トランプ大統領の原油減産ツイートで原油価格暴騰も、ロシアサウジ共に否定

ニュース

日量1000万バレルの減産(希望)

原因のツイート

トランプ米大統領は、原油相場の急落を招いた市場シェア争いに終止符を打ち、世界で日量1000万バレルの原油減産を実現しようと働き掛けている。

  トランプ大統領は2日、サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子と会談したとした上で、サウジとロシアが原油生産を約1000万バレル削減すると見込んでいるとツイッターに投稿、米原油先物相場はこれに反応して急伸した。

トランプ大統領、世界で日量1000万バレルの原油減産目指す

トランプ大統領のツイートを受けて原油相場は高騰しました。

記事だと見込んでいるって書いてありますけど、どちらかと言えば「期待・希望」というトランプの一方的な発言であることが読み取れます。

その後に案の定サウジ・ロシア両国と全く合意出来ていない事が記事になりました。

ロシア大統領府のペスコフ報道官は、プーチン大統領はサウジ皇太子と話しておらず、サウジとの間で減産合意していないことを確認した。

  一連のやり取りに詳しいOPECプラスの関係者は匿名を条件に、サウジとロシアは減産幅はもちろん、減産を行うかどうかについてもまだ合意しておらず、合意案がまとまるためには他の全ての主要産油国が減産で合意することが必要だろうと述べた。

トランプ大統領、世界で日量1000万バレルの原油減産目指す

なにこれ草。

真っ向から否定されていますね。

しかし、これは実際にこれから行動するよ!という大々的なアピールとみることができます。

米中貿易摩擦でも、何度かアピールをした後実際その通りになったり(ならなかったり)しており、結果はどうなるにしろ、ある程度見通しが立ったからこそ、このようなツイートが出たのでしょう。

個人的にはこのツイートの通り、減産されるのではないかなと思っています。

というか、誰も得しない状況なので、嫌でも協調減産になると思います。

その後、日量1000万バレルの減産をOPECプラスが検討していることが明らかになると、原油価格は再び上昇、現在1バレル26ドルとなりました。

石油輸出国機構(OPEC)関係筋によると、OPEC加盟国とロシアなど非加盟産油国による「OPECプラス」が、日量1000万バレルの減産について協議を行っている。

ただその関係筋は、これ以上の減産にはOPECプラス以外の協力が必要だと付け加えた。

OPECプラス、日量1000万バレルの減産に向け協議中=関係筋

やはり20ドル割れは安すぎる感じですね、協調減産を示唆するだけで大きく跳ね上がりました。

エネルギーセクター買いたい病発動しそう

原油価格及び、原油株はかなり悲観的な売られすぎ状態であることから、仮にこの後ネガティブニュースが流れたとしても、コロナ相場での最安値を更新するのはなかなか無いかもしれません。

ここでコロナ相場における石油スーパーメジャー4社の株価を見てみましょう。

エクソンモービルは32ドルが最安値

ロイヤル・ダッチ・シェルはまさかの19ドル台

シェブロンは53ドル

BPは15ドル

今の価格ですら相当割安なのですが、再びこの最安値を更新するか?というと……うーん。

配当利回り的には完全に手を出したい水準をずーっと動いています。

うう、手を出したい……どうしましょう。

原油安に耐えかねてシェールオイル企業倒産

経営破綻したのはシェールオイルの開発や生産を手がける「ホワイティング・ペトロリアム」で、1日、日本の民事再生法にあたる連邦破産法第11条の適用を裁判所に申し立てました。

新型コロナウイルスの感染拡大による需要の減少に加え、OPEC=石油輸出国機構とロシアなどによる協調減産が打ち切られたことで、ニューヨーク市場の原油の先物価格は一時、18年ぶりに1バレル=20ドルを割り込むなど急落しています。

これに対して南部テキサス州を中心にしたアメリカのシェールオイル業界は1バレル=50ドル前後が採算ラインとも言われ、今回の原油価格の急落を受けた経営破たんはこれが初めてと見られます。

米 シェールオイル企業が初の破綻 原油価格の急落で

新型コロナウイルスの対応で死ぬほど忙しいはずですが、トランプ大統領としてはシェール企業の倒産は見過ごせないでしょう。

紆余曲折はあると思いますが、原油価格が安定するように動くはずです。

シェール企業が倒産ラッシュに至れば、結局原油価格は上昇するでしょうし、それを防ぎたければ減産して原油価格は上昇するでしょう。

……というポジショントークでした。

現在配当利回りは、XOMが8.6%、RDS.Bが10.2%です。

XOMなら利回り7.8%のSPYDを買うかな、というところです。強いて言えばXOMは連続増配37年なのでこの配当維持という力強さはETFにない点ですね。

コロナ相場はかなり混沌を極めていますが、配当利回りが光るこの瞬間は、たまらなく飛びつきたいですね。

狼狽書いに走らないように、冷静に積み立てていきたいと思います。

  

それではまた次回お会いしましょう。

※ランキングに参加しています、クリックしていただけると嬉しいです。(クリックするとランキングに飛びます)


ニュース
シェアする
仕事辞めたい男の投資ブログ

コメント