マネックス、楽天、SBIの三社とも最低手数料ほぼゼロに!

雑記

マネックス、楽天は0.01ドル(1セント~)、SBIは0から。

SBI証券のHPの比較表が以下の通り。

 SBI証券楽天証券マネックス証券
最低取引手数料
(税抜き)
0 ドル0.01ドル0.01ドル
取引手数料
(税抜き)
約定代金の0.45 %約定代金の0.45 %約定代金の0.45 %
上限取引手数料
(税抜き)
20 ドル20 ドル20 ドル

上記表は三者とも7月22日(現地日)から適用がされます。

SBI証券は7月22日(現地約定分)ですので、おそらくシステム変更等の関係で少し遅れ気味での適用でしょう。

マネックス証券は0.1ドルだったのを、楽天証券にあわせて0.01ドルに7月22日以降変更、楽天証券も本件手数料値下げは7月22日以降の適用となります。

ただ、今回の手数料値下げに関しては、マネックス証券が一番最初に動いています。

通常このように横並びになっている場合、各社下げなければ永遠にこのままだったところ、きっちり手数料値下げによるサービス改善を最初にやったマネックス証券への高感度は個人的にですが上昇中です。

SBIが最低手数料0ドル(実質的にどんなに安くても0.45%の手数料、上限は20ドル固定)としておりますが、もう他の1セントとは大差無いでしょう。

最低手数料が5ドルだと手数料負けしないのが1112ドル(約12万円)と結構高額なんですよね。

特に給与から定期的に支出をしようとしている私のような人間は12万円を月々というのはかなり厳しかったです(てか無理)。

もちろん手数料上得をするのは4445ドル(約49万円)からなのは変動ありませんが、正直毎月こんなに投資できませんし、かと言って約50万円が貯まったら投資をしていたら複利効果がほんの少しですが弱くなると思います。

今回の最低手数料一斉値下げは、毎月の定期投資する上で助かる!

月々3万円からの投資とかでも参入出来るのはすごく助かります。米国株は1株単位からの取引ができますので、例えば毎月マイクロソフトを3株ずつ買うとかも出来るわけですね(この場合キャピタル狙いになるのかな。)。

 

日本株は1単位100株で、非常に投資がしにくいと思います。

その点米国株は最初こそ外国の会社への投資なんてよくわからない、って感じで手を出しにくいと思いますが実体は真逆です、米国株こそ手を出しやすい、始めやすいです。

まぁ、あと私もよく分かってないし!

……こほん。

ただ、最近米国株投資が一般にも浸透し始めています。

こういう流行りとかにおいて、一般に言われるようになると若干不安になる節があります(仮想通貨とかそんな感じでしたよね)。

 

とにかく金融庁から始まった年金問題などを踏まえても、投資という流れは必ず若年層を始めとして一般に広く浸透すると考えられます。

そのなかで米国株投資という選択肢の一つの門戸が広くなったのは大変素晴らしいことだと思います。

各証券会社様方は身銭を切って結局得をしない結果になったやもしれませんが、利用者増には貢献したように思えます。

それではまた次回お会いしましょう。

コメント