いつ死ぬか分からないから浪費するんじゃなくて、生きてしまうリスクを考えようよ

雑記

今振り返る老後2000万円問題

老後に必要な蓄えは、年金以外にどのくらい必要なのか。昨年、国民的議論を巻き起こした「2000万円問題」について、ちまたの高齢者に聞くと、「老後に2000万円なんて要らないよ」と、騒ぎをいぶかる声もある。年を取ると「欲望」が失せ、お金を使う必要がなくなるからだという。

本当に老後に2000万円必要なのか

記事によると、2000万円問題で騒いでいたのはこれから定年に向かいつつ、まだ消費欲求がある40代50代の人たちで、実際の高齢者はそこまで使わないという冷めた見方をしている人も居るということでした。

2000万円問題とは、そもそも金融庁の報告書が問題の発端になりました。

短絡的に年金制度崩壊と叫ぶ人もいましたが、この報告書の論点は以下のとおりです。

  • 65歳以上の無職夫婦世帯を対象に調査
  • 平均して5.4万円を貯金から切り崩して年金と併せて生活している
  • そのため、平均寿命まで生きるのであれば、毎月5万円を使えば2000万円貯蓄しているべき
  • 方法としては、今のうちに資産形成を!

という至極もっともな結論でしたが、この報告書を部分的に切り取って制度批判したのがそもそも金融リテラシーのなさを感じさせます。

そもそも”平均して”というところがミソで、当然貯金が無い人は年金だけでの生活を余儀なくされるし、資産がめちゃくちゃある人にとっては余裕で10万、20万と生活費を上げています。

結局、人は自分の資産に合わせた支出の仕方を出来るかどうかという所が肝要になってくるということです。

現在もらえる基礎老齢年金と厚生年金を合わせると平均月額およそ15万円となります。厚生年金部分は現役時代での収入によってかなり差がありますが、これくらいということで。

一ヶ月15万円で生活出来ないんですか!?嘘でしょ!?という気持ちでいっぱいです。

仮に基礎老齢年金だけであれば、月額5万5千円となりますので、確かにこれでは厳しい。賃貸で住んでいれば、家賃だけでほとんどなくなってしまいかねません。

いずれにせよ、差があるからこそ身の丈にあった支出ができる人が最も優れているのです。

そして、資産を貯め込んだ人こそ、安心した老後を迎えられるわけです。

不労所得を得るか、働き続けるか、支出を抑えるか

むしろ必要なのは、預貯金をある程度、用意しながらも、老後も収入を継続的に受け取れる準備をしておくこと。最も有効なのは、仕事を続けることだろう。企業は高齢者にもっと門戸を開く必要がある。高齢者自身は、元気に働けるくらいの健康を維持しておかなければならない。

 もう一つは、生活の支出をなるべく減らすことが必要だ。生活の苦しい高齢者を支援をしている人らに聞くと、特に大きいのは家の支出だ。月10万、20万円といった住宅ローンの返済を続けていたら、生活は苦しくなる。

本当に老後に2000万円必要なのか

記事ではこの解決策について3つ方法論を上げていました。

①収入を継続的に受け取れるようにする②その方法として働く③支出を抑えるか

記事には明記されていませんdねしたが、老後の収入としては、不動産収入や配当所得などの不労所得もあります。

したがって、不労所得、労働所得、節約の3つの方法が老後資金不足への対策となります。

当然ですが、60歳以降にもなってローンを返済するような無計画な人は、老後に本当に苦労します。

とにかく資安心するためには負債を背負わないという点が重要でしょう、記事ある通り10万、20万というローンを年金と貯金で切り崩すなんて、精神的ストレスが半端ないです。

ローンを背負う人は、よほど自分の健康に自信があるんだなと尊敬しますね。

生きるリスクを意識しよう

よく、若い人ほど自分の浪費癖を棚に上げてこの様に発言します。

「いつ死ぬか分からないからお金を無駄に貯めても意味がない」

残念すぎます😩

これはお金を使いたい人が、消費するための言い訳に過ぎません。

もちろん、お金を使うことは人生の豊かさを上げる行為ですから必要なところには出費をするべきでしょう。

でも、自分の人生のことを考えたいのであれば、自分が長寿で長生きしてしまったリスクを考えたほうが良いでしょう。

年金も現在と同額貰えるかは怪しいですし、無駄に長寿化してしまっている私たちは、長生きしてしまった時にどう生きるか、という長生きリスクを意識する必要があるというわけです。

取材を通した実感では、配偶者と死別したり離別したりした高齢者は注意が必要だ。取材したある一人暮らしの高齢者(男性)は、会社を定年退職後、寂しさもあって毎晩のようにカラオケや居酒屋に通い詰め、百数十万円の貯金をわずか2年で使い果たしてしまった。特に無駄遣いせず普通の生活をしていても、数百万円程度なら、すぐ使ってしまう可能性がある。

本当に老後に2000万円必要なのか

寂しさで毎晩のようにカラオケや居酒屋という言葉でびっくりしてしまいました。

おそらく、アーリーリタイアを目指すリタイア戦士の皆さんはこのような愚かな行動は取らないはずです。

そもそも、失礼ながら本気でリタイアを目指す人というのは、どこか人と接しない所に安心を覚える人が多いと思います。

寂しさから人を求めるというと、この行動源力から離れます。

リタイアを目指す倹約戦士たちは、そのまま老後へのシフトが今の時点でしっかり出来ていますので自信を持ちましょう。

浪費中毒の愚者共の言葉に付き合わず、自らのできる範囲、幸福度を過度に減らさない範囲で倹約に努めましょう。

そして、投資をして時間を味方につけて資産を増やして豊かな人生を作り上げましょう。

それではまた次回お会いしましょう。

※関連記事です

リタイア後は時間が余ります、この暇と付き合う能力も一つの才能だと考えます。あれもしてこれもして、効率的に、意味有ることをしないと嫌だ!っていう効率厨には行きづらい時間かもしれませんね。

アーリーリタイアはコミュ障こそ目指すべきです。私もブログでは自信満々で語ってますが、現実では人に話しかけるのにもドキドキなコミュ障です。人付き合いこそがストレスの元だとすら考えています。人は一人では生きていけない、でも経済的自由に到達すれば……。

消費をして経済を回せと言いますが、なぜ個人がそんなマクロ目線で大事なお金を使わなければならないのでしょうか。結局消費しない人を経済が回らないんだと糾弾するひとは、後ろめたさから倹約家をバカにするのです。自分こそ浪費中毒のくせに……。

※ランキングに参加しています、クリックしていただけると嬉しいです。(クリックするとランキングに飛びます)


雑記
シェアする
仕事辞めたい男の投資ブログ

コメント