クリスマスプレゼントの平均予算は約8500円らしい。

ニュース

楽天インサイトの調査

幼少期よりシングルマザーの貧困母子家庭に育った私は、クリスマスプレゼントなんてほぼ無縁でしたが、世はクリスマスというイベントに何やら物品を贈り合うようです。

個人的には誕生日もクリスマスも物を貰った記憶ほぼ無いため、なんでそんな出費をするのかと疑問で仕方がありませんが、皆さんどれくらいの金額の物を贈り合うのでしょうか。

ほぼ大半が恋人もしくは家族という結果になりました。

全体平均は8,541円です。

これ面白いのが恋人>親>子供・孫の順番なんですね。

まるで獲物を逃したくないという気持ちが金額に現れていそうだなと思いました。もちろんパートナーには配偶者を含みますが、恋人であれば婚姻関係前ですからね。奮発もしちゃうのでしょう。

親へは大体1万円が無理なく、安すぎもなくという感じですね。親にプレゼントするという人は大半が社会人でそれなりに収入がありますからね。

子供へのプレゼント金額が低いのは、教育的な側面がありそうですね。高価なモノを送ってしまうと金銭感覚狂いますからね。

自分自身が14人いるのがちょっと悲しい……そして自分>親なのが更に悲しい……。

みんなアクセサリーや食品がほしいみたい

何でもいいというのが上位なのは、嘘ですね。本当は基準があるんだからそれを言えよと。

とはいえ建前としても心があればという嘘を調査の回答でもするのは面白いですね。

さて、相手にもよりますが、基本的にはアクセサリーや食品が上位に上がっています。こればかりは立場というのが多いに関係してそうですね。

食品というのは、例えば旅行に行ってきました!とかでなにかお菓子を貰ったりしますがそういう軽度なプレゼントを期待している、そういう関係というのもありそうです。

人間関係にお金をそこまで出したくない自分にとってはなんだかなぁという感じです。

プレゼント想定額に男女差4000円の開き

平均が男女で大きく差が出ています。

これは男性の方が見栄を張るというのと同時に、クリスマスをヤリスマスにしたいという思いがありそうですね。

……すみません、少し下品でした。

しかしこう見ると年齢が上昇するに連れて平均金額は上昇する傾向にありますね。やはり資金的余力が気持ちに余裕を生じさせるのでしょう。

日本において世の女性への固定概念(家事育児等は女性)を叫ばれて久しいですが、男性への固定概念(お金、労働は男)というのもなんだか抜けきっていない気がします。

これはあくまで自主申告ですから、男性が自主的に使おうとしているので固定概念とは違うかもしれませんが、男なんだから出さなきゃというのは何となく感じ取れます。

上記下心もありそうですけど。

ちなみに男女別相手に贈りたいものでは男性がアクセサリー、女性は衣類でした。定番かもしれませんね。

今年のクリスマスに贈りたいプレゼント/「パートナー(配偶者・恋人など)」
クリスマスに関する調査 /Rakuten Insight

万が一、億が一もないが、私であれば外食でしょうか。

幼少期の経験から、どうしても物品をお金をだして送るという関係にピンときません。

そんな私が仮にクリスマスプレゼントとして出費をするなら多少高級な飲食店に連れていく事かなぁと見て思いましたが、結局自分も1万円前後になってしまいそうだな、と自戒。

おそらく子供の頃、親からちゃんと誕生日やクリスマスみたいな節目を祝われると、自分もしないと!嬉しかったから!という博愛的な人間になれるんでしょうね。

貧困層だった私が人にプレゼントなんて全然しないのは仕方ないですねぇ(ニヤニヤ)と、嫌な顔して笑ってしまいそうです。

もっと笑えるのが可処分所得を全て投資に回している私は、当時幼少期貧困だったときよりはるかに貧困層な支出しかしてないことですね。

でも当時より全然幸せというか、当時も別段不幸だとは思って無くて、無いなら無いなりに幸せになる方法ってあるんですよ。灼熱の砂漠の中の日陰のような場所というか。

資産残高の増加は確実に精神的余裕を持たせますし、更に支出が下がれば収入が止まっても大丈夫という安心感があります。コスパよく凌げるといいますか。

例年ですが、クリぼっちでコスパよく過ごして精神的余裕を更に増やしていこうと思います!

結婚願望や恋人が居ないという焦りがある人は……強く生きましょう、大丈夫私のようなマインドで、「クリスマスをコスパ良く過ごしちゃったわ~」と自己満足に浸るのです!

それではまた次回お会いしましょう!

※関連記事です

自己紹介記事です。幼少期は貧困地域に住んでいました、ほぼみんな団地少年少女。中流家庭が富裕層に見えました。両親が居て、子供の教育にお金をかけて塾に行かせて、適度にプレゼントや旅行にいくのって素晴らしく上位層ですよね。

貧困には貧困の理由があると思います。やむを得ない理由というのもありますけども、それでも大半は金銭感覚の問題です。

※ランキングに参加しています、クリックしていただけると嬉しいです。(クリックするとランキングに飛びます)


ニュース
シェアする
仕事辞めたい男の投資ブログ

コメント