トランプ大統領が再選出来ないと株価危ないね

ニュース

窮地に立たされているトランプ大統領

[ニューヨーク 17日 ロイター] – ロイター/イプソスが米登録有権者を対象に実施した世論調査によると、大統領選挙でのバイデン民主党候補への支持が共和党のトランプ大統領を13ポイント上回り、今年の調査で最大の開きとなった。

48%がバイデン候補を支持した一方、トランプ大統領は35%となった。

CNNによる調査でもバイデン候補への支持が14ポイント上回っている。

米世論調査、バイデン支持がトランプ大統領を13ポイント上回る

コロナ以降、トランプ大統領の再選に暗雲が立ち込めてきました。

要素としてはコロナの対応もありますが、なにより米国でのデモ活動への対応のまずさも相まってトランプ大統領の支持率が落ちてきています。

ボジョン・ボルトン前大統領補佐官の暴露本では、トランプ大統領が中国に自己の再選を支援する動き始め、トランプ大統領は再選することしか考えておらず米国の大統領にふさわしくない人物であるという旨の主張があったことも一応影響しているのでしょうか。

なおこの調査は民主党支持は2047人、共和党支持は1593人だったようですので、民主党支持派が多い中での回答であったことは前提として置くべきでしょう。

しかしながら、ロイターだけではなく、CNNやABCテレビなど多くのメディアの調査でトランプ大統領の支持率が不利となっている情報が入っていますから、現時点ではトランプ再選に暗雲が立ち込めているというのは間違いないでしょうね。

個人的にトランプ大統領は株高を意識する大統領なんで良い大統領です(笑)

民主党の候補者の中では一応比較的マシ(中庸派)なバイデン候補ですが、親中派ということで、実際の大統領選挙ではうーん、という感じ。

コロナ以降、国民皆保険はやはり必要ではないかという論調も生まれているでしょうし、コロナ禍及び人権デモ激化では米国の潮流は民主党の主張の方が耳障りは良いよね。

コロナ第二波の可能性も高まってきていますし、一応民主党政権の可能性は十分にありえるという考えで動いたほうが良いかもしれませんね。

市場はトランプ落選を織り込んでいないのでは?

11月の米選挙でバイデン前副大統領が大統領に選ばれ、民主党が上院過半数を奪還、下院の過半数も維持するという「民主党圧勝」が実現し、結果的に増税や新たな金融規制がもたらされる可能性を、市場はまだ十分に織り込んでいない-。レイモンド・ジェームズがこう指摘した。

トランプ氏敗北の確率、市場は十分織り込んでいない-レイモンドJ

トランプ大統領は、ザ・アメリカン・プレジデントって感じがしますが、一方で強引さが目立ち反感を買うことも多く、味方も敵も多くなりやすい人です。

民主党政権が実現すれば、増税(特に富裕層、巨大企業)・金融規制・環境健康に関する企業への規制等々が見込まれるため、歴史的には民主党政権自体は市場に対してネガティブです。

一方で記事によると、コロナ禍で失業者が増え経済不振となったために財政支援がなされるために、株価が上がる可能性もあるとのこと。

まぁ分かりませんよね😩

個人的には大統領選挙でバイデン氏有利となった瞬間、一度下がると思います。そこから下がるかは就任後のバイデン氏始め民主党の動き次第でしょうね。

個人的に長期的にはちょっと株価危ないかなと思っています。

民主党なら普通に企業分割、規制とか富裕層への課税とかバリバリやりそうなんで。

コロナ禍において大きく財政出動をしたため、金を取れる所から取るという動きは世界的にやむを得ない所かなと思います。

なんか2009年に日本でも民主党政権になりましたが、今アメリカでも同じ感じで「トランプが嫌いだから民主党へ!」って動きで投票してそうな気がしてならない(;´∀`)

まぁどの国民もマニフェストで選ばず印象で選んでるのは変わらないかもしれませんね。

 

それではまた次回お会いしましょう。

 

※関連記事です

二番底が来るかは分かりませんが、キーポイントは米中関係、Q2及びQ3決算、そして11月の大統領選挙です。

※ランキングに参加しています、クリックしていただけると嬉しいです。(クリックするとランキングに飛びます)


ニュース
シェアする
仕事辞めたい男の投資ブログ

コメント