【悲報】もう正社員という立場は何も価値がないのかもしれない【収入減】

ニュース

同一賃金という是正という名の正社員給与引き下げ

事実上の人員整理で、正社員だった人が仕事の内容や責任が変わらないまま非正規に移行されられたケースや、正社員の採用をストップし、同じ仕事を非正規で募集するケースが増えている。このような場合、同じオフィス内で正社員と非正規社員が全く同じ仕事をしているにもかかわらず、待遇に圧倒的な差がつくことになる。

 同一労働同一賃金が導入されれば、こうした待遇格差は違法となるので、企業はこれを是正する措置の実施に迫られる。両者の格差を是正する方法は、非正規社員の賃金を上げるか、正社員の賃金を下げるしか方法はなく、現実にはその両方が実施されるだろう

2020年「正社員の年収激減」の恐怖 賃下げの意外なターゲットとは

非正規社員とは様々な雇用形態を総合して表現しますが、アルバイト、派遣社員、契約社員(有期契約)、臨時社員などがあります。

アルバイトだったら、正社員より短い時間で時給支給、派遣であれば派遣会社から派遣先に仕事をしに行く、契約社員、臨時社員だったら労働期間が決まっている、など。

我社でも明らかに仕事が出来るという契約社員が正社員の人より働いて、手当や給料がショボいなんてことザラにあります。

それでも一般的な会社と比べればかなり待遇は良いし(元々同一に近い)、契約期間が終了したら退職金も少しながら出ます。

我社の契約社員は基本的に育児休業等長期間休暇の補填で働いているので、何処かの部署で確実に毎年補填の必要性が生じているので、本人が希望すればほぼ無期限に働けるんですが。

各種手当なども考えれば大きな格差です。

正社員は安泰、給料も非正規より高いというのが今までの常識でした。

純粋な時給換算であれば非正規の方が上でも、福利厚生や諸手当を考えると正規雇用の方が上だし、しかも正規社員には昇給昇格というのが待っているからですね。

私の家計簿記事には給与収入が記載されていますが、ぶっちゃけ手取りで考えればバイトでも全然達成できる収入です。それでも諸手当に加え今後昇給昇格が控え、更にボーナスがあるわけですから全然違いますよね。

賃下げといっても、基本給を減らすわけにはいかないので、最初のターゲットとなるのは各種手当てだろう。正社員には、さまざまな手当が支給されており、基本給ではなく手当てによって相応の年収が確保されているというのが現実である。

 手当には、役職手当、住宅手当、地域手当、通勤手当などさまざまなものがあるが、時代や環境の変化で必ずしも必要なくなっているものもある。20年4月以降は、こうした手当が見直しの対象となるだろう。手当によって年収が確保されていた人は、これが削減されてしまうと大幅な年収ダウンとなってしまう

2020年「正社員の年収激減」の恐怖 賃下げの意外なターゲットとは

よくありますよね―、基本給を上げずに各種手当で実質的に手取りを上げる方法。

基本給は下げるわけに行かないため、多くの企業で行われている悪しき慣行です。

ボーナスも基本給換算で行われるから基本給が低ければボーナスも少ないですしね。

日本の給料が少ない理由がここにある感じです、リーマン・ショック後企業の収益は上昇しているのに内部留保をするだけで日本人の平均給与は全く上昇していません。

リーマンショックのあと、いわゆる就職氷河期の再来だった2010年頃が底になって日本の家計月収推移は今現在回復傾向にあります。

しかしながら、実際の利益余剰金は常に右肩上がりであり、まるで給与に反映されていないことが分かります。

ゆえに最近は最低時給を上げ続けていますが、まるで最低時給が普通でしょ?と言わんばかりに最低時給のアルバイトが多すぎて残念ですね。

株主にとっては内部留保が多ければそれだけ倒産の可能性が少ないという点でメリットがありますが、労働者からすれば冗談ではないし、結局給与少なければ経済循環が悪くなるのは間違いないですからね。

同一賃金同一労働でも、企業が選びうる選択肢としては人件費の維持、微増に留めることです。

そうなれば、各種手当は非正規の基準に近づけつつ非正規の基本給を上げる形になるでしょう。

もはや正社員としてのメリットが一体何処にあるんでしょう、昇給、昇格でしょうか?ボーナスですら怪しいと言うのに。

JTBの調査によれば、現在日本の労働者の中でのボーナス支給は4割程度と言われています。

ボーナスと旅行に関する調査 /JTB

多くはボーナスもなく、昇給も基本給を上げない所が多いです。昇格して中間管理職として残業代が出ない状態での部下の残業をへらす働き方改革(笑)の犠牲になるのであれば、もはや正社員って一体何?という感じです。

投資で内部留保ゲットだぜ!

サ○シ「内部留保、ゲットだぜ!」

アーリーリタイアを目指す理由がまた一つ増えてしまいましたが、リタイアを目指さずとも投資をする理由にはなるのではないでしょうか。

今現在正社員としてラットレースをするのはあまりにも日本では上昇可能性がありません。

死なない程度の手取り15万くらいが永久に支払われ続けるという無限地獄の労働者が多く居るというのが現状です。もちろん就職に努力をしなかったツケと言えば、そういう一面もあるかもしれませんが。

企業が内部留保を溜めるのであれば、我々は配当金で内部留保をかすめ取るしかありません。

また利益が上がるということは、株価が上昇する傾向にあるわけですから、株の売却益を狙うのもいいでしょう。

「まだ労働だけで生活してんのwww」という時代が来ます、間違いなく来ます。

国政で日本人に投資を広めることを狙っているのは間違いありません、特に今現在の金融庁は確実に投資を広めることに心血を注いでいます。NISA制度のドタバタはちょっと不安ですが。

毎度同じ結論で申し訳ないのですが、同一労働同一賃金は、確実に国民を総貧困化に近づけています。

労働者はそもそも資本主義では労働という資本を対価にお金を貰っているのですから、お金を集めるには効率が悪いのです。

労働からお金をもらい、そのお金で資本を作り上げましょう!

そして正社員にこだわらない、自分の人生、生活を優先した真の働き方改革を自分の手で達成しましょう!

それではまた次回お会いしましょう。

※関連記事です。

労働者が労働を資本にお金を得るのはラットレースと言われ、永遠に自分を消耗するだけです。我々にとって、労働以外の資本を作り上げることが資本主義での戦い方です。

以前Twitterでは手取り15万円がトレンド入りしました。この数字は新卒社員の手取りに近いのですが非正規などを含めれば平均はこのくらいの数字になるでしょう。このくらいの条件で社員を募集している会社のなんと多いことか。

現役世代で全然お金をもらえず、将来的には年金制度は崩壊すると言われています。崩壊はせずとも払い損になるのは間違いないですね。会社の内部留保だけでなく、定年後のライフプランの為にも資産を増やす必要がありそうです。

※ランキングに参加しています、クリックしていただけると嬉しいです。(クリックするとランキングに飛びます)


ニュース
シェアする
仕事辞めたい男の投資ブログ

コメント