新型コロナウィルス感染症問題で、警戒強まり円高に

ニュース

新型コロナウィルス問題で円高、ドル高、NYダウは170ドル安

新型コロナウイルスの感染が最初に確認された中国湖北省で、新たに15人が死亡した。フランスでは2人の感染が確認され、欧州にもウイルスが拡大したことが明らかになった。米保健当局は感染の疑いがある60人以上をモニターしている。

新型ウイルス、中国湖北省で新たに15人死亡-フランスで2人感染

中国武漢市が発症源と言われているこの新型ウィルス問題は、中国周辺国を中心に感染を拡大させ続けています。

日本人もこの記事を書いている時点で2人の感染者が確認されており、現在その動向に要注目です。

このニュースを受けて、市場は警戒感を強めています。

24日のニューヨーク外国為替市場では、円が主要10通貨すべてに対して上昇。新型コロナウイルスの感染者が増えていることを巡り、不安が広がった。米10年債利回りは昨年11月以来の水準に低下。ドル指数は週間ベースで、過去5カ月余りで最長の連続上昇。

【NY外為】円が全面高、新型ウイルス感染拡大で逃避-ドルも上昇

ドル円レートでは、ここ数日で110.25円から109.25円とちょうど1円程度下落しています。

また、米ドルも安全通貨と考えられているためユーロ米ドルをみると、米ドル高であることが分かります。

NYダウも1月21日を境に下落しています。

2万9000ドルを超えて、こりゃー3万ドル射程圏内じゃ!という話しがちらほら出ていた所に下げが来てしまいましたね。

新型ウィルス拡大懸念はまだ始まったばかりというところですので、下落したから飛びつきというのは早計のようにも思えます。

中国では1200人が感染、内41人が死亡

中国の保健当局は新型のコロナウイルスによる肺炎の患者が、新たに444人増え1287人となったと発表し、患者の数は1000人を超えました。また、死亡した人の数も41人となりました。患者が確認されたのは中国のほぼ全土にわたる29の省や市などで、患者のうち症状の重い人は237人に上っているということです。

新型肺炎 中国の患者数1200人超 死者は41人に

致死率約3%という、死亡率が非常に高いウィルスで今後どうなるか注意です。

特にこれから中国は旧正月に入って迷惑なことに、海外に行く中国人旅行者が増えます。そのため、ウィルスが拡散されて更に自体が悪化する可能性もあります。

現在WHO(世界保健機関)は緊急事態宣言を見送りましたが、まだ様子見であるというだけで今後どの様になるかは不明です。

とはいえ騒ぎすぎじゃないかな、と。

もちろん人が死亡しているので、大変痛ましいといいますか、予断を許さないのですが。

投資家目線ですとネガティブニュースに過剰反応しているな、というのが個人的な印象です。

とか言いつつ更に大幅下落したら申し訳ないのですが、個人的にはドルや円はロングポジションで良いと思います。

経済指標で下がったとか、政治的不安が大きくなったとかなら分かるんですけども。

個人的には、あまり経済実態に影響しないように感じますね。

今後どうなるかはもちろん要注意なのですが、下げ幅は限定的で、またドル円110円を目指して上がっていくんじゃないかなぁと思います。

久しぶりに、FXでちょっと買ってみようかなと思います(といっても0.5lotとかそのレベルですが)。

それでは、皆さん体調に気をつけて……また次回お会いしましょう。

※ランキングに参加しています、クリックしていただけると嬉しいです。(クリックするとランキングに飛びます)


ニュース
シェアする
仕事辞めたい男の投資ブログ

コメント