三菱UFJ、不稼働口座に年間手数料1,200円を検討

ニュース

最大手が動いたことで、同業他社も追随か?

三菱UFJ銀行は2年間取引がない不稼働口座に管理手数料をかける検討に入った。新規開設する人が対象で、2020年10月にも年1200円の口座管理手数料を導入する計画だ。預金口座管理費の有料化は、金融サービスの大きな転換点となる。背景にあるのは銀行の収益力低下で、最大手が動くことで他の大手行も追随する可能性がある。

不稼働口座に手数料、三菱UFJ銀検討 年1200円

以前から日本の金利がマイナス域に入ったことで金利で稼ぎづらくなり、銀行が口座維持手数料を導入するという話はありました。

こういう時は、お決まりの段階的な導入ですね、分かります。

ひとまずは2年感稼働してない口座に手数料をかけるようです。

しかしながら、記事を読むと”新規開設する人”が対象であることから、直ちに三菱UFJ銀行に口座を持つ人全てが対象にはならないようです。

正直これも、徐々に拡大して最終的には全てのユーザーに対して適用すると思います。

多くなる口座数に対処をし、維持費を削減することが目的であるのなら2020年10月以降のユーザーに限定するのは効率的ではありません。

あくまで目的は金利低下による利益低下を補うことであることは明らかですから、一度こうやって手数料無料から限定的に有料にすれば、その後はどんどん対象を拡大するでしょう。

既にりそな等では導入済み

りそな銀行のページでは以下のように説明されています。

普通預金口座の未利用口座管理手数料について

先立って連絡(おそらく郵送でしょう)し、3ヶ月以内に取引がなければ手数料引き落とし開始という流れです。

国内第4位の規模である、りそな銀行では15年前から導入しています。

同業も追随というよりかは、体力の少ない銀行から音を上げているような印象を受けます。

個人的にはATM引き出し手数料を取って、口座維持手数料を取ってと銀行にお金なんて預けるもんか!!!と床に何か叩きつけたくなる感じですね。

マイナス金利の負担は、国民に転嫁されている

マイナス金利は、市場にお金を供給させて投資を増やし景気を刺激させることが目的です。

なのに消費税は増税され、さらに国民の銀行口座にあずけているお金から貯金残高が減少するような事になれば、まさに経済は悪化の一途です。

海外では口座維持手数料が取られているという話も聞きます。

しかし外国のスタンダードに日本が合わせなければならない理由にはならないというか、その国の人口構造、金融構造、政治的政策によってまったく違うのでなんとも言えないですよね。

何にせよ金利で稼げなくなった分の負担は、銀行から国民へと負担が転嫁されそうなのが現状です。

我々としてはそこからなんとか逃げなくてはなりません。

そのためにはお金をネットバンキングに移したり、資産を別の形で保有(株、債券など)という対策が考えられます。

投資しようぜ!という毎回同じ結論になって申し訳ないのですが、お金を貯めるというステージの次は、投資をするというステージなのではないでしょうか。

銀行にお金を預けるだけで資産が目減りするのなら、我々も対策をしなければならないでしょう。

それではまた次回お会いしましょう。

※関連記事です。

マイナス金利を導入しても銀行は儲かるという主張に反論した記事です。銀行は利子で稼ぐ、それ以外は手数料か運用か、という事です。イールドカーブのスティープ化を達成できると考えないほうが賢明です。

マイナス金利で最終的に、マイナスになるのは国民の貯金という現実です。マイナス金利を導入した日本は、未だにその出口戦略が見えてきません。

※ランキングに参加しています、クリックしていただけると嬉しいです。(クリックするとランキングに飛びます)


ニュース
シェアする
仕事辞めたい男の投資ブログ

コメント