎月購入しても1株の場合もありますが、これでも1年で12株、日本円にして30万円以上をVOOに投資することになります。

メインはVOOにしようと思いますが、VT、VTIでも良いかと思っておりますのでこれは適宜。

ただし、配当金生活をするという目標を達成するためにもETFはポートフォリオを大きく占める訳にはいきませんから、ちょっとずつ買い増しという形になりますね。

別途SPYDなどの高配当ETFも買い増ししたいと思います。

②キヤノン、みずほFGを売る(多分)

配当金発生装置としてホールドしてもよいのですが、今のままであればホールドするには厳しいと思われます。

それでもキヤノン、みずほ共に配当金を減配せずにいますし、その点では安心なんですが……。

財務上たまに大丈夫か?という時があるので、できれば売りたいですね。

売った後株価が噴き上げて後悔しそうですが。

みずほFG、三菱UFJ銀行に買収!とか……この点は考えすぎても仕方ありませんが。

③節約して給与は全て投資に回し、配当金再投資戦略は継続

配当金再投資戦略は最適解ではないとも言われています。

それは配当時に課税されるからです、配当せずに全て自己投資に回す会社はその分株価を上げるという理論です。

しかしながら、これはアーリーリタイアを目指し配当金生活を志すのであれば、今のうちから高配当連続増配大型バリュー銘柄を大量保有しておき、長期的に安定的な不労所得を作るという点で別途メリットがあります。

したがって、資産最大化という点では最適解ではなかったとしても、リタイア生活にすぐさま移行しやすいため私は現在この方法で投資を継続したいと思います。

来年もブログと投資を続けていきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

それでは良いお年を。

※関連記事です

当初の全く守れていない投資方針がこちらです。

※ランキングに参加しています、クリックしていただけると嬉しいです。(クリックするとランキングに飛びます)


雑記
シェアする
仕事辞めたい男の投資ブログ

コメント