【朗報】つみたてNISA期限を延長に

ニュース

いつ始めても20年

政府・与党は、少額投資非課税制度(NISA)について、小口の長期投資を促す「つみたてNISA」の2037年末までの非課税期限を延長する方針を固めた。いつ始めても20年間非課税で積み立てられるようにする。若年層の投資を後押しし、老後に備えた資産形成を促す。年末の20年度与党税制改正大綱に盛り込む。

つみたてNISA 期限を延長へ いつ始めても20年間非課税

つみたてNISAは2018年に始まった、非常に若い制度です。

一般のNISA同様、投資に関する譲渡益等が20年間非課税になる制度でした。

この制度の問題点は、つみたてNISAが2037年末までの期限だったという点で、2018年に始めたらMAXの20年間非課税になりますが、例えば2030年に始めたら2037年までの期限ですから、7年しか優遇措置が受けられず問題となっていました。

国民の資産形成が目的の制度なのに、40万までで7年てお前……という感じです。

この度、この残念制度が期限延長になりいつ始めても20年非課税という制度改正という運びになったわけです。

残念制度が少しまともになったということで、朗報なのかは疑問ですが、それでも良かったのかな?という感じ。

一方、一般NISA制度は2023年まで

金融庁は、非課税枠120万円の一般的なNISAの恒久化も要望しているが、政府・与党内には「投資余力のある富裕層の優遇になる」と否定的な意見が強く認められない可能性が高い。

つみたてNISA 期限を延長へ いつ始めても20年間非課税

一般NISAとつみたてNISAは、非課税期間が5年(一般)と20年(つみたて)という違いの他に、非課税枠120万円という違いもあります。

しかしながら、最も大きな違いは、

一般NISA:多くの個別株も対象

つみたてNISA:投資信託のみ

という点です。

金融庁のHPから確認できますが、S&P500連動などのインデックス投資が出来るのでまぁなんとか購入してもいいかなとは思えます。

「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」や 「SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド 」は調べた所手数料が0.093%ほどでしたので、許容範囲でした。

私は個別株の方が買いたいのですがね……(;´∀`)

投資余力のある富裕層の優遇という意味分かんない事抜かしてますけど、120万なんて節約してる人からすれば普通に出せる金額ですけどねぇ……。

例えば数字を変更して、年80万、期間10年とかにして一般NISAを存続したりすることは検討してないのでしょうか。

政府がこんなんだから、国民がいつまで経ってもお金を市場に回さないんだ!!!というよくある国や政府への不満を吐き出しておきます

なんにせよ一般NISA恒久化見送りだったので良かった

一般NISAが今後どの様になるかは不明ですが、このままでは、2024年以降は一般NISAが無くなるので、つみたてNISAに移る人が増えるでしょう。私もそうなるかなぁ。

仮につみたてNISAで運用するなら、インデックス投資以外は無いと思います。

私としては、配当金生活によるアーリーリタイアを目指しておりますから、どうしても配当は個別株に比重が増します。

つみたてNISAで分配金生活というのは、かなり現実的ではないため、ある意味年40年という枠は丁度いいと思いました。

四半期ごとに10万ずつ投入するとか方法は色々ありますが、2024年以降このままであれば、つみたてNISAに私は移ろうと思います。

でもまずは一般NISA存続を願っております……。

それではまた次回お会いしましょう!

※関連記事です。

一般NISA期限恒久化見送りの記事です。普通に悲しかったですね、個人的には恒久化してくれるでしょとか思ってたので。しかも理由が富裕層への優遇とか……。日本の富裕層は、年収600万以上からかな?

実際年収600万以上は給与所得者の中でも上位3割くらいになってしまいます。しかし日々節約をしていれば、年120万円の投資は年収が少なくとも容易く出来ます。あ、家庭持ちとかは勘弁してください。

※ランキングに参加しています、クリックしていただけると嬉しいです。(クリックするとランキングに飛びます)


ニュース
シェアする
仕事辞めたい男の投資ブログ

コメント