大学いかなくても良いじゃないか~6年のフニーター経験者は語る~

雑記

もっとダメになろうよ、というクソみたいな記事です。

私は大学いかずフリーターでした(自称フニーター)

高校卒業当時、私は大学進学という周囲の95%が選択したルートを選ばず、1%にあたるフリーターになりました。

ちなみに残りの4%超は就職か、専門学校です。

あ、浪人生も居たので、彼らは私の仲間と言っても良いのではないでしょうか。翌年にはみんな大学へ行ったけど。

当時私は自分の事を”フニーター”と自称してました、他称でもそう呼ばれましたが。

フリーターとニートをかけ合わせたような言葉で、フリーターとニートの中間と思ってくれたら良いでしょう。

親と同居するパラサイト・シングルでかつフリーター、更に最低限しか稼がずニート志向が強い感じですね、手に負えないです。

気楽にバイトをして暮らし、ストレスフリーで自分の時間が多いので素晴らしく幸福でした。

この時の経験が、私を明確にアーリーリタイアへと駆り立てています。

ほとんどの人にとって、大学は就職予備校

私は大学に行く理由がなかったので、行かなかったです。

大学行けば就職できて、幸せな人生という大方の一般的な意見に同意しかねたからです。

数百万円を払い、そして普通に就職をするなら、大学行かずにその費用を払わないで就活した方がいいじゃないか、という考えでした。

あ、奨学金免除とか、特待生とかはなしでお願いします……そんな頭良くない……(ヽ´ω`)

結果色々面接で突っ込まれたものの、結局普通に就職できたので、大学に行く必要がなかったと自分の中では結論づけています。

高校卒業当時、親にそんな事ダイレクトに言えず、とりあえず今後の人生を考える期間ですとか適当なこと言って、浪人なんだかよくわからない存在になっていましたが。

結局、就職からも大学からも逃げただけなのですが、一応金銭的な視点から大学へ行きませんでした。

フニーターとして幸せに、ぬるく生きていきたかったのです。

就職予備校とすれば、そこに4年間と数百万を払う意味がありますか?と私は問いたいです。

意味があれば是非行きましょう、大半の人は無いと思っていますが。

とはいえ、プレッシャーに負けた

しかし、幸せだったとは言え、私は周囲の「仕事せーへんの?どうすんの?このままじゃお先真っ暗だよ?」という謎プレッシャーに負けました。

当時私は、「あれ、正社員にならんでも良くね?」と気づきかけていたものの、いずれ正規雇用にならなければ不幸、就職は避けられないというイメージが完全に先行していました。

かくして、私は就職をしたのでした。

バイトの面接と同じノリです。ダメならバイト生活に戻るだけです。

就活では大学に行かずにフニーターだった期間を、祖母の介護で就職する余裕がなかった、親族は片親で頼れる親族はほぼ居なかったとか言って凌いでいました。

何にせよ面接においては適当なこと言って凌いでましたね、大卒でないと面接結構面倒だな、と思いました。

相変わらず大卒新卒信仰強いですよね、まぁ私は大卒新卒以下ですけどね!

でも結局就職して普通にお金貰えてるし、大学行かないでよかったと思っています。

本当に大学行くことが必須ですか?奨学金という借金。

奨学金は借金と言うには、利子が非常に低いのがメリットです。

しかしお金を返さなければ最終的に裁判となり差押えを受けてしまうため、借金であることには変わりません。

裁判所には返済ができなかった人が、毎年何人も訴えられていますからね……。

もちろん大学へ行くことへのメリットがあります。

学部によって違いますが、人間関係や就職までのモラトリアム期間を得られます。大学が楽しかったという人も結構いるでしょう。

良い大学へ行けば、良い就職先に勤めることが出来るかもしれません。私は完全に集団生活嫌い人間だったし、お金の方が大事だったので止めました。

大学受験は辛そうだったし(笑)

また就職条件が大卒だったりして、就職先が高卒だと絞られてしまいますね。

人生はコスパでは測ることは出来ないけど、個人的にコスパよく生きたと思っています。

フニーター6年やってても、なんとかなる事を知ってしまったので、おそらく私が高校1年生に戻ったとしても、より一層勉強せずバイトに勤しみアマゾン株に投資しまくってますね。

読み書きそろばんは大切ですし、大学の専門的知識を就職後に活用する人も多くいますので、学校での勉強を全て否定するつもりはありません。

しかし、学校での知識を全く使わない会社も多いわけで、そういう会社が蔓延っているのが現状ですから、大学は意味がない人もいるのです。

そういう人には、私は声を大にして言いたいですね、「4年と数百万無駄にしてませんか?」と。

自己投資というのは大切ですが、果たしてどこまで価値があるのかを見極める必要がありますね。

それではまた次回お会いしましょう!

※関連記事です

コスパよく入社した結果、フニーター期間が長すぎたおかげで、こんなにお金貰っても意味がない、自由な時間が欲しいと思ってしまいました。フニーター期間が私の人生で、アーリーリタイアを意識付ける重要な時間だったように思います。

手取り14万円でホリエモンが「社会ではなく、あなたが終わっている」と冷たく突き放した記事がありました。結局大学行って借金しても低収入で終わる可能性はあります。稼げない会社へ入る事も考えれば、自分の能力を考慮して高卒就活というのも手ですよね。

※ランキングに参加しています、クリックしていただけると嬉しいです。(クリックするとランキングに飛びます)


雑記
シェアする
仕事辞めたい男の投資ブログ

コメント