節約できないことが逆にストレスになるとは……

雑記

小麦粉が品薄&高値で手が出せなくなって悔しくて記事にしました。

お好み焼きもパスタも作れない

農水省によると、転売目的などの過剰な買いだめが広がるようだと一時的に品薄になる恐れはある。しかし、原料となる小麦の輸入に滞りはなく、主要メーカーは大型連休中も増産体制を敷くという。

小麦粉製品、ネットで高値 農水省「在庫は十分」

なんてことだ……なんてことだ……。

皆さんの近所には小麦粉は売ってあるでしょうか……。

いや、あるんですよ、高いやつは。

薄力粉500g250円とかいうやつね……。

パスタについても同様で、パスタもほぼ無いけどあったとしても500g200円とかそんなのばかり、パスタソースは棚にないです。トマト缶もないか一個130円のやつだけ。

 

以前私は薄力粉を使った激安お好み焼き、トマト缶を利用したパスタソースを自炊革命と称し、これをもって自炊費月1万円以下を目指しました。

トマト缶から作ったパスタソース
薄力粉から作ったお好み焼き

これら2つの良い所は、低コストで腹が一杯になる点ですね。

無敵だと思ってました。

事実、これを導入した後の自炊費の減り方は素晴らしいものがありました。

導入した時期が2月なのですがそれ以降の自炊費は、

2月:13,701円

3月:11,687円

4月:9,718円

という推移を描きました。

うーん、素晴らしい。

 

が、残念ながらこの自炊革命の弱点は小麦粉に依存しすぎたことでした。

まさかコロナの自粛によって家庭用の小麦粉がここまで品薄になるとは……巣ごもり消費する関係でみんな今更小麦粉類の商品を購入し、自宅で料理するだなんて。

調べたところによると、1世帯平均の小麦粉の消費量は月250gとのこと。確かに天ぷらとか後ちょっと使うだけならそれくらいですよね。

節約の主力として使っても案外減らないし。

パスタも輸入に頼っているからか全然無い、あっても高い……パスタソースもない……。

あと地味に一部野菜が私の住む地域では高騰しました、人参、キャベツあたりは節約御用達だと思うのですが、コイツらが高騰しました。キャベツに至っては2.5倍くらいです。

さらに納豆も低価格のはほぼ売り出されてませんね、最安で3パック60円代という状況……。

節約できないことがストレスになるとは恐れ入った

コロナ自粛に関しては、色々と生活の不安はあるものの、良い面を基本的に見るようにしてきました。

給与減るだろうなーとかそんな思いもありますが、それ以上に在宅ワーク最高!通勤時間なし最高!って思い込んでました。

定期券解約をすることがこんなにウキウキすることだとは思わなかった。

ケチのイラスト

しかし普段より高いものを買うのは抵抗があります、しかもかなり抵抗があります。

とは言え食わねば死ぬので普通に買うんですけどね。

あと私が神と崇める業務スーパーは通勤経路の途中にあって自宅の近くではないため定期解除した今、業務スーパーへの買い物ができないのも難点。

しかし業務スーパーを基準にした価格感覚は身を滅ぼしますね。

例えば「暑くなってきたしひやむぎ、そうめん買おうかな」と思ったら普通のスーパーって安くても500gで180~250円くらいするんですね、嘘だろ?と。

業務スーパーなら1kgで130円くらいでしたよ、蕎麦やうどんでも160~180円くらい。

でもよく考えたら業務スーパーが安すぎるだけなんだな、と思い直しました。低クオリティ低コスト。

一度考え方を変えたほうが良いかもしれませんね、相場がリスクオン、リスクオフになるのと同様に、社会情勢で物価も変動するのだと……。

あと業務スーパーを基準にしちゃダメですね……それか引っ越しする場合は業務スーパーかそれに近い激安スーパーを探してその近くに住むくらいですね。

これはアーリーリタイア後の住居探しで検討すべき点ですね(;´∀`)

 

今回のコロナ自粛は色々と自分で見えてこなかったポイントが見てきて大変参考になる経験でもあると思いました。

アーリーリタイアを目指し、引き続き頑張って生活しようと思います。

 

それではまた次回お会いしましょう。

 

※関連記事です

お好み焼き&トマト缶でのパスタソース記事です。小麦粉に依存するのは良くないですね、今後さらなる節約術の研鑽に励みたいと思います。

自粛要請はセミリタイア適正を計る良い試金石だと思っています。しかし、節約できないのがここまでストレスとは……私はもう業務スーパーなしでは生きていけないようです。

※ランキングに参加しています、クリックしていただけると嬉しいです。(クリックするとランキングに飛びます)


雑記
シェアする
仕事辞めたい男の投資ブログ

コメント