週明けもダウ2万ドルを再び下回りそうですね

ニュース

止まらない感染者拡大

コロナウイルスのパンデミック状態は加速し続けており、いまだ停滞する予兆が見えません。

米国で確認された新型コロナウイルスの感染者は27日に10万人を突破し、死者数は1600人以上に達した。各地の医療現場では人工呼吸器などの医療機器や医療用マスクなどの装備品の不足が一段と深刻化。ニューヨーク、ニューオーリンズ、デトロイトなど患者急増地域の病院からは経験豊富な医療スタッフの不足を訴える声もあがっている。

米国の感染者数は27日に約1万8000人増と最大の増加を記録し、世界で最多の10万3000人超に達した。ロイターの集計によると、死者数は27日夜時点で少なくとも1632人で世界で6番目。1日の増加はこれまでで最大の370人にのぼった。

米、新型コロナ感染者10万人突破 医療現場は深刻な物資不足

アメリカでは都市部を中心として新型コロナウイルス感染症の拡大が増加し続けています。

これもう歴史の教科書に載るレベルの出来事ですね。

都市部は医療機関が多いものの、受け入れられるペースを遥かに超えて感染拡大しています。

これに関しては、市場がどこまで織り込んでいるかで週明け3月30日以降のNYダウの動きが決まりそうですが、私は市場は土日のネガティブニュース連発で更に下げをすると予想します。

根拠は先日あった米国の失業保険申請数です。

米労働省が26日発表した先週の新規失業保険申請件数は、過去最多の328万件に急増した。新型コロナウイルスの感染拡大を阻止する取り組みで、業務を停止し、人員を削減する企業が相次いだ。

米新規失業保険申請件数、過去最多の328万件-桁外れの急増
Filings for U.S. unemployment benefits climb to 3.28 million amid virus fallout
米新規失業保険申請件数、過去最多の328万件-桁外れの急増

新規失業保険申請件数は最多328万件でした。記事によると、その一方エコノミストの中央値は170万件と、大半の人の予想を大きく超える状況であることがわかります。

またこれが今回のりセッションの特異さを物語っています。

新規失業保険申請者数のグラフをみれば歴史的な失業者数で、220兆円規模の支援を出すことになるのは当然の結果だと言えます。

米国議会は超大型経済対策に合意し、米国市場はこれを好感、NYダウとS&P500は反発しました。

ニュースが出た順番としては、

26日21時頃米国雇用保険者数発表

28日米国感染者数10万人突破

という流れです。

更にニューヨーク州封鎖の検討もされましたが、トランプ大統領はこれを撤回しました。

トランプ米大統領は28日、米国で急速に広がっている新型コロナウイルスの感染を抑えるため、ニューヨーク州などを対象に移動制限を検討している、と語った。ただ、その後、「封鎖は必要ない」とツイート。危険情報の発令にとどめる意向を示した。

米国での死者は2100人を超え、2日前から2倍以上になった。また、確認されている感染者数は12万2000人を超え、世界で最も多い。

トランプ米大統領、NY州の「封鎖」を一時検討 その後撤回

実際の数字が今後続々と出てくるでしょうから、それを受けて更に下がるか―……市場が予想通りと見るかは分かりませんが。私は更に下がると思います。ポジティブニュースが出る見込みが今の所ありませんから。

コロナウイルス感染者数の推移

全世界の現在の推移はこの様になっています。

感染者数の推移を見ると、二次関数のように増えておりいまだ止まる様子はありません。

厚労省のホームページにコロナウイルス感染症についての感染拡大収束の想定グラフがありました。

グラフを見る限り、患者数の増え方は流行のピークを全世界で見れば下げられてはいません。特に、アメリカに限定したグラフだとこの様になっています。

感染が爆発的に拡大してる事がわかります。

米国は医療を受けることも非常に高額ですから、感染拡大防止がままならない国でしょう。

おそらく感染拡大が最も広がりやすい国の一つのはずです。人口は多い、人の動きは活発、でも医療はまともに受けられない、高額で受けようともしない。

感染者数は増え、米国市場はさらに混乱する……と思います。

人によっては一度全て手仕舞いも手だが……。

一度全て手仕舞いにするのもありでしょう。

今より下がるため、より下がった時に買い直せば、利益も出ましょう。

ただし、私は常々市場は読めず、天井も底も読めないと思っています。市場が混乱している中、利益を追求しようとすると大やけどを負いかねません。

そのため、私は手仕舞いせず、給与から積み立てて投資をしていこうかと思います。

保有している資産評価額も現在3万ドル程度ですから、今ガチャガチャ資産を動かしたところで得られる利益はたかが知れています。

今回のコロナショック、かなり長期戦になることが予想されますが、淡々と積立投資を進めていきたいと思います。

   

それではまた次回お会いしましょう!

※関連記事です

私が最初にコロナ関連を書いた記事です。この頃は1~2ヶ月でもとに戻ると思ってましたが、本当に読みが甘かったです。

セクター別に見るコロナショックの下落率です。エネルギーセクターがダントツで下げています。市場平均よりも下げなかったのは、やはりディフェンシブな銘柄たちでしたが、情報技術セクターも下げ無かった部類ですね。

※ランキングに参加しています、クリックしていただけると嬉しいです。(クリックするとランキングに飛びます)


ニュース
シェアする
仕事辞めたい男の投資ブログ

コメント