自社株買いとは?その効果と、メリットデメリット

解説
  • 自社株買いは企業が発行した株式を買い戻すこと
  • ROEやEPSの改善が期待できるため、株価押上要因になる
  • 一方で、巨額の資金を遊ばせる=良い投資方法が無いということにも繋がる
  • 株主としては、自社株買い自体はウェルカム、悪いことはない

自社株買いの目的

自社株買いとは、その名の通り会社が自身の株を買い戻すことです。

自分で自分の株を購入する大半の目的効果は、”株主還元”になります。

 

自社株買いを行うことで、実質的に市場に流通している発行済株式総数は減少します。

発行済株式総数が減少すると、1株あたりの利益(EPS)や、自己資本利益率(ROE)が相対的に向上することになり、株価上昇が見込めます

長期的に、買い戻した自社株をまた市場に売り出すとEPS,ROEは変動しません。

しかし自社株買いを行うと上記効果が見込まれるため、特にサプライズであったりすると株価上昇にも繋がります。

一方で、市場が既に自社株買いを見込んでいる場合は株価に変更は生じません。既に織り込んでいるからです。

自社株買いのメリット・デメリット

自社株買いは、株主(ホルダー)にとっては基本的に悪い事はありません。

ほぼメリットが多いと言えるでしょう。

メリット

株価を維持、押し上げる

株価と発行済株式数にも、需要と供給の関係があります。

すなわち、発行済株式数を減らすと需要と供給という面からも株価を押し上げる効果が見込むことが出来ます。

また先述の通り、自社株買いによる指標の良化も株価を押し上げる要因になります。

会社にとって配当負担が減る

1億株を発行しており、1株1ドルの配当金一年に出しているとします。

すると、その会社は配当を年1億ドルも負担しなければなりません。

これを、自社株買いをすることで、総配当金を減らすことが出来ます。

特に高配当銘柄で配当金をこのまま上げるのは難しい場合に採用する手法と言えます。

発行済株式が半減すれば、配当金は二倍に増やすことが出来ますので、連続増配がしやすくなるわけです。

株価が割安というメッセージ

自社の事は一番自社が分かる。

……というもので、まだまだ株価下落するなー、割高だな―と思ったら自社株買いって普通しませんよね。

自社の財務状況、見通し、資金余力から内部を知っている人が株を買うということは、その株は”買い”というシグナルになります。

デメリット

株主目線でのデメリットというのは中々無いように思えます。

自社株買いは、大量の資金が必要で、財務状況やキャッシュが多い企業でないと行えません。

仮に財務状況が悪い、キャッシュが無いのに行っていれば要注意です。

仮にキャッシュが多いとしても、一つ懸念点が生じます。

それは、自社株買い以上に有用な投資(資金の使いみち)が無いという点です。

通常お金があって、事業活動を通してお金を増やすのが企業本来のあり方なのにそれをしないという事自体がネガティブ、ということです。

株価が安いというメッセージになるのであれば、一方でお金の使い道が無いというメッセージにもなります。

連続増配をする大型バリュー株は、大抵このステージにいて、成長しきった、という状態です。

その場合、成長による株価上昇が無い以上、自社株買いと増配という株主還元に至るわけです。

自社株買いに積極的なことは、ホルダーにとって悪いことはない

基本的に、自社株買いが株主にデメリットをもたらすことは無いと言ってもいいと思います。

先述の通り、自社株買いを行うから投資先が無いと言うのも早計だし、新規株式発行するから悪い、というのもありません。

新規株式発行すると、確かにROE、PERは悪化します。

しかしながら、その分投資をする=企業活動を広げる事をしようとしているため、必ずしも悪いとは言い切れないのです。

 

長期保有をする株主は、自社株買いをするだけの余力が果たしてある会社なのか、すでに成長しきった会社なのか。

こういった目線で会社を見ていきつつ、自社株買いが意味するシグナルを適切に読み取っていきましょう。

それではまた次回お会いしましょう。

※ランキングに参加しています、クリックしていただけると嬉しいです。(クリックするとランキングに飛びます)


解説
シェアする
仕事辞めたい男の投資ブログ

コメント