作戦会議:10月の投資について

検討

株価は決算は好調ながら中国懸念とマイナスのニュースでまちまちに

米国株式市場は下落して終了した。企業決算はおおむね好調だったものの、中国の経済成長が鈍化したことに加え、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)<JNJ.N>とボーイング<BA.N>を巡るマイナスのニュースが出てきたことでリスク選好度が後退した。

ロイター通信

3Qが始まり、好調な内容な物が多かったのですが、中国の経済成長が予想よりも更に鈍化して、そしてJ&Jやボーイングのネガティブなニュースから、微妙に下げで終わりました。

いや、なんていうか本当に米国経済及び企業は強いですね……各指標は落ちていながらも、決算が好調だとなんとも方向感を失います。

個人的には落ちた銘柄を買うという逆張り(高配当化したところを狙う)戦略を採りたいのですが、このタイミングですと決算という”数字”が悪いわけで、難しいですね。

一方でブレグジット期限延期は承認されるという楽観ムードが漂っています。

ジョンソン首相がEUと取り決めた離脱協定案の採決を英議会下院が19日に見送ったことから、首相は同日、自らの意思に反し、離脱再延期の申請を余儀なくされ、来年1月31日までの延期をEUに正式に要請した。首相は延期を望まない政府の意向を同時に明確に示し、延期申請の書簡に署名しなかった。

英政府、「合意なき」EU離脱準備を加速-EUはさらなる延期容認か /Bloomberg

すでにボリス・ジョンソン首相は離脱延期要請法案に従い、署名なしの離脱延期要請書面を、認めるべきではないとする署名入りの意見書と共に送付しました、本当に延期したくないんですねワロス。

市場は方向感を失っているので、まずはEUがイギリスの離脱延期要請を認めるか否かで方向性が決まるでしょう。

合意なき離脱が起きれば当然EU、イギリスに経済的打撃は大きく与えることになるし、市場とは異なる状況ですので大きく株価を下げることが予想されます。

現在の私の保有米国株の状態

エクソンモービルとJ&Jが落ちてますね。

配当利回り的にはエクソンを買いたいのですが、現状セクターが偏りすぎているのが問題ですね。

特にたばこ、石油が多いです、財務が堅調で配当利回りが高いのがこの2つなのでやむを得ませんが。

ということで、①新たなセクター個別株に手を出すか、もしくはあえて②割安なのだから高配当銘柄に手を出すか③悩んだらETF④そもそも現金としてキープということが考えるポイントになります。

そもそも現在の投入金額は少ないのだからリスク(高配当)をとっても良い

レバレッジをかけるという話ではないのです(FXはやっていますが)。

高配当というのは、今後を憂いて株価が下がっているからこそ高配当なのです。リスク=高配当という意味になります。

現在私の米国株の保有資産は約150万円分です。

私にとっては虎の子のような金額ですが、それでも目指す金額を考えればたった”150万円”ぽっちと言えます。

例えばこれが1000万単位で運用するとなると話は変わります。

1000万円全てを個別銘柄全力投資なんてすべきでないですし、個別株にしてもセクターや財務状況などを意識して投資すべきです。

1億持っていて、そのうちの1000万円を1つの銘柄とかであればわかりますが。

現在VIX指数は15を下回っており、市場はかなりリスクオンムードですので、買いのタイミングではありません。

しかしVIX指数も長期的な売り買いの指数にはならず、あくまでスイングトレードまでの指標にしかならないです。

ホールド前提であれば、時間を武器にする以上早く買うほうが賢明だと言えます。

買い候補

【個別株買い候補】

・AT&T、ベライゾンの通信セクター

・決算が不調に終わったIBM

・配当利回り約5.1%になったエクソンモービル

・一時期より株価を下げ、利回りが7,5%のBTI

【ETF買い候補】

・SPYD

・VYM

という感じでしょうか。

個人的にAT&T、IBM、エクソンのどれかでしょうか、ETFは市場全体が方向感を失ってるだけで割安とは言えません。

当初から定期積立投資型と決めておりますので、毎月の給与の可処分所得から投資をしていきます。

よって買わないという選択肢はしません、市場や経済の先行きは読めないと割り切ります。

決算次第で株価が大きく下がった他の銘柄も含めて、今月も買い増しをしたいと思います。

  

それではまた次回お会いしましょう。

※関連記事です

9月の作戦会議です。今月と同じくリスクオンムードで株価が上がってがっくりしていました(笑)

ベライゾンとAT&Tの銘柄分析をした上で両社の比較です、個人的にはどっちも保有はアリだと考えています。

買い増し候補のエクソンモービルの銘柄分析記事です。分析したときより更に株価を下げましたが、その分利回りは上昇しています。私はエネルギーセクターは今こそ買いだと思っています。

ブリティッシュ・アメリカン・タバコはADR高配当銘柄で、現地課税がかからないのが魅力です。今現在30株(約10万円程度)しか保有していませんので、買い増ししたい銘柄の一つですね。

※ランキングに参加しています、クリックしていただけると嬉しいです。(クリックするとランキングに飛びます)


検討
シェアする
仕事辞めたい男の投資ブログ

コメント