7月の雇用統計発表、未だ回復傾向継続

ニュース

7月の雇用統計は予想を上回る176万人増

7月の米雇用統計では、非農業部門雇用者数の伸びが前月に比べて鈍化したものの、労働市場の回復が続いていることが示された。新型コロナウイルスの感染が再び急拡大している中でも、景気持ち直しの動きは停滞していないことを示唆する。

(中略)

ただ、失業率は高止まりしている上に、今後の道のりも平たんではないとみられる。週次で発表される米新規失業保険申請件数は、雇用市場の回復ペースの鈍さを示唆している。事業者の間では政府プログラムで得た資金が底を突きつつあり、失業保険給付の上乗せ措置失効は個人消費を圧迫する。

7月の米雇用者数は176万人増、前月からは鈍化も予想上回る伸び

8月7日、7月の米国雇用統計が発表されました。

結果は176.3万人と予想を上回る結果でした。

今までの雇用統計を全て過去のものにするチャートの動き。

今までは+10万とか+20万とかだったんで、それがいきなり-2000万とか、+500万とか来たらそらこういうチャートにもなろうなぁと毎回見て思います。

雇用については4月の結果がひどすぎたために5~7月が大きくプラスになっているとしてもまだ4月のマイナス分をリカバリーできていませんので、まだまだ要注意。

雇用回復が続いているのは良いのですが、ここに来て回復傾向が鈍化している、というのは意識したほうが良さそうですね。

失業率は減少傾向継続。

今回の失業率は10.2%とこちらも予想値より良かったですね、ただ今までの数字を見れば分かる通り高止まりしていることは間違いないため継続して要注意しておく必要があります。

米国の就業者数をみると、未だコロナ前から2000万人程度減っている事を考えればまだまだ予断を許さない状況であることは変わりません。

やむを得ないのですが、雇用の回復が若干鈍化していることは、ISMの製造業、非製造業両指標でも明らかでしたしね。

毎週発表される新規失業保険申請件数も減少傾向ではあるもの、最近は申請数もあまり減少せずという感じですね。

回復傾向継続も、雇用の状況も引き続きが悪いですね。

こんな弱回復が続いてちょっとずつ雇用戻す感じなんでしょうか。

今後も雇用については注視していきたいと思います。

それではまた次回お会いしましょう。

 

※関連記事です

6月の雇用統計です。

※ランキングに参加しています、クリックしていただけると嬉しいです。(クリックするとランキングに飛びます)


ニュース
シェアする
仕事辞めたい男の投資ブログ

コメント