市民に毎月5万4000円を配る社会実験の結果が面白い

雑記

米カルフォルニア州のとある市で行われた実験

「使用用途を制限せずに毎月5万4000円を生活に困窮する人々に与えたら何が起こるのか?」という実験が、アメリカ・カリフォルニア州のストックトンという街で行われています。「自由に使える現金を与えたら仕事をやめる人が生まれて経済が影響を受ける」という批判に対し、実験の結果、予想外のことが示されたとのことです。

市民に毎月5万4000円を配った米実験 経済に悪影響と批判も予想外の結果

実験対象は貧困層の人々、用途無制限で500ドルを毎月配布した場合に、どのような現象が起きるかという社会実験です。

毎月5万4000円というのは、また絶妙な金額でこのお金だけですべてを賄うのは相当難易度が高いです。

家賃100ドルとかそういう場所で初めて見通しが立つかもしれないレベルで、到底これだけで生活するのは無理と言っても過言ではありません。

しかし例えば毎月1,500ドルで生活していたのであれば、1,000ドル稼ぐだけで充分になりますから、貰った分だけ働かなくなりそうです。

私は同じ金額分だけ働かなくなります( ー`дー´)

しかし金額の調整が出来るのはアルバイトのような時給支払いの雇用形態の人だけですね。

得たものは時間

実際にプロジェクトをスタートしてみたところ、被験者が必要としたものは多岐多様に渡り、実験前から予測するのは不可能だったことがわかったとのこと。現金の支給によって食べものを購入する人もいれば引っ越す人もおり、心配が少なくなり、残業を減らすことができ、家族や友人と過ごす時間が増えたことが示されました。

(中略)

この余分な5万4000円によって人々が得た最も価値のあるものは「時間」であることがわかりました。

市民に毎月5万4000円を配った米実験 経済に悪影響と批判も予想外の結果

5万4000円を時間に変換するひとが多かったようです。

方法は多岐にわたるものの、転職準備をしたり、引っ越して通勤時間を減らしたり、残業を減らしたり、家族や友人と過ごす時間にお金を使ったり……。

副業をやめた人もいるそうです。

多くは私の推測と同じ様に、労働時間を減らして時間を増やす行動に出ていました。

逆に働かなくなる証明になってね?

このプロジェクトは「SEEDプロジェクト」と呼ばれているそうです。

「政府が現金を支給すると人々は働かなくなる」という意見はこれまでも見られるところでしたが、SEEDプロジェクトによって示された結果はこれとは真逆のものでした。例えば、被験者の一人であるトーマスという人物は金銭的な余裕ができたことで次のキャリアについて考える余裕ができ、子どもと過ごす時間を増やしながら、より支払いのいい仕事について調査し、準備し、申し込むことができたとのこと。現金支給を受けたことで「時間」が生まれ、初めて次のステップに進む余裕が生まれたわけです。

市民に毎月5万4000円を配った米実験 経済に悪影響と批判も予想外の結果

この記事の要旨は「政府が現金を支給すると(ベーシックインカム)人々は働かなくなる」というのは違くて、次のステップに進むための時間に換えるんだ、というものです。

しかしながら、冒頭で述べたとおり54,000円という金額が、それだけで生活を支えるのは困難であること、そしてこの毎月の支給が実験であり、将来に渡って確約されていないという点がこの実験では重要であると思います。

つまりこんなはした金では仕事を辞めるのには不十分で、ましていつ不支給になるか分からないお金を頼る気にはなれないから、一時的な時間に変換しているのですね。

それに政府が払った分だけ働かなくなっているのなら、社会的な総労働量は支給分だけ減っているわけで、結局「政府が現金を支給すると人々は働かなくなる」という意見の証明になってしまっているように感じます。

この実験の主催者は、おそらくそこまで見越して100ドルという絶妙にそれだけでは生活が出来ないお金を支給しているのだと思います。

労働をしなければ生きていけないけど、支給されたお金で更にお金を稼ぐステップアップに使える……そんな微妙なラインを見極める事が重要なのでしょう。

余談:54,000円が貧困層の収入の30%という何気ない文言

SEEDの対象となった家族にとって、月5万4000円の支給は、月収の30%の増加に相当します。

市民に毎月5万4000円を配った米実験 経済に悪影響と批判も予想外の結果

え、30%?😅

ちょっと待って下さい、つまりSEED対象者の月収は18万円?

これ日本の新卒の給料と同じくらいじゃないですか!手取りか総支給かで変わりますけど、なんてことだ、日本人総貧困!

というのは冗談で、カリフォルニアって家賃が結構高いんでしたよね。

サンフランシスコに勤める人のベッドタウンだったはずです。

社会保険、健康保険などが高額であることを考えれば、日本の初任給以下の生活水準であるといえますね。

人間は必要なお金があれば働かなくなるのです

この5万4000円という金額は絶妙な設定です。

仮にこれが1,000ドル(10万8000円)を永久に貰えるのであれば、日本であるという条件下ですが私は必ず仕事を辞めます。

事実この実験でも、貰ったお金分働かず、最終的に時間に換えているところを見れば、必要なお金を充分に貰えば当然働かなくなるのは推察できます。

人間はこの様に出来ているのです😊

世の中には、働いていない人をニートだの、バラサイトだの、無駄飯ぐらいだの、うんこ製造機だの散々な言い方をする人がいます。

でもこの実験を見た後ならこんな事は言えません。

なぜなら人間は、お金があれば働かないように出来ているから!(ニートが否定的に言われるのは、お金がなく親などに依存しているからですが。)

労働スパイラル、ラットレースに陥っている人にはお金で時間を買い、時間でお金を貰っているという現実をこの記事から把握してほしいですね!

「働いたら負け」というニート(24歳)の名言はこれら全てを見通していたのでしょう。

我々負け組労働者は、なんとか勝ち組になるべく労働に勤しみ、お金を貯めるしか無いのでしょう。

 

それではまた次回お会いしましょう。

※関連記事です

リタイアすると時間が余りすぎて暇という人がいます。信じられません、何もしないことに安寧を覚えましょう。

さっさと仕事をやめるために社内試験に合格し、収入を少し増やしました(実際に増えるのは2年後ですが)。一時的に奴隷度を増やしてでも、リタイアを達成するんだ!と強く念じています。

配当金で生活するにしても、資産として5000万円は必要になりそうです。できればあと10年で貯めたいのですが……厳しそうです。

※ランキングに参加しています、クリックしていただけると嬉しいです。(クリックするとランキングに飛びます)


雑記
シェアする
仕事辞めたい男の投資ブログ

コメント