自己紹介

雑記

はじめまして、やめたい夫と申します。

皆さん経済的自由、すなわち不労所得や膨大な貯金のみで支出をまかなう生活に憧れませんか?日々好きなように生き、労働というイカれた週40時間以上の奴隷的苦役を強いられることもない。

私はめちゃくちゃ憧れます(笑)

このブログは投資について無知ながら、それでもなお経済的自由という甘美な響きに誘われた哀れな男の投資ブログになります。

以下私の経歴を記載。

生まれてから高校卒業まで

1992年の3月生まれです。

 シングルマザーの家庭、母はパートタイムで生計を立てる典型的な鍵っ子でした。ハッキリ言って貧乏でした、ド貧乏です。しかしある意味倹約という意識の芽生えはここからあったように思います。

 そして、ザ・団地少年。周囲も同じ生活水準の人々であり、自分はいわゆる経済的に底辺な人間であるという意識は当初無かったです。通う小学校は団地の子供が多く、逆に中流家庭と言われるような家庭の子供が富裕層に見えたものです。

 母に言われ渋々地元の中学以外を受験、しかし金が無いので結局自称進学校(笑)な公立の中高一貫校に進学しました。今思うと地元の中学は荒れてたので、入らなくてよかったですね。

 高校受験が無く、6年間怠惰に過ごしながら、高校に上がった瞬間バイトに明け暮れる生活。今でも勉強は苦手ですね。

高校卒業から就職

 当然勉強せずバイトに明け暮れていたため、大学に入る学力は無いしそもそも入るメリットを全く感じてませんでした。バイトしてその日暮らしでいいじゃんと思ってたので母に一言。

今の学力で入れる大学なんてたかが知れてる、浪人していい大学入って良い企業に就職したほうが長期的に見ていい。」

 これに母は仕方なく同意、以降浪人という免罪符のもバイトと遊びに明け暮れる数年を経験します。ハッキリ言ってクズですね。2年目らへんで勉強しろと言われ、3年目には就職しろと言われてましたが大学行く気が元々なかったと明かすのは4年目あたりになります。

 そして23歳あたりで渋々就職を決意、24歳の10月に今の会社に就職という形になります。大学に行かずとも普通に就職できてるのでまぁ選択としては誤りでは無かったかなと自分を言い聞かせています。いい大学出てれば良い企業に行けるのは間違いないと思いますけども。

 実際、就職のときには空白期間(卒業から6年近くフリーター状態の事)をしつこく聞かれました。その時は祖母の介護が必要で最近亡くなったから就職にようやく動けるようになったという、バレバレのウソで誤魔化してました(笑)

就職後長時間働くことに馬鹿らしくなる

 バイトよりは大変、知識も必要という中で一日8時間週40時間の苦役をこなす日々。

そして日々の出費は貧乏な性分でバイトの時のまま……。

「あれ、出費少ないなら収入少ない楽な前のほうが良くね?」

という気持ちになるのに時間はかかりませんでした。

仕事場の都合でひとり暮らしをはじめましたがとにかくコスパが悪いように思いました、だって実家なら家賃発生しないわけで。

しかし生きていくためにはこれを我慢しなければならないのだろうという漫然とした自戒でなんとか日々仕事をこなしていました……。

 そして運命の日。今でも覚えてます昨年の夏の友人の言葉。彼は本が好きで色んなジャンルの本を読んでいました。

友「お金ってインフレしていくから、貯金より株とかに投資してインフレ対策したほうがいいって  本に書いてあったんだ。」

私「へ~、株ねぇw」

そして株について調べていくと、素晴らしい先駆者たちがいるじゃありませんか。なんでも投資で不労所得を目指す、資産を増やしアーリーリタイアを目指すだの……。

これだ!!!

やめたい夫、世紀の一大決心はこの日より始まるのでした。

収入が少ないながら、なんとか資産を増やして不労所得を目指したいと思います。

はじめてのブログで拙い文章、構成でしたが、これをもって挨拶とさせていただきます。

これからよろしくおねがいします。

※ランキングに参加しています、クリックしていただけると嬉しいです。(クリックするとランキングに飛びます)


雑記
シェアする
仕事辞めたい男の投資ブログ

コメント