【青春18きっぷ】年末新潟小旅行記【コスパ良し】

雑記

※食レポ記事になります。

友人の青春18きっぷが2回分あったので丸1日乗りつぶし

出発地東京秋葉原から新潟長岡と直江津を目指した旅になります。

青春18きっぷとは、JRを1日まるまる乗り放題を5回使えるチケットです。JR限定ですので私鉄は使えません。

乗り放題5日分とだけあって、なんと12,050円という金額なんですが、1回分を使用したということで2,410円を友人に支払って旅行しました!

最近はJRと並走する路線は第三セクター鉄道としてJRから独立することが多く、JRとしての路線が減っているため、18きっぷで網羅するのも難しくなってきました。

使用した路線は以下の通り。

当然すべてJRを利用(青春18きっぷはJRのみ)しましたので、このルートを往復して目標の長岡及び直江津へ行ってきました。

自宅出発時刻午前4時40分、秋葉原から自宅に着く頃には23時30分でしたので、19時間旅行してたことになります、一人じゃ辛いけど友人とだからこんな日帰り弾丸旅行ができるのだと思います。

地図にするとこんな感じ

群馬県水上駅は降雪しておりましたが、意外なことに新潟は全く降雪、積雪しておらず、この時期の日本海側にしては珍しく連日快晴だったようです。

片道330キロ程度の長い旅行でした。

以前節約のためにWiMAXのポケットルーターを0SIMで通信していると記事にしましたが、柏崎から長岡の間のところは地下でも無いのに繋がらず残念。

アーリーリタイア後はどうせ外に出ないし引っ越しもしないから有線

目的はかけ中華、ラーメン

直江津は「かけそば つかだ」さんに、長岡には「青島食堂」を目当てに寄りました。

「かけそばつかだ」の外観
名物「かけ中華」

この店はかけ蕎麦屋なのですが、名物はかけ蕎麦の汁で中華麺を食す「かけ中華」です。

珍しい組み合わせなのですが、非常に美味しかったです。

写真のは天たまかけ中華大盛りですが、卵は不要だと思います。

天玉かけ中華大盛りが440円、卵なしの天かけ中華大盛りが410円でした。普通のかけ中華は290円です。天ぷらがないかけ中華でも天かすがのるのでそれで充分かもしれません。

もし直江津のかけそばつかださんを訪れる際は必ず天ぷら(焦がした玉ねぎ)を頼みましょう、これが本体と言っても過言では無いくらい美味しいです。

そして食べてすぐに直江津からの帰路で長岡駅に到着。

長岡駅前にある青島食堂さんでかけ中華大盛りを食べた3時間後に食事。

外観からラーメン屋ってすぐにはわからないですね
チャーシュー麺大盛り+チャーシュー100円、麺100円でMAXボリュームで食べました。

午後4時前ということもあって、人は少なかったです。

12時頃に直江津に行く途中に一度通った時は、それはもう大行列でした。

年末で閑散とした駅前に一つだけ異常な店という感じで既にその時から期待はマシマシ。

実際食べてみましたが、これがもうめちゃくちゃ旨かったです!

生姜ベースの醤油ラーメンである長岡ラーメンですが、本当に生姜の風味と醤油味がマッチして最高。

秋葉原にも青島食堂さんはあるのですがこちらも良く行列が出来ています。どちらも食べたことがある私としては、秋葉原よりも長岡市の地元青島食堂の方が少しあっさりめな気がしました!

もしかして秋葉原は東京ユーザーの好みに合わせてしょっぱくしてる……?などと思いを馳せながら完食。

この日の為に旅行の一週間前に秋葉原の青島食堂で食べて覚えてきたので、おそらく長岡の方があっさりしてるのは間違いないはずです。

どちらもメチャウマなので、是非一度訪れた際には足を運んでみてください!

青春18きっぷ代 2410円

天たまかけ中華 440円

青島食堂チャーシュー麺大盛り、麺100円、チャーシュー100円 1150円

併せてキレイに4000円の小旅行となりました!

別の地へ赴くと考えるリタイア後の構想

今回の弾丸旅行でリタイア後のイメージをしながら旅をしました。

退職後の住処探しとまでは行かないのですが、別の地域特色に触れながら考えるというやつですね。

特に今回JR信越本線にある日本で一番海に近い駅として有名な青海川駅に着いて釣りをのんびりしているオジサマたちを電車から眺めながら、「リタイア後にこうやって釣りして過ごすのもいいな、釣った魚を食べて……。」とそんな呑気なことを考えました。

ずーっと坊主だったりする日も沢山あるでしょうが、釣った魚をその日の内に食べたりする生活が毎日ではないにしろ時折あったら素晴らしいような気がしました。

この風景にあてられて、自転車を少し走らせて海沿いに行き、磯釣りをするなんて生活ありだなと思ってしまいましたね。

私は仕事を辞めたいのですが、仕事を辞めた後何するの?というツッコミがよくあると思います。

そもそも何かしなくてはいけないのでしょうか?

こういう旅行をすると、なにか役割が無いと意味がない価値がないという、社会の歯車が当たり前みたいな価値観への疑問が湧いてきます。同時に早期退職への決意も更に固まります。

コスパよくリタイア後の構想をしに、新潟へ行くことが出来て本当にラッキーでした!今回旅行に誘ってくれた友人には感謝感謝でございます!

4000円と痛い出費には変わりないのですが、大変素晴らしい経験が出来ました!

それではまた次回お会いしましょう。

※関連記事です

旅行会社のJTBは冬のボーナスの使いみち調査を実施しました。一部旅行に使うという人もいましたし、我社にも海外にこの航空券が高騰する年末年始に旅行するという残念な人がいました。もちろん個人の自由ですが、こういうコスパの良い旅行というのを知ってしまうととても民間の旅行会社での旅行は出来ませんね。

趣味にコスパを求めるのはナンセンスかもしれませんが、それでも月々娯楽に使うお金を減らしつつ楽しい時間を過ごせたら良いと思いませんか?私は月に5000円が上限だと思っています。

※ランキングに参加しています、クリックしていただけると嬉しいです。(クリックするとランキングに飛びます)


雑記
シェアする
仕事辞めたい男の投資ブログ

コメント