現金給付、1世帯30万円!!!!!!(多分貰えない)

ニュース

現金給付1世帯30万円予定

 安倍晋三首相と自民党の岸田文雄政調会長は三日、官邸で会談し、新型コロナウイルス感染拡大で収入が落ち込んだ世帯への現金給付について、支給額を一世帯三十万円とする方針で合意した。岸田氏が記者団に明らかにした。政府は一世帯二十万円とする方針だったが、思い切った支援が必要との首相判断で急きょ上積みが決まった。年収による所得制限は設けないが、減った後の月収が一定水準を上回る世帯は除外する方向で検討している

<新型コロナ>現金給付、1世帯30万円 政府方針 減収申告、所得制限なし

こ、国民全員じゃない、だと……。

わかっていましたが、現実に各所報道からこのような方針が示されるたびに、自分は支給されなさそうだなと思いました。

Twitter上では、にわかに「住民税非課税世帯(年収100万)」という情報まで独り歩きしています。

どこぞの記事のスクショがあったりとソースがあるのか無いのかよくわからない感じです。

一応各所の記事を見ると、

  • 現金給付をする
  • 条件は一定の収入が減った世帯に対して
  • 自己申告に基づく

というのは共通しています。

逆に

金額に関しては、一応30万円に増えたのは確定のように思えますが、あくまで収入が現象した人が対象ということで、現状自分は関係ないのかな、と思います。

まぁ大変な人に配るべきですよね、がっくし。

現金支給!?ヤッター!?からの支給なしはショックがありますが、ある意味予想できたということで……orz

「投資に回せない…………。」

性質としては経済刺激ではなく、生活保護的である

新型コロナを原因とする所得減について政府側が判断するのは難しいため、市町村の窓口への自己申告制とする。収入減少を証明する書類を提出すれば原則支給を認める方向だ。給付金は特例措置として非課税とする。

緊急経済対策は補正予算成立後、早急に実施する対策とコロナ収束後に消費を刺激する対策の二段構えとする。

第1段階では世帯への現金給付に加え、中小企業や個人事業主の給付金が中心となる。収束後に外食や旅行に使える割引券や商品券を発行する。

現金給付、1世帯30万円に 対象は月収で絞り込み

日経新聞によると、緊急経済対策は二段構えの政策のようです。

第一弾としては、早急に収入を失い生活が立ち行かなくなった国民への保護という形での現金支給。

第二弾は記事によると、消費刺激対策で「収束後に外食や旅行に使える割引券や商品券」の発行のようです。

消費刺激対策というからには、国民全員に配られる……のだと思います。

旅行は論外、外食は……どの程度割引するかによりますが、基本的には自炊に勝てるわけがないので、あまりメリットなし。

唯一商品券が気になります。

商品券というのは、おそらく名称的にプレミアム付き商品券的なモノになるはずです。

プレミアム付商品券とは

消費税率の10%への引上げに伴い、所得の少ない方、小さな乳幼児のいる子育て世帯に対して、税率引上げ直後に生じる負担増を緩和し、消費を下支えすることを目的として、全国の市区町村が発行・販売するものです。

プレミアム付商品券

昨年消費税増税に伴い、住民税非課税世帯及び育児世帯に案内が来ましたが、今回は全国民が購入できるはず。

今回私がコロナショックによる、政府からの恩恵は商品券のみになりそうですが、仮に購入できるとなれば積極的に動きます。

試用期間は大体半年ですので、使い切れるのは間違いありません、食費だけで即まかなえます。

私にとって最後の希望、これがプレミアム付き商品券なのです。

日本政府、頼むぞ!こうやって何かにすがって恩恵を受けてでも浮いたお金を投資に回すんだ!

こういう私みたいな消費をしないやつが一番、日本経済にとって癌なんでしょうけど、こればかりは個人の幸福を追求させてもらいますよ!

 

それではまた次回お会いしましょう。

 

※関連記事です

現金給付明言が出た時の私の反応です。ま、大方予想通りでした……orz

現金だろうが、商品券だろうが逞しく投資に回してやるという確固たる石があります。

※ランキングに参加しています、クリックしていただけると嬉しいです。(クリックするとランキングに飛びます)


ニュース
シェアする
仕事辞めたい男の投資ブログ

コメント