【祝!】一律10万円給付決定、男気投資をするのじゃ!

ニュース

所得制限等撤廃、一律に

新型コロナウイルス感染拡大を受けた経済対策で、焦点の現金給付は国民1人当たり10万円とすることが決まった。連立解消まで持ち出した公明党の強硬な要求に安倍晋三首相が折れた形で、2020年度補正予算案を組み替える異例の展開となった。第2次政権発足以降貫いてきた官邸主導の政治手法が今回ははね返され、首相の求心力低下も印象付けた。

公明、「連立離脱」論で押し切る=官邸主導の政治手法に影―現金給付1人10万円

政治的なコメントは控えさせていただきます、経済にも私はとんと無頓着ですので。

いままで紆余曲折ありましたが、新型コロナウイルスの経済対策による一律1人10万円とすることに決まりました。

10万円ですよ、10万円!

電子マネーかもしれませんけど、それでもオッケー!

いつ支給になるかは分かりませんが、申請形式になると思われます。振込先の口座がわからないと申請出来ませんからね!

皆様、受け取って、お金を使っていきましょう。

え?私?

もちろん投資に回しますよ、何を言ってるんですか。

投資じゃお金を使ってるとは言えない?

……

世界経済はグローバル化に伴って、特に世界No.1の市場である米国株価の影響を受けがちです。

当然、日本市場だって米国株価が下がれば連動して株価が下がります。

株価が下がれば市場心理も悪くなりますよね?

すると、ただでさえコロナでネガティブな心理になっているのに、実際株価が下がると売りが売りを呼んで大暴落に繋がりかねません。

私が10万円の給付金を外国株投資に回せば、グローバル経済のもと日本経済の下支えとなるのです。

直接的な消費だけが日本を支える手段では無いということですね。

よく考えたら投資家の含み損は凄いことになってる

見て下さいよ、私のこのマイナスを。

この内最もプラスになっているVOOは、元々34万円ほどマイナスになってた日本株から乗り換えたため、その含み損とかけ合わせればVOOもまだまだマイナス20万円ほどあります。

投資家はコロナで含み損凄いから給付しろとかそういう意味ではないのですが、ここまで含み損食らって、それでもなお経済を回すために投資をする……。

なんて素晴らしい、献身的な姿勢なんでしょう。

 

なぜ私がここまで10万円の給付金を投資に回す事を是とすることについて、しつこく書いているかというと、投資することについて友人に否定されてしまったことが理由です。

故に私はこのブログという媒体を通じて、絶賛含み損をこいて地合いが悪いにも関わらず投資に回すことで経済を下支えするという男気投資を主張したいのです。

まぁ投資に男気もクソもないんですけども。

実際に給付されて手元にお金が回ってきたら、その時投資先を検討したいと思います。

 

え?アーリーリタイアをして日本経済にぶらさがって生きようとしている人が、経済下支えとか何言ってるのですって?

……。

それではまた次回お会いしましょう。

 

※関連記事です

給付金については、当初から私は投資に回すと宣言していました。一律30万円給付対象外となって酷く落ち込みましたが、なんとか救済されました。

※ランキングに参加しています、クリックしていただけると嬉しいです。(クリックするとランキングに飛びます)


ニュース
シェアする
仕事辞めたい男の投資ブログ

コメント