マジで働いたら負けの未来が直ぐそこまで来てるじゃないのよ

ニュース

増税

政府税制調査会(首相の諮問機関)は5日、ウェブ会議方式で総会を開催した。会合では新型コロナウイルス対応で財政悪化が一層深刻となっていることを懸念し、「消費税増税を中核に据えた、骨太の議論が必要ではないか」といった意見が出た。

 総会を開くのは今年1月以来。出席委員からは「次世代の負担を増やさないため、どういう税収確保が望ましいか議論する必要がある」などの指摘が相次いだ。

「消費増税中核に」 政府税調、財政悪化を懸念

もうさ、MMT理論でお金刷りまくったほうが良いんじゃねーのという気持ちになってしまう。

コロナで特別定額給付金の10万円が全国民に支払われるなど、過去に類を見ない財政出動の支援策を行い、当然財政悪化になると。

そして増税と。

記事では消費税増税を中核としているのですが、いわゆる安定税収が必要になります。

安定した税収としては、消費税以外に所得にかかる所得税が挙げられます。

……法人税とかもあると思うんですが、傾向としては難しいかな。

松井秀之 - 消費税の正体 - Powered by LINE

消費税の優秀なところは、その税負担の公平さと簡易に徴収できる点ですね。

現在政府が増税を検討するとまっさきに消費税が浮上するのはその点です。

海外でも取り入れる事が検討されている富裕税なんかは、資産評価が非常に困難(土地評価や逐次変動する金融商品など)という点で労力に税収額が見合わないなんて言われてます。

アメリカとかだと超富裕層が多く、富裕税を取り入れるメリットがあるんですよね。

経済成長は消費とともにあります、GDPに占める割合の大半が消費な時点で明らかな事実です。

インフレというのは、収入と消費意欲、物価の三点が上昇することが求められるのに、消費意欲を削ぐような増税をするだなんて……(ヽ´ω`)

あくまで検討段階ということですが、消費税が今後も上がるのは既定路線な気がします。

私が死ぬまでに消費税30%とか全然あるんじゃないかな。

また、今までの増税の流れからして、高所得者に対する負担増も流れとしてあるでしょう。

サラリーマン増税(給与所得控除減額、基礎控除増額)とかもそうですよね。

所得が多い人にほど負担を増やす。

はたらけど
はたらけど猶わが生活楽にならざり
ぢっと手を見る

おっと、私の中の石川啄木が出てきてしまいましたよ。

明治の人の暮らしの嘆きが、まさか令和の現代でも繰り返されるとは当時の人も思いもしなかったでしょう。

悲しいなぁ……。

国民年金と厚生年金統合案

年金改正法案は具体的には、【1】パートなど短時間労働者の厚生年金の適用拡大、【2】在職老齢年金の支給停止基準の緩和、【3】年金繰り下げの年齢上限を75歳に引き上げ──の3つの柱が盛り込まれている。

 この年金制度改正の先には、サラリーマンにとってもっと厳しい改革が待ち受けている。国民年金と厚生年金の積立金の統合だ。

 パートや自営業者が加入する国民年金はサラリーマンの厚生年金より財政状況が厳しく、積立金も極めて少ない。厚生年金の積立金が約158兆円に対して、国民年金の積立金は約9兆円(2018年度末)しかなかった。そこにコロナ危機と株価大暴落が追い打ちをかけた。

年金改正の先に国民年金と厚生年金統合案 サラリーマンの年金減額必至

公務員の共済年金が無くなって久しいですが、今度は国民年金と厚生年金が統合されるという案が出てきています。

国民年金は積立金が少なく、将来支払いが難しそうだということで、厚生年金から支払い額をちょっと拝借……と。

本来であれば国民年金の支払い額を減らす、支払時期を遅らせることで対応するべき事案です。つまり、国民年金の人に対して負担を転嫁すべき。

しかし国民年金に入っている人という時点で収入や事業形態がお察しな人も多く、そういう事をすると国保頼りの人が生活保護にシフトしてしまい、結果税負担が大きくなるという懸念があります。

したがって、それを避けるために働いている人が納める厚生年金を財源として制度維持をしようというものになります。

無職後の自分は国民年金に入るつもりですので、当然統合案には賛成になります。メリットしか無い。

年金についてはあまり頼らなくても生きていけるように、アーリーリタイア後も生活は切り詰めて生きていくつもりですが、メリットがある制度であれば賛成。

 

増税にしろ、年金にしろ、安定・簡易・公正という点からどうしても働いている人、高消費な人にその負担が大きく課せられてしまいます。

そしたら、仕事辞めて家でダラダラ低コスト生活している社会のお荷物こと、無職、ニートが最強になってしまうじゃないですか。

仕事をせず、低ストレスでただ社会の福利厚生を貪るだけの無駄な存在。

大して消費すらせず経済に貢献しない為に、消費税の増税負担も少ない。それに対して課税する手段が一つもないときた。

働いたら負けかなと思ってる - インターネットスラングまとめ Wiki*

働いたら負けなんだ。

今の自分は、労働を対価にしか生きていけない負け組なんだ。

この負の感情、ヒエラルキーの中でも低い位置にいるということをしっかり認識し、一刻も早いアーリーリタイアを目指したいと思います。

 

それではまた次回お会いしましょう。

 

※関連記事です

給与や消費ばかりに税負担をかけるのは、もはや既定路線。働いたら負けなんだ。

働くことが悪いとは思いません。しかしそれは集中投資に近く、労働資本でお金を得るだけしか収入を知らない人はそれだけで体という資本が毀損したときに、またたく間に収入を得られなくなってしまいます。

※ランキングに参加しています、クリックしていただけると嬉しいです。(クリックするとランキングに飛びます)


ニュース
シェアする
仕事辞めたい男の投資ブログ

コメント