【それなら】ホリエモン、手取り14万円に「日本がおわってんじゃなくて『お前』がおわってんだよwww」【投資しようぜ】

ニュース

12年間勤務で手取り14万円

12年間勤務しているにもかかわらず、手取りの月給がわずか14万円だといい、「日本終わってますよね?」などと訴えた。この投稿には共感するコメントが相次いだというが、堀江氏はこの話題を伝えた記事を引用し「日本がおわってんじゃなくて『お前』がおわってんだよwww」とつぶやいた。

ホリエモン、手取り14万円“日本終わってる”の声に「お前がおわってんだよ」

掲示板でこの話題が上がったときは共感が多かったようですが、ホリエモンがこれを引用してTwitterでつぶやいたそうです。

この人の状況が全くわからないので、あえて肯定も否定もしませんが、一般的な給与水準か?と言われるとちょっと怪しいです。

以前、手取り15万円という単語がTwitterのトレンドに乗りました。

年収400万円を超えていれば給与所得者の半分を超えている事から、日本の貧困化は進んでいるようにも思えます。

手取り14万円ということは、厚生年金や共済保険等の費用や各税を引いた後でしょうから、総収入は18万円程度でしょうか、住んでいるところや各種手当で変わりそうですが。

ボーナス4ヶ月と見ても、年収300万円には届きません。

上記グラフのグレーの部分、「~300万円」に該当します。

正直、採用直後からほぼずーっとこの給与だったのではないでしょうか。

私はシングルマザーの家庭で、母が手取り14,5万でボーナスほぼ無しという形で育てられましたので、どれくらい貧困かは想像に難くないです。

ぶっちゃけ独身なら余裕で生活できるとは言いますが、かと言って将来の展望があるか?と言われると無いです。

月々の支出を下げて、ミニマリストまでは行かずとも節約をして貯金を生み出す必要性があります。

自己責任論なのか、知り合いに重なる

自己責任論か?

自己責任論も、状況次第ではあります。

ただ、通常であれば収入に不満があればやはり転職するでしょうし、転職先が無いのであればスキルを身につける所から始まるでしょう。

大学卒業後22歳から12年で努めたとすれば、34歳ですから、世間的には係長くらいでしょうか。

34歳での転職というのはかなりギリギリのラインかもしれません。

突如会社が給与を下げた、ということはあまり無いでしょうから、多分ずっとその水準だったか上がっても手取り14万なのか。

なぜ今の状況を放っておいたのだろうか、日本や会社が変えてくれる事を期待したのでしょうか。という話に繋がるのがホリエモンの話でしょう。

職場の先輩(居ればですが)が、将来の自分だと考えれば、将来像は想像に難くないですが……。

様々な状況を有している方もおりますが、人間配られたカードで戦うしか無いのです……。

私の友人に重なる

思うに、この手取りって多分バイトなんじゃないかなぁって思ったりします。

仮にバイトであれば月々18万円近く稼ぐには、時給1000円で180時間です。昇給というのが無い以上バイトの時間を増やすしか無いのだと思います。

私の以前バイトしてた先で、今でも働いている人が丁度同じ状況です。

24時間経営スーパーの深夜バイトで、時給は深夜割増含めて1100円で1日10時間労働。彼は週4勤務ですので、大体月に16~18日勤務。

総収入は月に20万円前後でしょうから、税引き後は14,5万円のはずです。実家住みですのでまるまるこのお金が使えるわけですが。

最低時給があがって、それに抵触すれば時給が上がる感じですね、昇給なんて存在しません。

そして月々の給与手取りから趣味に消費したりしてあんまり貯金がない状態って感じです。

なぜ貯金が無く年金未払い部分がまだあるのに、「なんで消費してんだテメェ―!!」と言いたいですが、まぁ一度言って聞かなかったのも思い出しました。

何度か良さそうな転職の話を勧めたんですけどね、この年齢じゃ即戦力求められるから無理でしょって否定から入るスタンス。

……途中から愚痴になってしまいましたが、なんだかちょっと私の知り合いと被る部分があるんですよね。

転職すればいいじゃんは、強者の理論ではあるが、出来ないなら可処分所得を増やすしか無い

辛いなら転職すれば?というのはよくある強者の理論です。

強者とは、転職しようとすればできるし、それだけのスキルや頭の良さを持っている人です。

世の中には一定数の状況次第でそれが許されない人もいるし、逆に私の知り合いのように思考放棄する人も居ます。

 

障害持ちやら介護やらで動けないなどの事情がある人が居るのも分かります。

そういう人こそ思考放棄しちゃダメだけど、そんな余裕ないんですよね。祖母の介護してたので分かります。

仮に転職が出来ないなら、可処分所得を増やすしか無いのでしょう、実家に住んだりして。

私は、今仕事を失ったとしても実家に戻ってバイト生活に戻り、毎月10万円以上投資に回せます(一人暮らしだとちょっとキツイかも)。

何にせよ、仮に思考停止して放置していたとしても、「お前が終わっている」ってのは言い過ぎだとは思いますが。年齢は分かりませんけど、まだ巻き返せる。

結論:投資しようぜ

はい、いつもの結論ですすみません。

ラットレースから抜け出すにはこれしか無いです。

転職が難しいのであれば、節約して資産を増やすしかありません。

毎月3万円をインデックス投資に回すなど、保守的かつ無理のない範囲で行い、それを2~30年単位で行えば結果は目に見えて違ってきます。

毎月三万円、年利5%計算です。S&P500がインフレ除いて年利6~7%ですので、保守的に米国のし上平均に投資した場合の計算になります。

30年貯金をするだけなら年利5%で元金1080万円に対して運用収益が1416.8万円になりました(課税後)。

不安であれば、株だけでなく債権や金を保有したりともっと保守的にすることも出来ます。

本来日本に生まれた時点でイージーモードのはずなのです。

大きい社会保障や治安の良さ、教育を受ける水準など。

残念なのが、金融教育がなされていないおかげで、特に高齢者の方のタンス貯金がとにかく増え続けていることです。

お金の流れが高齢者層で固まっているのは確かで、一方で貧困にあえぐ高齢者が居るのはラットレースから抜け出せない人がそのまま浪費していった結果です。

手取り14万円から3万円を毎月投資するのは難しいかもしれません。

私は出来ますけどね!!!

しかし、日本が終わっている、会社終わっているからどうしようもない、と思考停止せず、できる所から資産を増やすのが、一つの道のように思えました。

正直私も実家に戻り、バイト生活したほうが幸せなんじゃないかって思ったりしてますが。

それではまた次回お会いしましょう!

※関連記事です

ラットレースというパワーワードは、ロバートキヨサキ氏の「金持ち父さん貧乏父さん」で知られることになりました。資産を持ちましょう。

以前Twitterでは手取り15万円がニュースになりました。ことの発端は、手取り15万円の企業が多く、死なない程度に給与が与えられるギリギリの会社が多いことを嘆いたTweetでした。

※ランキングに参加しています、クリックしていただけると嬉しいです。(クリックするとランキングに飛びます)


ニュース 検討
シェアする
仕事辞めたい男の投資ブログ

コメント