新NISA案は投資信託を買わないと個別株が買えない模様

ニュース

新NISA案は2階建て

新たなNISAはリスクの低い投資信託などに対象を限定した積立枠(1階)と、従来通り上場株式などにも投資できる枠(2階)の仕組みに改める。原則としてリスクの低い商品に投資した人だけが、2階部分にも投資できるようにする。安定資産による長期的な運用を重視する。運用益の非課税期間はどちらも5年とする。

年間の投資限度額は1階が20万円、2階が102万円、総額122万円とする方向で調整している。全体で5年にわたり最大610万円を非課税で運用できる。

NISA投資、2階建てに 低リスク商品に20万円枠
日経新聞より

なぜ複雑にしたんだ……😩

つみたてNISAと新NISAは選択制になるのは変わらないようです、どっちもできるなら、私はどちらの制度も利用するでしょうしね。

流れとしては、新NISAは1年で122万と従来NISAの120万の枠を2万円ほど増やす方向で発案されました。

しかし、122万の枠を投資するためにはまず20万円の安定資産に投資をしないと残りの102万を使えないという制度ですね。

うーん、クソ制度!wwwww

新NISAの対象の金融商品は?

投資対象の商品は、金融庁と証券業界が調整を進めている。新制度の1階は現行の「つみたてNISA」とほぼ同じになる。2階については、リスクが高すぎて資産形成に向いていないものを除外する方向で調整している。

NISA投資、2階建てに 低リスク商品に20万円枠

【1段階目の安定資産について】

安定投資20万円というのは、現在のつみたてNISAで投資ができる「投資信託」になります。

つまり意地でも投資信託をさせる制度なのです、証券会社とぐるになってませんかと疑いたくなります。

富裕層向けの制度という批判から2023年で一度終わりにするという話だったのですが、投資枠自体は122万と増えて、代わりに強制的に投資信託をさせるようですね。

安全資産非課税5年とか、頭おかしいよ……せめて安全資産の20万は非課税20年間とかにして欲しいのですが。

【2段階目について】

「リスクが高すぎるものを除外する方向」

うーん、リスクが高すぎるものを除外……ないとは思いますが、日本株限定とかになるでしょうか。

そうしたらつみたてNISAにしてS&P500連動型の奴を40万ぶち込みマンになろうかなと思います。

そもそも「5年という期間が資産形成に向いてね―よ」とツッコミを入れたい。

「人生100年時代!年金崩壊!若いときからの資産形成!」

「あっ、非課税は5年な!wwww年40万なら20年やでwww投資信託限定だけどwww」

草生やすだけでむかつき度100%アップですねぇ……。

リスクが高すぎるというのがかなり曖昧なものになりますが、さすがにNYダウやS&P500採用銘柄はリスクが高いと言われないと信じています。

なお、ジュニアNISAは2023年まで

24年以降の利用者は新NISAか、つみたてNISAのいずれかを選ぶ。一方、未成年を対象にした「ジュニアNISA」は23年までの投資期限を延長せずに終了する。口座数は30万台で頭打ちになっている。

階建てに 低リスク商品に20万円枠

口座数30万台で頭打ちといっても、新陳代謝というか中には18歳になって通常のNISAに移って抜ける人もいれば、新しく子供が生まれてジュニアNISAに利用する家庭だって居るでしょう。

30万人の子供の為に、親が資産運用しているのなら充分意味のある制度だと思うんですが……。

口座だけあって全然利用されてないのでしょうか。

ダメダメな国策に1000億円つかうより、こういう制度を残したほうがいいと思うんですが。

まだまだ制度が変わる可能性があり!

政府・与党は17年度の税制改正大綱のなかで、複数制度があるNISAは、将来的に「少額からの積立・分散投資に適した制度への一本化を検討する」としていた。新制度もこの方針を踏まえ、現行制度より積み立てを重視したものになる。政府・与党は今後も、資産形成に最適な制度を模索する。

NISA投資、2階建てに 低リスク商品に20万円枠

おそらくですが、ジュニアNISAを廃止したのはこれが目的だと考えます。

つまり、将来的にはNISA制度に一本化するための布石だと考えられます。

日経新聞より

そう考えると先程の1段階が投資信託枠20年、2段階102万というのが納得できますね。

また、ジュニアNISA制度を廃止して、全年齢で新NISA利用可能だが18歳未満は引き出しができないというルールにする事も考えられます。

2023年終了まであと4年です。あくまで今回の記事は案ですから、今後変わる可能性もあります。

なんにせよ、非課税枠というのは一般ピーポーにとっては藁にもすがる思いで利用する制度です。

今後もNISAの行く末は、しっかりウォッチしていきましょう。

※関連記事です。

現行NISAの恒久化見送りについての記事です。私の悲しみと怒りの記事です(笑)見直しということで、今回のような枠組み変更はあると思っていましたが。

つみたてNISAは2037年までの年限を伸ばしました。ひとまずつみたてNISAとNISAの選択式という形は今後も維持されそうです。

※ランキングに参加しています、クリックしていただけると嬉しいです。(クリックするとランキングに飛びます)


ニュース
シェアする
仕事辞めたい男の投資ブログ

コメント