いつの間にか老後3000万円問題に……?

ニュース

アンケート結果で3033万円

21日は敬老の日です。老後に関するアンケート調査でセカンドライフを始めるまでにためておきたい金額が3000万円余りという結果が明らかになりました。

 日本生命が全国の男女7543人を対象にしたアンケート調査によりますと、約67%がセカンドライフに不安があると考え、ためておきたい金額の平均は3033万円で、前の年に比べて145万円増えたことが明らかになりました。

また、64%の人が「定年後も仕事を続けたい」と回答しています。新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに老後の計画を見直した人は7.7%で、「生活費を節約する」のほか、感染対策のため「家のリフォームで個人の部屋を持つ」「田舎へ移住する」などの回答がありました。

“老後に必要”3033万円 64%が「定年後も仕事」

老後に3033万円必要という記事を見て

「いつの間にか老後2000万円問題が3000万円問題に膨れ上がってるじゃね―か!」

と突っ込んで記事を読んでみたら、どうやら老後に貯めておきたい金額の平均が3033万円ということらしい。

ニッセイが老後に関するアンケートをしたということで、興味があった私はニッセイのホームページから該当のアンケート結果を閲覧しました。

夫婦で必要な額という可能性も考えたのですが、他の問題では単身と夫婦で分けていたものの本回答ではそういった分け方をしていませんでした。

そのため、これは完全に単独、一人での必要な金額の回答だとおもわれます。

65歳から100歳までで毎月13万7千円

ニッセイ インターネットアンケート~セカンドライフについて~(リンク先はPDFファイル)

傾向としては、年齢が高いほど貯めておきたい金額が増えています。

てか70代~とか完全にセカンドライフ真っ最中じゃないっすかね。

”貯めておきたい”……なのでしょうか?貯めておけばよかったと後悔では……。

各世代ほとんどが1000~3000万円を選択していますね。年金の受給額を別にして3033万円だとすると、どれだけ毎月お金使うんだよという感じですね。

セカンドライフを定年後の65歳以降と考えて、100歳まで生きると考えるとセカンドライフ35年を乗り切るということになります。

35年で3033万円を使い切るのであれば、毎月7万2千円使うことが出来る。

そして国民年金満額貰えるとすると、毎月6万5千円受給できる。

国民年金満額であれば、13万7千円毎月使用することが出来るということになる。

65歳になってから毎月そんなに使うか?

しかもこれが厚生年金となれば更に支給額が増えますが(月10~15万以上)、それでも尚3000万以上必要と考える人が多いのが50代以降ということになります。

年齢を重ねるほど必要と考える金額が多いのは

①年を重ねて現実(介護費用、子供や孫への備え、健康不安)が見えてきて、過度に不安を覚えた

②自分の貰える年金額を入れてない

③純粋に今の50~70代の生活水準が高すぎる

のどれかですかね。

個人的には③あたりを推したいのですが、案外①~③全部かもしれませんけども。

ニッセイのアンケートには、ゆとりあるセカンドライフでは月々いくら必要か?という質問があり、年代別に回答があったのでそれも掲載しておきます。

単身世帯の場合24~25万でほとんど収まっています(60代だけちょっと高い)。驚きなのが、現在の生活費よりも+8~10万円ほど高く計算していることですね。

毎日外食、毎月旅行するつもりということでしょうか。正直セカンドライフとか言ってる年齢の時には遊ぶ体力なんてほとんど無いと思うんですが……。

夫婦の場合は、夫婦で26~30万円。

この場合一人あたり13~15万円ということですから、単身の場合よりも現実が見えているような気がします。

独身は25万円、夫婦は30万円が想定した月の出費のようです。

高いなぁ……。

年金次第ですが、80歳程度まで生きることを前提に計算しているみたいですね。長生きリスクを考えるにはちょっと余命を短く捉えている気がしますね。

年齢を重ねるほど老後も働くつもりの人が多い

定年後のライフプランについては、若い人ほど働かずに違うことをしたいと思っているようで、定年後は4割以上の人が働くつもりはないみたいです。

一方で、50以降は7割以上の人が働くつもりのようです。

年収で見ると、低年収の人ほど老後に働きたくないと思っていているようです。1000万円以上から働きたくない度は上昇しますが、300万円未満が圧倒的ですね。

年齢と平均年収はある程度正比例関係にありますが、低収入ほど働きたくないと思っているのは間違いないんじゃないかと思います。

 

それにしても定年後に仕事をしたいと思っている人がこんなにいるなんて、日本の将来は明るいですね。

老後不安、資金不足から働かざるを得ないという非常に芳しくない状況なのはわかっています。

しかし、他の人がアーリーリタイア等で日本が労働しないひとばかりになってしまっては困る。

日本総無職となれば当然経済が回るわけがありません。

私はアーリーリタイア戦士どうし互いに応援して頑張っていきたいと思っていますが、一方で私以外の人間は労働に費やしてほしいんです。じゃないと経済が回らないので。

そういう意味では、投資でアーリーリタイアとかあんまり流行ってほしくないし、私以外は死ぬまでラットレース状態であって欲しいというのが正直な感想です。

ただ、こういう老後に何千万必要みたいな皮算用をするのではなく、持っているお金から逆算してある分で生きていくような生き方が出来ないといくらお金があっても老後不安に追われるんだろうなと思いました。

まぁこのアンケートって日本生命が調査しているわけで、当然生命保険会社のスタンスとしては不安を煽ってクソみたいな保険に加入させて養分にすることが目的ですから、話のタネ程度にしかならないのかなと思います。

何があろうと私はあと10年……40歳までにアーリーリタイアをするし、それで老後お金がなくなれば、シルバー人材センターで働くか無理なら生活保護という形になると思います。

老後不安なんていくら考えてもキリがないですからね。

それではまた次回お会いしましょう。

 

※関連記事です

退職後の人生、必要な資金とその準備度合いを退職準備スコアと呼ぶそうです。私はまだ

年金を前提にした人生は、一生ラットレース確定です。

※ランキングに参加しています、クリックしていただけると嬉しいです。(クリックするとランキングに飛びます)


ニュース
シェアする
仕事辞めたい男の投資ブログ

コメント