【現実逃避】下落相場なので今後1年で貰えるであろう配当金の皮算用をしよう

雑記

皆さんは下落相場をどの様に眺めていますか?

タイトルで現実逃避という文言を書きましたが、どういう投資スタイルかで下落相場への見方が変わるはずです。

例えば短期トレードや成長株のキャピタルメインであれば日々下落する相場に売りどきを探して悶々としているでしょう。

レバレッジをかけた投資であれば、ロスカットのボーダーラインに近づくほど精神が蝕まれる感覚があると思います。

嘆く株主のイラスト
投資に感情を抜けといっても難しいですよね……

現物投資で配当金目当ての投資をしている私としては、投資資金が現状少ない事を嘆きつつも高配当銘柄を物色する日々です。大安売りのバーゲンセールは実はまだ先なのかもしれませんが。

例えば普段なら絶対手を出さない銘柄も配当利回りが3%を超えるものが出てきています。高配当銘柄ならもっと上がってます。

インカムメインの投資家であればおそらく私と同じ心持ちということで、将来貰える配当金に夢を膨らませていませんでしょうか。

実際、今膨らんでるのは含み損だけどね!!!!

向こう1年で貰えるであろう配当金を皮算用する

私は現物投資のインカム投資ということで、増える含み損に対して特段なにも感じないのですが配当利回りが上昇する相場で買い増しが大きくできないのだけは残念です。

さて、バイ・アンド・ホールド型のインカムメインの投資をするということであれば、下落相場でも「何買おっかな~(^ρ^)」とよだれを垂らして定期買付先の検討をすることでしょう。

含み損が広がることはあまりショックではないのですが「もう少し待っておけば、もっと高い配当利回りだったのに!」という悲しみはあると思います。

そういう意味では結局下落したところでショックは受けますよね。

私はエクソンモービルを60ドルで買ったのを配当利回りという観点からショックを受けています(笑)

一方で先月買ったVOOとMMMは別にって感じですね利回りに大きな差は無いしVOOはどうせ戻すしみたいな感じです。

そんな感じでもっと待っておけばよかった、と悲しんでも仕方がないので現在の保有銘柄の配当履歴から今後増配なしでの1年分の貰える配当金を皮算用して心を癒そうと思います(笑)

私の現在の保有銘柄と過去1年の配当は以下のとおりです

【日本株】

  • JT(100株):15,400円
  • キヤノン(200株):32,000円
  • みずほFG(2000株)15,000円

【外国株】

  • VYM(10株):25.42ドル
  • SPYD(92株):160.66ドル
  • VOO(2株):11.14ドル
  • XOM(60株)208.8ドル
  • RDS.B(45株):169.2ドル
  • T(50株)102.5ドル
  • MMM(10株):57.9ドル
  • IBM(9株) :52.74ドル
  • KO(50株):80.5ドル
  • BTI(30株):79.31ドル
  • MO(25株):83ドル
  • JNJ(22株):83.6ドル

日本株合計:62,400円

外国株合計:1114.76ドル

ドル円105.5円で計算すると、合計18万円分になりますね。

今年買い増しする分もありますので、実際はもう少し増えるかもしれませんが、目安としてはこんなもんでしょう。

ちなみに現在1月2月の合計配当金は約7,000円なんですけど本当に税引前18万円になるか若干不安です。

一部NISA口座ですので非課税ですが、全部課税されるとすると年間で約13万円が配当収入になります。

昨年1年は約6万2千円の配当金が入ってきましたので、まぁ2倍という数字は妥当かもしれませんね。複利効果はまだまだ先です。

下落しても心は穏やかだが、やはり気の長い話になる

現在の配当推移はこの様になっており、累計で7万円に到達しそうになっているところです。

私の最終目標は配当金のみで生活ができるようになるアーリーリタイアのため、生活水準を落としても年間150万円ほどは必要になります。

1年目が6万2千円だったので、およそ25倍の配当金が必要ですね☆

いやぁーあの、ちょっときついっす……。

先程概算したとおり、現在の保有銘柄からは税引き後13万円が入ってきます。12倍で150万円ですね。

いやぁーあの、ちょっときついっす……(再確認)

案の定という感じですが、現在の資産合計額を12倍ほどにすると5000万円近くになっています。

やはり私のアーリーリタイア計画は5000万円が一つの目安になるということでしょうか。

なんだか株価の下落がどうでも良くなるくらいの絶望がこっちにありましたね。

配当金の見通しを立てて妄想するのもいいけど、労働からの脱却という事であれば先はまだまだ長いということを実感させられました。

そう、現実逃避というのはまだまだ労働地獄が続くという現実から、短期的に上下する株価を見ることで気を紛らわすという意味でした……。

ま、特に頑張って投資するとかそういう感じじゃないので長く続けられそう……多分。

それではまた次回お会いしましょう!

※関連記事です

2020年2月時点でのポートフォリオ、投資成績です。配当金が入ってくるときだけが楽しみですね。

配当金を再投資することで複利が働きますが、日本からだと税金が鬼のように取られるため資産運用効率はすこぶる悪いです(笑)

リスク許容度は結構高いほうですが、現物&インカム投資というのが最も精神を安定させている理由だと思います。

※ランキングに参加しています、クリックしていただけると嬉しいです。(クリックするとランキングに飛びます)


雑記
シェアする
仕事辞めたい男の投資ブログ

コメント