2019年6月の家計簿(出費は71,703円配当は8,101円)

家計簿

6月の家計簿

今月の出費は71,703円でした!

 外食はラーメンと月一度の付き合いの外食会があるのでラーメン週1で食べるのを辞めれば4~5000円が減ります。

ただ、割と週1のラーメンは幸福度が高いというか、これを削減することはかなり厳しいので外食費はこれ以上削減難しいと思われます。

 食費は米や大量買いするモノをちょうど6月に使い切ってしまった関係で少し多いですが、外食と食費あわせて22753円はちょっと高いっすね、まずは2万円以下を目指したいところ。

 私の家計簿における設備費とは消耗品でない日用品も含めます(お皿とか座布団とか。)この日は100円ショップで家庭菜園用の網とスプレーを買いました。

問題は固定費です。

どうやら4月に解約した通信料が今月までの支払いだったようで、現行の通信料と二重払状態の上で更にMNP(マイナンバーポータビリティ制度)の転出料として3000円取られておりますので結構通信料だけで金取られています。

あと共益費が三ヶ月分取られてますね、普段は月5000円です。

通常であれば固定費はここから1万5千円ほど減りますので、さらに食費を抑えることができれば、5万円以下の出費も射程圏内となり、投資に回せる金額が増えます。

今後も月の頭に前月分の家計簿を載せ、しっかり検討して行きたいと思います。

今月は娯楽費と交通費はゼロ円ですので表には載ってません。

支出割合

圧倒的固定費の割合、次に食費(食費+外食)ですね。

これ固定費下がったらエンゲル係数爆上がりじゃないですか(汗)

無駄なことに出費をせずに日々を楽しめているので、この形の出費割合(固定費と食費がほとんど)は個人的に理想とするところです。

勿論出費したい時がきたらしますけどね、欲しいゲームでたらとか。

なお家賃はこの表には載せてません、給与から天引きという形で計算されているため手取り額との兼ね合いでそうしています。

6月の収支結果

給与(手取り): 170,316円

ボーナス: 473,967 円

配当金:みずほFG7500円、VYM配当金:601円(NISA口座、外国課税引後)

→収入は652,384円でした。

よって、収支は652,384円-71,703円=+580,681円です。

労働による収入が多いですねぇ、当たり前か。

本当にわずか8101円ですが配当金により収入が少し増えました。勿論このお金は全て投資に回します、本当にありがとうございました。

7月は5万5千円以下を目指します

先月の目標7万円以下は残念ながらというか、目算が甘く(支出すべき固定費が想定していたものより多かった)、7万円を少し上回ってしまいました。

しかし7月はもう特にそういった共益費三倍取りや、通信費二重状態は生じないのでひとまずの支出目標値は5万5千円にします。

(無論もっと安くしたいのであくまで目標で本音は5万円未満ですが。)

 

通信費+ライフライン(電気・水道・ガス)+共益費で約一万五千円ですので、固定費はこれ以上減額させるのはおそらく無理でしょう。

とすると、その他日用品らで五千円くらいは使うとして、残るは三万五千円が食費+娯楽費ですのでこれは五万五千円の目標はラクラク達成できちゃいそうです。

今月も倹約に励みながら浮いたお金の投資タイミングを見計らっていきたいと思います!

また次回お会いしましょう。

※ランキングに参加しています、クリックしていただけると嬉しいです。(クリックするとランキングに飛びます)


家計簿
シェアする
仕事辞めたい男の投資ブログ

コメント