【SBI証券】住信SBIネット銀行を使ったドル両替方法!

解説

検索してもあんまり出てこなかったので、一応備忘録的な意味でも記事を残しておきます。

前提:住信SBIネット銀行の為替手数料は4銭!

外国株を投資する時に生じるお金として

①取引手数料

②為替手数料(スプレッド)

の二種類があります。

①に関して言えばSBI証券、楽天証券は

約定代金の0.45%、最低手数料$5~上限手数料$20ですね。

マネックス証券は7月8日約定以降に関して上記の条件の内、最低手数料が0.1ドル(10セント)からになりました

②については、上記三社は、一律25銭となっております。

住信SBIネット銀行でドル転すれば$1あたり4銭で済むので、差し引き$1あたり0.21円(21銭)の手数料差が生じてきます。

これ恐ろしい差でして、例えば$1500の投資をするとしますと、$1あたり21銭の差が生じるので、これを1500倍すると、315円もの違いが生まれています。

たった15万円の投資でこれだけの差が生じます。

これがどんどん投資を経ていって、$50万分投資をしたとしたら、10万5千円もの差になります。これを小さい差と見るかはアナタ次第ですが、私は大きい差だと考えます。

やり方①:まずは住信SBIネット銀行に円を入れる。

※これはSBI証券でSBIハイブリット預金を利用されていることが前提です。住信SBIネット銀行に送金する事自体に手数料がかかってしまうので意味がありません。

※再投資するという意味でも、配当金が証券口座に入る株式数比例配分方式にしましょう。お金を動かすだけで手数料がかかってはたまったものではありません。

住信SBIネット銀行の代表口座に円を入れよう

実はハイブリット預金にお金があるだけではドル転ができません。

あくまでSBI証券口座と住信SBIネット銀行口座にどちらも振り込めるだけな立ち位置で、どちらにも確定的にお金が振り込まれているわけではありません。

円を入れる方法は何個かありますが、ここでは

給与口座(円)→SBI証券口座(円)→住信SBIネット銀行(円→ドル)→SBI証券口座(ドル)→投資

という流れを想定します。

SBI証券の口座に入金をしても、SBIハイブリット預金に反映されるのは2,3営業日後

SBI証券では即時入金サービスによって、すぐさま買付け余力に反映されます。

しかし、実際に口座に振り込まれるのは2,3営業日後です。そして実際に振り込まれてからハイブリット預金に反映されます。

なので、ドル転には2,3営業日かかることを注意していてください。

急な下落にすぐさま対応ができないので、ちゃんとキャッシュを保持しておきましょう。

ハイブリット預金に反映されたら、住信SBIネット銀行の代表口座に入れる。

住信SBIネット銀行にはハイブリット預金としてSBI証券に入金した金額が表示されていると思います。

しかし、先述した通り住信SBIネット銀行自体にはお金が入ってませんのでこのままではドル転ができません。

そのため、トップページ→振替ボタンを押します。

するとこのような画面になります。

ここで出金口座を”SBIハイブリット預金”に、

振替先口座を”代表口座 円普通”にします。

※住信SBIネット銀行では目的別口座を作れますが、今回は代表円口座とします。

これで、住信SBIネット銀行の口座に”円”を入金できました!

やり方②:ドル転しよう!

普通預金口座に入金したら、トップページから外貨普通預金を選択します。

すると、このような画面になります。

現在の買付けレートと共に、複数の通貨に両替ができますが、ここでは米ドル/円を選択。

出金口座、入金口座を選択します。どちらも代表口座で良いと思いますが、目的別口座を作られている方はそちらを。

注文方法はFXと同じ感覚で行えます。リアルタイム(成行)、指値、IFD、OCOがあります。

ぶっちゃけこれでFXもどきをするならFX口座を作りましょう、スプレッド大きすぎます。

FXにおいては0.3銭が米ドルでは主流ですので(最安値は今はSBIFXの0.27銭でしょうか。)

今回は米国株再投資目的ですので、リアルタイムか指値注文のどちらかで買い付ければ良いと思います。

円指定とドル指定の2通りがあるので好きな方で(円指定の方が感覚は分かりやすいでしょう)指定してください。

WEB取引パスワードを入力し、確認ボタンが下にあるのでそれを押すと両替完了です。

やり方③SBI証券口座にドルを入金する

SBI証券トップページの中央にある口座状況の入金をクリックします。

そうすると入金ページに移りますので、左にある外貨入金をクリックすると、

住信SBIネット銀行「外貨入金」即時振込サービス/振込指示

のページになりますので、振込金額をドル換算で入力し、取引パスワードを入力の上振込指示確認から振込を確定させます。

これで住信SBIネット銀行ドル転方法は終了です。

口座(外貨建)にしっかりと振込をしたドルが入金されていると思います。

外国株に投資をしていると、配当金もSBI証券の外貨口座に振り込まれますが、最初は配当金が少ないためこれを活かすことができません。

しかし、このようにドル転してドルを増やすことで資金とあわせて余すこと無く投資ができます。

実は最近までよく分かってなくて、調べても詳しく載ってるのないし(こんな簡単な事を解説する記事が無いと思われる)どんだけ自分はアホなんだと思いながら試行錯誤してやっと理解しました。

ハイブリット預金をドル転しようとしたけど、円口座に一度振り込まないとダメなのね……。

もし同じことで悩まれている方の助けになれたら幸いです。

それではまた次回お会いしましょう。

※ランキングに参加しています、クリックしていただけると嬉しいです。(クリックするとランキングに飛びます)


解説
シェアする
仕事辞めたい男の投資ブログ

コメント