【もはや病気】節約意識しすぎて出費に若干罪悪感を覚え始めた件【浪費は目的で辞められる】

マインド

投資資金創出のためには節約しか無い

このブログのタイトルの通り、

目標:アーリーリタイア

方法:配当金再投資による複利効果を狙い資産を増やしつつ、配当金生活をする

というのが私の人生をかけた大作戦となります。

 

これを達成する方法が、株式買付による配当金受取額を増やすことである以上、ひたすらお金を投資に回すしかありません。

労働者は給与からしかお金を得ることが出来ず、いかに支出を減らせるかという点に全てがかかっています。

それは、労働収入は増やせないためです(アルバイトであれば、たくさんシフトに入れる方法もありますが限界はあります)。

労働者である以上、”収入”を増やすことは大変難しいのであります。

一方で支出を減らすのは、給与を増やすより簡単です、もちろん限界はありますが。

現状最高効率でアーリーリタイアを目指すのであれば、収入の多さも問題にはなりますが、どちらにせよ”支出が少ない”に越したことはないわけです。

アーリーリタイアを目指す私としては、今年の頭に志してから支出を減らすことを狙ってきました。

最近支出が悪い事のように思える

そしてブログタイトルに帰結するのです。

お金を使う事=悪い

という構図が若干自分の中に芽生えていることに最近気が付きました。

支出は私のアーリーリタイアを阻害する悪しき行為、というマインドが根深くなってきたように思えます。

いや、その通りなんですが、冷静に考えてこれって極端になっていないか?と思うわけです。

例えば、私の持っているスマホはZenfone3というシムフリーの機種です。

当時、3万円程度で購入しまして、そして今現在購入してから3年が経過しバッテリーの持ちが目に見えて悪くなり、極稀に勝手に電源が落ちるようになりました。

とは言え、まだいけるよな、とか考えて2,3万程度のSIMフリー機種を新たに買うのもかなり躊躇するようになっています。

またこのブログを初めた当初は週一のラーメンは幸福度が高いからやめられないとか言いつつ、月5000円の出費が惜しくてラーメンを最近辞め始めました。

一方で普通にゲームを買ったりしているので、後戻りできない状態とまでは言わないと思いますが……。

2020年の年末商戦で販売されるPS5は、すぐに買わずに欲しいソフトが出たら買う感じにします。

とまぁ、一応出費を全くしないつもりではないのですが、アーリーリタイアという目標にこだわりすぎて、支出=悪という価値観がより深まりました。

余談だが貧乏だった幼少期を思い出す

私はシングルマザーの母の元で育ちました。

パートタイムでよく私を育てたと思います、本当に尊敬しています。

しかしながら、当時からこれじゃお金が無いわけだ、というのを無意識ながら思っていました。

  • なにかに理由をつけて出費をしようとした
  • 3000円の商品を2000円で買えたから1000円得したと考える
  • これが人生だと言って趣味(アイドルのライブ)になけなしのお金を注ぎ込む

もともとパートタイム収入で、ボーナスもなく、フルタイムで時給1000円無い程度だったと思います。

つまり、フルタイムで総収入16万円以下、手取りにすれば13万円程度だったのではないでしょうか(多分もう少し少ない)。

はっきり言って、日本の一般的な貧乏層の典型的なモデルケースに近かったでしょう。

この経験は、今の生活を支える重要なバックボーンになっています。

長期休暇に旅行もせず、何も出来ないのは当たり前で、無いなりに楽しむ生活は確実に貧困の中から芽生えました。

とはいえ、流石に「支出=悪」という構図は無く、無いなら無い中で楽しむしか無い、という気持ちだけでした。

日本の貧困は、確かに貧困なんだけど安全の中の貧困であるから世界的に、ベリーイージー貧困です。

貧困を自己責任とは言いません、貧困の遺伝は確実にあります。

ただ、貧困だから不幸ではないのです。

目的があると、浪費は防げる

かくいう私も、ここまでケチになったのは本当にアーリーリタイアを目指してからだと思います。

だって、去年の12月はまだスマホが使えるのに「そろそろ2年以上経つから新しいの買おうかな~」って思ってました。

ただ、持ち前の貧乏性で何度か帰宅途中のビックカメラで商品を眺めては、購入を断念しましたが(汗)

昼飯をおにぎり2つにし、仕事は給水器からの水のみにし、ジュースを買うこともなく。

趣味はネットとゲームくらいで、旅行やその他浪費活動もありません。

以前はパチスロをバイト先の先輩の影響でやっていましたが完全にやらなくなりました。

投資にお金を回す必要があるのに、そんなところにお金は使えないからです。

浪費というのは、非常に気持ちいいです。一時的に物欲が満たされることでストレスが発散されますが、結局物欲が満たされるのは一時的です。

しかし仕事のストレスを仕事で得たお金の消費で発散してしまっては、ラットレースから抜け出せません。

支出=悪というマインドは確実に行き過ぎですが、投資してアーリーリタイアする、みたいになにか目的を持って浪費を防ぐ事で、生活はより豊かになります。

人間は収入の少なさがお金の不安に繋がるのではなくて、収入に対して支出が多すぎるとお金に不安を持つのだと思います。

支出というものを、より一層厳しい目で見ることで、人生のお金に対する視点が少し変わるように思います。

それではまた次回お会いしましょう!

※関連記事です

ラットレースから抜け出すには、支出を下げて余剰資金から”資産”を保有するしかありません。レッツ不労所得。

パチンコなどの浪費は確実に”暇”で実行に移し、”人”で続きます。目的をもって暇を無くしましょう。

家計簿を毎月記事にしています。先月は約4万7千円の出費でした。今月は5万超えちゃうかも。

※ランキングに参加しています、クリックしていただけると嬉しいです。(クリックするとランキングに飛びます)


マインド 節約
シェアする
仕事辞めたい男の投資ブログ

コメント