財務諸表分析を知ろう!

用語

記事の趣旨

吾輩は初心者である、利益はまd(ry

前回の記事ではファンダメンタルズ分析の指標で有名というかよく見かけるPER,PBR、ROE,ROAを調べてみました。

今回は財務諸表でよく見る言葉を調べてみようと思います。

SBI証券に載ってる財務諸表

なるほど、わからん。

まず、損益計算書、貸借対照表、CF計算書が何かが分からん。

3つの財務表

損益計算書

財務諸表の1つである。企業のある一定期間における収益(revenue)と費用(expense)の状態を表すために、複式簿記で記録されたデータを集計することによって、貸借対照表などと同時に作成される。企業内において経営判断のための情報として用いるほか、株主や債権者などに経営成績に関する情報を提供する。

Wikipedia/損益計算書

収益と費用って書いてあるから、売上とかの話なんですね。

売上から原価(コスト)や税金など引いていった数字ですね。薄利多売の商売ならば売上高は多いけど結果コストや営業にかかるコスト諸費用がかかり純利益は少なくなるのですね。

ちゃんと売れているかというのは確認するのは重要ですよね、やっぱり不景気でもディフェンシブ銘柄であれば売上高は下がりにくいのでしょうか。

何にせよ活発に企業活動ができているのか、またちゃんと利益を生み出せているのかという意味で重要な指標になりますね。

賃借対照表

貸借対照表は、企業のある一定時点における資産、負債、純資産の状態を表すために複式簿記と呼ばれる手法により損益計算書などと同時に作成され、その企業の株主、債権者その他利害関係者に経営状態に関する情報を提供する。

Wikipedia/貸借対照表

名前だとわかりにくいけど、資産と負債に分けて、その会社がいま財務上どのような財務状況なのか、その健全性を図る表になりますね。

資産の比率等を見ることで財務状況の安全性を図ることができるのですね。

CF計算書

キャッシュ・フロー計算書をCFとSBI証券では書いているようですね。

会計期間における資金(現金及び現金同等物)の増減、つまり収入と支出(キャッシュ・フローの状況)を営業活動・投資活動・財務活動ごとに区分して表示する。

Wikipedia/キャッシュ・フロー計算書

お金の流れの見方ということですね。

営業活動、投資活動、財務活動のお金の増減を見れるのですね、これは分かりやすい。

結局企業が金を増やせてるのか、使えてるのかをちゃんと見れるのだからこれ見てりゃ良いんじゃねーか?と思いました。

意外と見るところ多い……。

調べてて思ったのが、キャッシュ・フローが個人的に着目したいポイントだったというところです。

分かりやすいといいますか、お金がどう動いているのかが一番ハッキリ出る点だと思いました。

次に損益計算書ですかね、これはあくまで推移を眺めるのがよろしいかと思います。売上が下がっていてもそれは景気に左右されるところですし、同業種間での比較は必須でしょう。

賃借対照表はずっと注視すべきものではなく、気が向いたら財務状況を振り返る程度がよろしいかと思いました。

今回はざっくりと諸表が何を表しているのかをまとめただけですので、次回また各諸表の具体的な見方と、今後企業分析をする際の重視すべきポイントを検討したいと思います!

それではまた次回お会いしましょう。

※ランキングに参加しています、クリックしていただけると嬉しいです。(クリックするとランキングに飛びます)


用語
シェアする
仕事辞めたい男の投資ブログ

コメント