【知ってた】米中貿易戦争収束期待から一転、関税撤回に否定

ニュース

中国側は関税を段階的に撤回と主張

中国商務省の高峰報道官は7日、「過去2週間にわたり交渉担当者は真剣で建設的な協議を行い、合意を巡り進展する中で追加関税を段階的に撤回することで一致した」と述べた。

(中略)

北京では中国商務省の高報道官が、「米中が第1段階の合意に達すれば、双方が既存の追加関税を合意内容に基づいて互いに比例したペースで同時に撤回していくことになる。これは合意成立のための重要な条件だ」と記者会見で発言。

米中が段階的な関税撤回で合意、「第1段階」の一部と米側確認

11月7日に上記発表が中国側からあったことで、米国の株価指数、ドル円レートは上昇しました。

ドル円レート
S&P500

米中貿易摩擦さえなくなれば、米国の強い個人消費は更に上昇するし、中国経済の下落にも歯止めがかかるので世界経済的にハッピーなわけです。

個人的には中国は既に指数的に景気後退していると言えることから、別に米中貿易摩擦が無くとも……と思いますが。

 

ちなみにこの報道を見た時の私の反応Tweetがこれです。

めっちゃ困惑しています(笑)

というのも、米中貿易摩擦は全くと言っていいほど”本質”は解決していません。

情報技術についての技術窃盗問題やオピオイド流入問題、対中貿易赤字などなど。

今は米中貿易摩擦の合意第一弾として、中国が多額の米国産農産品の購入や米国知的財産保護措置、米国に金融サービス市場開放するなどが報道されています。

一見かなり中国が譲歩しているように見えますが、未だこの合意は署名されておらず、しかも内容が確実ではないこと、そして実際に履行の兆しがあるのが農産品購入だけである事を考えるとかなり疑わしい内容です。

トランプ大統領、関税撤回合意否定

トランプ米大統領は中国に対する関税を完全に撤回することに、米国は同意していないと述べた。米中貿易合意をまとめるために米国が関税で譲歩するとの期待は、この発言で薄れた。
  大統領は8日、記者団に対し「中国は撤回を望むだろうが、私は何にも同意していない」と説明し、「中国は関税の撤回を望むだろうが、完全な撤回ではない。私がそれには応じないことを中国は知っているからだ」と述べた。

トランプ大統領、関税撤回での米中合意を否定-期待に水を差す

やってくれましたね、分かってましたという感じです。

そもそも関税の撤回は、完全には達成されません。

だって貿易赤字解決が貿易戦争の大きな目標なのであって、この米国の負担はなんとしても減らすしかありません。

つまり米国は関税撤回をすることは、少なくともトランプ大統領は全く考えてません。

中国の主張では、関税撤回が合意の重要な条件であるのは間違いないため、ここが双方の協議の一番重要なポイントです。

関税撤回は政府内でも否定的というか、米国の唯一の「切り札」ですから、これを切ることは無いです。

合意内容に沿ってちょっとずつ撤回はするでしょうが、貿易戦争前より減ることはありえません。

※大統領選挙のために切り札を切る可能性は否定しませんが、長期的には無いです。

ただし、12月5日の追加関税は見送られそうです。

大統領はこの日、米国がまだ合意に達していないことを明確にした上で、関税を全面撤回することはないと強調した。人気の高い消費財を対象とした関税が12月15日に発動する予定だが、第1段階の貿易合意の一環として見送られるとの期待がある。

トランプ大統領、関税撤回での米中合意を否定-期待に水を差す

実態にそぐわない株価上昇か?

私は未だに、米国はリセッション入りポジションです。

しかし、3Qの決算は6,7割企業が好決算でしたし、来年の大統領選挙を見据えてトランプ大統領は株価に傾注するでしょう。

すると、株価を意識した政策や外交をする可能性はあります。

今の最高値を更新している米国株価指数は、実態に合わないかと言われるとそうは言い切れないです。

そもそも、米中貿易戦争で市場心理がマイナスになったのがもとに戻っただけとも言えますし、先述の通り決算は好調な企業が多いです。

また、米国の消費者マインド指数は3ヶ月上昇しています。

11月の米ミシガン大学消費者マインド指数(速報値)は3カ月連続の上昇となった。消費者は家計の状況や景気見通しへの楽観を強めており、今後も景気拡大を支える兆しがあらためて示された。

米消費者マインド指数、3カ月連続で上昇-家計状況や景気を楽観

米国の経済の力強さも感じさせるし、雇用統計も好調です。

私は株価の上昇はバブルのような実態に合わないとは言えないと思います。

とは言え、休むも相場と言いますし、逆にこのまま強い米国経済が続く可能性も捨てきれません。

結局市場は読めないと諦め、素直に定期的な投資をするに限るなと考えました。

ちなみに今の米国株の評価一覧です。

2019/11/08時点

……え、エクソンか新規銘柄かな、割高に感じて買いにくいなぁ(;´∀`)

一先ず、今月は先月投資しなかった分も合わせて投資をしようと思います!

それではまた次回お会いしましょう。

※関連記事です

9月は指数的に結構悪かったです。しかし、現在持ち直しの兆しが見えています。

10月は9月に比べて指標は上がりました。上昇幅は市場予想より悪かったです。しかし回復の兆しが見えたため、このままリセッション入り回避の可能性も十分出てきました。

※ランキングに参加しています、クリックしていただけると嬉しいです。(クリックするとランキングに飛びます)


ニュース
シェアする
仕事辞めたい男の投資ブログ

コメント