【火の玉ストレート】トランプ大統領は経済の問題の責任を自身からそらせようとしている

ニュース

やめたい夫です。

先日トランプ大統領の記事のオチが面白かったのと、トランプ大統領のFRB殴りが過剰であったので、その事を記事にしました。

ことの発端はTwitter

9月11日の朝にトランプ大統領は以下のようなツイートをしました。

以下グーグル翻訳です。

連邦準備制度は、金利をゼロ以下に引き下げ、その後借金の借り換えを開始する必要があります。 金利は大幅に引き下げられると同時に、期間が大幅に延長されます。 優れた通貨、権力、バランスシートを持っています米国は常に最低レートを支払うべきです。 インフレは無い! ジェイパウエルと連邦準備制度の素朴さだけが、他の国々がすでに行っていることを私たちに許していません。 「まぬけ」のために私たちは一生に一度の機会を逃しています。

Twitterを電車で見ながら、凄いこと言ってるなぁって思っていました。

トランプ大統領は何度FRBを殴れば気が済むんですかね。

金利を下げることを要求しているのは知っていましたが、金利をゼロもしくはマイナスすることまで要求ラインを上げていたんですね。

記事の最後にド正論

ブルームバーグの記事は、上記トランプ大統領のツイートを引用し、紹介した上でこのように締めくくりました。

欧州中央銀行(ECB)やスイス国立銀行、日本銀行は、需要喚起と融資促進、景気てこ入れのためにマイナス金利政策を採用している。10日公表されたワシントン・ポストとABCニュースの世論調査は、米国民の過半数が1年以内に米経済がリセッション(景気後退)入りすると懸念していることを明らかにした。トランプ氏は2020年の大統領選挙についての世論調査で何人かの民主党候補に後れを取っており、経済の問題の責任を自身からそらせようとしている

トランプ米大統領、政策金利をゼロか「それ以下」に引き下げ要求 /ブルームバーグ

経済の問題の責任を自身からそらせようとしている

経済の問題の責任を自身からそらせようとしている

経済の問題の責任を自身からそらせようとしている

そ、そこまで言わなくても……。

本当に短期間で金利をゼロやマイナスにしたら米国経済ぶっ壊れる気がしますが、どうなんでしょう。

インフレなどしないと言ってますが、多分すると思うんですが……。

 

経済発展より優先しなければならない中国潰し

グローバル化によって、世界的GDPの増加は効率的に加速します。

しかし、その効率性にストップをかけるのが関税なわけですね。

中国は今後一人っ子政策による、日本よりいびつな超高齢化社会を迎える関係で今後の国力減衰は必至と言えます。

中国って一応社会主義国家で資本主義とは相容れないんですよね。中国はほぼ資本主義ですが。

米国が中国を叩き潰せる位置に居る今がチャンスというのもあるでしょう。

とにかくUSAファーストなトランプにとって、中国の台頭はあってはならない話ですしね。

とは言え貿易戦争がここまで長引くのはトランプは想定していましたでしょうか、中国人のメンツ主義に苦戦している感じではあります。

挙げ句、貿易戦争による中国元安を為替操作国として認定したり、FRBに貿易戦争で下がった株のマイナス分を金利低下によって相殺させようとするし。

まぁ政策金利に関しては、米国債務問題もあるような気がしますが……。

貿易摩擦による世界経済危機が起きて、おそらく生き残るのは現状米国のみでしょう。

案外中国もリセッション入りしてるのは間違いないし、欧州、日本も当然ヤバいですしね。

それを分かってトランプ大統領は貿易戦争を吹っかけているとは思います。

今後もトランプ劇場には目を離せませんね(笑)

それではまた次回お会いしましょう!

※ランキングに参加しています、クリックしていただけると嬉しいです。(クリックするとランキングに飛びます)


ニュース
シェアする
仕事辞めたい男の投資ブログ

コメント