【悲報】日本の年金システム世界37ヶ国中31位【投資しよう】

ニュース

構造的に無理がある国民年金

日本は31位で、Dとランク付けされた。これは、「対処する必要のある重要な弱点および・または不備」があるとされるグレード。平均寿命が伸び続けていることから年金受給開始年齢を引き上げる必要性などが指摘された。タイは最下位で、老後資金の最低要件の導入や貧困層への支援拡充が推奨されている。

世界の年金システムをランク付け-オランダ1位、日本31位

先日ブルームバーグの記事にて上記記載がありました。

世界各国のリタイア後の金銭給付(年金)システムに、ついて一定の水準を設けて指標からランキングをつけていったようです。

一定の水準とは、①定年後の個人の財務状況の改善度合い、②国民からの信頼性、③持続性と言う3つの観点のようです。

やばいこの基準を見ただけでもダメなのわかりますね😩

Bloombergの記事より。日本真っ黒ですね(笑)

順位以外にもランクづけをしているようで、AからDまであります。

記事の通り日本はDランクで「対処する必要のある重要な弱点および・または不備がある」だそうです。

現在の日本の年金システムは、人口構造的に持続不可能とされています。

国民投資を促したい金融庁が、「二千万円問題」を取り上げたのは記憶に新しいですね。

自分の人生を丸投げな国民性

金融庁の主張のロジックは個人的には正しいと言えます。

二千万円問題は老後夫婦が現役時代と同じ生活水準でお金使うことを前提としているため、5万円の赤字になり、100歳まで生きるのであれば、約二千万円の赤字になるとされました。

いやなんで生活水準落とさないんだよ!と言いたくなりますが、とにかく「年金にたよらず自助努力を」というマインドは正しいと言わざるを得ません。

年金制度自体への批判は非常に理解できますけどね、まぁ日本に生まれちまった以上仕方ありません。

とはいえ、何にせよ政府批判につなげても如何ともし難いわけでして、それとは別に自助努力をする必要があります。

年金問題への批判を見ても、良くも悪くも画一的なものを好む国民性というか、日本人はすでに何かの制度や大きな組織があってそこに全てを委ねるような性質であるように思います。

一つの会社に居続ける終身雇用制度や、画一的すぎる初等教育(画一性は必要ですけどね)、老後は年金で食っていく……。

まるでライフプラン全てが学校・会社・国に委ねられているように見えます。

いや年金はそういう制度だろ!!!と言われたらそうなんですけど、制度があるからじゃあそれが駄目になりましたとなってもどうしようもないわけで。

残念ですが、年金というシステムはしょぼくなりながら存続する事でしょう。

というのも、無くなると支払った分はどうするだという批判が生じますし、かと言ってなくすと今度は高齢者の生活保護が増えてしまいますから八方塞がりです。

自分の状況を考えて複数の収入源(セーフティネット)を作ろう

複数の収入源を持つことで、投資におけるリスク分散と同じ効果が得られます。

記事のタイトルは投資をしようという表現にしましたが、他にも色々収入になる事はあります。

アフィリエイトやブログ、You Tubeによる広告収入や、不動産収入、転売とか。

例えば私は、労働収入と共に、給与から株式を取得し配当金をもらっています。

もちろん配当金だけで生活するのは現状では無理なくらい極僅かですが、これを続けていけば配当金が増えていきます。これも別の収入源になります。

10社から配当金を貰えば、配当という収入源の源流が10個になります。

株式による配当金はお金の源流が複数になりやすいためおすすめです。とは言え資産価値減らす可能性があるのは気をつけてください。

年金に限らず、終身雇用、年金システムが構造的に時代にそぐわない以上、収入源を複数にするというリスク分散の時代は既に到来していると言えます。

不労所得は自分とは違う世界と割り切らず、個々人が、自分なりの別口の収入を得られるようにしておく必要がありそうです。

それではまた次回お会いしましょう。

※関連記事です。

私はアーリーリタイアを目指す以上、60歳以降でなければ引き下ろせないiDeCo(確定拠出年金)は選択できませんでしたが、個人年金づくりという意味では最適な制度の一つです。

投資は豊かさへの種まきです、ギャンブルになってしまうのはギャンブルにしてしまう投資家自身の問題と言えます。

今現在政策金利がマイナスとなっています。今後口座維持手数料導入が検討されますます預金の旨味はなくなっています。貯金ではなく投資という道の検討はいかがでしょうか。

※ランキングに参加しています、クリックしていただけると嬉しいです。(クリックするとランキングに飛びます)


ニュース
シェアする
仕事辞めたい男の投資ブログ

コメント