私の一刻も早いリタイアのためには、さらなる副業が必要そうです

雑記

貧乏セミリタイアでも5000万円の資産が目標になる

通常通り国民年金と国保が必要になりますね、住民税は特定口座であれば引かれていると思います。

配当金税引き後に年150万円ほどであれば、月々12.5万円の配当収入が生じます。

この場合、国民年金と国民健康保険は合計すると約3万円となります(40歳を超えると介護保険が入るので3万3千円ほどでしょうか)。

という事で、手取り12.5-3万円=9.5万円で日々生活するということになります。

十分ここから支払うことはできるだろう、という水準ですねギリギリですが。

もちろん、もっと貧乏生活をすれば5000万円も不要ですが、やはり月々手取りがこれくらい必要になるでしょう。

さて、この5000万円を貯めるという行為、投資で複利効果を活かしながら20年、30年と時間をかければ確かに現実的に達成できます。

例えば、月々6万円を複利5%で投資したとすれば、30年で4780万円ほどになり、元金の2倍以上に膨れ上がります。

月々6万円というのは、ボーナス無しだとしても頑張ればフリーターですら達成することができる数字です。

手取り収入が15万円あれば十分達成できますね。

しかし、労働懲役40年から逃げたくてアーリーリタイアを目指しているのに、何が悲しくて懲役30年で我慢しなければならないのかと。

正社員などであれば昇給がありますので、全力で倹約・全力投資をすればもっと早まりますがこの5000万円の壁というのは非常に厚く高いです。

一刻も早く労働から逃れたい人間としては、複利効果なんてものはリタイア後に実感できれば十分なのです。

つまり複利効果によって5000万円を長期間に渡って作り上げるのではなく、投資と平行しながら収入を増やさなければ達成できないと言うことになります。

簡単に出来れば苦労しませんが。

現実的な解決案としてのダウンシフト戦略

そこでダウンシフト戦略が考えられます。

これは、いきなり完全リタイアを目指すのではなく正社員→フリーター→無職という黄金リレー(笑)を経ながら、無理なく無職になれるというものです。

正社員期間を短くすることで、自分の時間を若い段階で増やすことができるとが特徴です。

一方でフリーター期間は伸びてしまうので、無職のステージに至るのには長くなってしまう可能性があります。

月々8万円ほどで稼げれば厚生年金と保険を折半で会社に支払わせる事ができるので、その点も旨味でしょう。

3000万円分の資産を貯めて退職、月給を8万円ほどのフリーターになったとします。

この場合3000万円から配当金が年100万円ほど入り、更に96万円の収入が生じますので、合計年収196万円となります。

早く十分生活ができるのでこのダウンシフト戦略は一つ採用すべき戦略となります。

現在私の想定される今後の給与から今後の投資した場合のグラフは以下ような線を描きます。

昇給の影響を加味しているのでグレーの積立額も少しずつ増加しています。

調子よく昇給して、総資産は年4%ずつ増えるという前提でこのようなグラフを描けますので、かなり調子がいい方だと思います。

現在私は2020年に28歳となりますので、目標である5000万円はギリギリ39歳でほぼ到達できるラインでした。

この表は手取りから年100万円(月8万円)消費をするという前提ですので、今より多めに生活費を見積もっていますがおそらく現実はここまでうまく行かないでしょう。

36歳でダウンシフト戦略も考えられますが、正直そこから3年我慢で5000万円到達と考えると流石にフリーターよりは3年我慢を選び39歳退職が現実的になってしまいます。

40歳がリタイアのデッドラインと私は設定していますが、それでもなお一刻も早いリタイアを達成したいと考えています。

そこで副業として”せどり”をしようと思います

給与所得から投資をしていくというのは、現実的に考えればかなり厳しいのは分かりました。

さて、そうすると短期間でリタイア資金を貯めるのであれば、考えられる方法は①ハイレバ集中投資②さらに収入を増やすという二点になります。

個人的にはハイレバレッジ集中投資は下手するとリタイアが一生できなくなるので、②のさらに収入を増やすという方法を考えたいと思います。

つまり副業となりますが、我社は雇用、労働契約を他社と結ぶのを禁止していますので、許される副業は限定的です。

ダウンシフト戦略を見据えながら更に副業をする必要がありそうだな、というのが2019年に投資をしてきた感想です。

という事で思いついたお金を増やす方法は以下の4つ。

  • ブログ、アフィリエイト等の広告収入
  • せどり、転売
  • 投資、FX
  • ポイ活

ポイ活は専用のサイト(ハピタスやモッピー)がありますね。

楽天経済圏に入って楽天ポイントを稼ぎまくるという考え方もありますし、楽天経済圏に入ればさらにそこから楽天ポイントせどりなんてものもあります。

この中で私がやっているのはブログと投資になります、ブログは全く収益性無いですけどね……ちょろっとアマゾンのリンクとAdSense貼ってるだけですから当たり前ですが……。

ひとまず、せどり、転売をやってみようかなと思います。

理由としては、ポイ活では稼げる金額の上限が限定的であるというところにあります。とはいえせどりはリスクもありますので、少しずつ試していく感じになると思います。

図解にするとこのようなイメージになります。

暗黒時代である正社員時代が現在です。

ここで副業による収入として配当所得、せどり所得を得ます。

そうすれば、40歳目前でのリタイアではなく、せどり収入次第で更に早いリタイアが達成できるというわけです。

この作戦の良いところは、ダウンシフト時期でもせどり収入があれば投資に回し、配当所得を増加させることができる点です。

え?利益が出なかったら?

その時は諦めて当初の戦略の通り、投資による配当収入だけを副業として頑張ろうと思います……😩

2019年はやめたい夫の投資元年でしたが、2020年はアーリーリタイアを早めるための副業元年にしたいと思います!

それではまた次回お会いしましょう。

※関連記事です

ダウンシフト戦略を検討したのはまだ2週間前の記事になります。そこからダウンシフト戦略を取るだけでなく副業で何か収入を増やさないといけないと気づいてしまったのは、なんというか悲しい現実です。

アーリーリタイアを目指してからお金の増え方、流れについて考えるようになりました。昨年から今年にかけての昇給よりも、投資による資産形成の方が圧倒的にお金が増えてしまう事実に気づいてしまいました。早く仕事辞めたい。

※ランキングに参加しています、クリックしていただけると嬉しいです。(クリックするとランキングに飛びます)


雑記
シェアする
仕事辞めたい男の投資ブログ

コメント